会員登録

今なら抽選でプレゼント実施中!!

当サイトは、パソコン・周辺機器・ソフトの比較サイトです。価格ではなく、機能・性能面について比較しているのが特徴です。

the比較 > パソコンの比較 > HP > dm4-3000

HP Pavilion dm4-3000 の実機レビュー

更新日:2012年3月5日



SSDキャッシュで高速アクセス

HP Pavilion dm4-3000(以下、dm4-3000)は、HDDと共に32GBのキャッシュ用SSDを搭載し、ディスク・アクセスが高速な14.0型ノートパソコンです。

インテル・スマート・レスポンス・テクノロジー(ISRT)を採用することで、高速アクセスと、大きなディスク容量を実現しています。HP社ではISRTを使った仕組みを「SSDアシスト・ハードドライブ」と呼んでいます。

14.0型、約2.0kgと、ホームノートパソコンにしては小型・軽量で、PCの移動や設置が楽な点も良いと思います。

価格は最小構成で、79,800円(税込)~となっています(2012年3月5日現在)。

メーカーサイト:HP ダイレクトプラス

目次

dm4-3000 の基本スペック

HP Pavilion dm4-3000(正式型番:dm4-3008TX)の基本スペックを紹介します。※「dm4-3008TX」以外の型番の製品はスペックが異なりますのでご注意ください。

CPU
Core i5-2450Mです。
 
グラフィックス
Radeon HD 7470M(1G)を搭載しています。
 
液晶ディスプレイ
14.0型ワイド(1366x768)の光沢液晶ディスプレイです。
メモリ
メモリは4~8GBの中から選択できます。本機は4GBです。
ハードディスク
500GB(7200rpm)です。
 
SSD
インテル・スマート・レスポンス・テクノロジー用に32GBのSSDも搭載しています。
光学ドライブ
DVDスーパーマルチドライブです。
 
バッテリ駆動時間
メーカーHPの仕様では、約7時間です。実測値は後述します。

ISRT対応で高速ディスク・アクセス

dm4-3000は、インテル・スマート・レスポンス・テクノロジー(ISRT)を採用し、SSDをHDDのキャッシュとして使用することで、SSDの高速さと、HDDの容量の多さを両立しています。

ISRTの詳細については、下記をご覧ください。

インテル スマート・レスポンス・テクノロジー(ISRT)とは?

ISRTとは、SSDをキャッシュ領域として使用し、HDDのアクセス速度を向上させる機能です。一度読み込んだファイルは、SSDにキャッシュされ、次回から同じファイルにアクセスするときはSSDから読み込むため高速になります。OSを再起動してもキャッシュは残ったままです。

ISRTには「拡張モード」と「最速モード」があります。これらは書き込み時の動作が異なります。

「拡張モード」はHDDへ書くと同時にSSDへも書き込みを行うライト スルーキャッシュ方式です。安全な書き込み方ではありますが、書き込み速度はHDDと大差ありません。むしろ書き込みは、HDDより若干遅くなります。読み込み速度は速くなります。

「最速モード」はSSDへ一度書き込み、間隔をおいてHDDへ書き込みを行うライト バック キャッシュ方式です。読み込みも書込みも高速になります。SSDからHDDへの書き込みが完了する前に障害が発生すると、データ消失の可能性がありますが、SSDが壊れていなければ、再起動時に途中で停止した書き込み処理を再開します。

以前、拡張モードと最速モードのアクセス速度の違いを実測したことがあります。ご興味のある方は、こちらもご覧ください。

 

下記は、PCの起動時間などの計測結果です。SATA3.0に対応したSSDほど高速ではありませんが、比較的速く起動・停止することが出来ています。

PC起動時間など
テスト内容 時間
通常停止/起動 PC停止時間 約11秒
PC起動時間 約23秒
スリープ移行/復帰 スリープへの移行時間 約7秒
スリープからの復帰時間 約2.5秒
PC起動時間は、電源ボタンを押してからデスクトップ画面が表示されるまでの時間

SSDのベンチマーク

ISRTを有効にした状態のディスクアクセス速度を、CrystalDiskMarkで計測していました。参考までに、一般的なHDDのベンチマーク結果も掲載します。

なお、搭載されていた32GBのキャッシュ用SSDは、mSATA接続のSAMSUNG MZMPA032HMCD-000H1でした。

dm4-3000のシーケンシャルリード/ライトについては、HDDに比べてそれほど大きく速度は向上していませんでしたが、ランダムリード/ライトについてはHDDよりも大きく速度向上していました。


dm4-3000のディスクと、一般的なノートPCのHDDのベンチマーク比較

液晶ディスプレイのチェック

可もなく不可もない普通の液晶ディスプレイです。


正面からの画像

 

視野角は、一般的なノートPCと同様にそれほど良くありません。


視野角(斜めから見たときの見やすさ)

 

カラーマネージメントツールによるガンマ補正曲線を確認すると、青色が低めに調整されています。そのため、実際の画面はやや青色が強い画面になっています。

※同じメーカーのパネルが搭載されるとは限りませんのでご了承ください



※見方の詳細については、miyahan.com様、DOS/V様のページをご確認ください

 

色域のチェックです。広い色域ではありません。ノートPCとしては普通の色域だと思います。


 

画素の拡大図です。

1つ1つの画素はシンプルな形をしています。光沢液晶ということもあり、ギラつきは感じません。


キーボードとタッチパッドのチェック

キーボードのチェックです。

キーピッチは約19x19mm、キーストロークは約2.5mmと十分な広さ/深さです。キートップは滑りにくい素材です。

キートップが湾曲していない点と、backspaceやenterキーが端にない点がやや残念ですが、問題なく打つことができます。


キーボード全体図


キーボード拡大図

 

タッチパッドの操作感は普通です。クリックボタンは独立しており、固くもないため押しやすいです。押したときの音もそれほど大きくありません。


タッチパッドとクリックボタン

 

本機のF6~F11等は、動画の再生、巻き戻し、早送り、ボリューム操作などに割り当てられています。従来の役割を実行したければ、「Fn」を押しながらファンクションキーを押す必要があります。

従来通りのファンクションキーの割り当てが良い場合は、BIOSで変更できます。パソコンの電源投入時に「F10」を押してBIOSを起動し、「System Configuration」>「Action Keys Mode」を"Disabled"へ変更します。


ファンクションキー

 

総合ベンチマーク

Core i5-2450MRadeon HD 7470M(1G)を搭載したdm4-3000のベンチマークスコアの結果を掲載します。なお、本機は切替え可能なグラフィックスですが、今回はRadeon HD 7470M(1G)に固定してベンチマークを実行しています。

グラフィックス性能はそれほど良いスコアではありません。

Windows エクスペリエンス インデックスおよびPassMarkのディスクのスコアが、HDD単体時のスコアとほぼ同等です。ISRTの効果は、これらのスコアには出ないようです。

Windows エクスペリエンス インデックス

PassMark Performance Test 7.0

3DMark06(1.2.0 1901)


1280x720で実行

PCMARK7 v1.0.4

動画のエンコード時間のチェック


ペガシス TMPGEnc Video Mastering Works 5

Core i5-2450Mを搭載した本機での動画エンコード時間のチェックです。

エンコードソフトは TMPGEnc Video Mastering Works 5を用いました。

測定では、x264のエンコードと、クイック・シンク・ビデオでのエンコード時間を計測しました。ATI Stream(GPGPU)に対応していないため、計測していません。

テストの結果は、x264でエンコードしたときが34分16秒、クイック・シンク・ビデオでエンコードしたときが15分34秒でした。

最近のノートPCとしては、一般的なエンコード速度だと思います。


TMPGEnc Video Mastering Works 5 によるエンコード時間
エンコード方法 エンコード時間
x264でエンコード 34分16秒
クイック・シンク・ビデオでエンコード 15分34秒

ゲームベンチマーク

Radeon HD 7470M(1G)を搭載した本機によるゲームのベンチマークの結果を掲載します。

それほど性能の良いグラフィックスではないため、プレイできるゲームは限られてくると思います。

ゲームベンチマーク
製品名 HP
dm4-3000
基本スペック Core i5-2450M
Radeon HD 7470M(1G)
重めの
ゲーム
ロストプラネット 2(テストB) 1280*720
ファイナルファンタジー XIV 1280*720 1224(動作困難)
中程度の
ゲーム
バイオハザード5(テストB) 1280*720 RANK B(34.5 fps)
モンスターハンターフロンティア 第三弾(大討伐) 1280*720 2173
モンスターハンターフロンティア 第二弾(絆) 1280*720 2210
THE LAST REMNANT 1280*720 36.86 fps
軽めの
ゲーム
デビルメイクライ4 1280*720 RANK B
リアル彼女(ハイクオリティ) 1280*720 RANK A(26 REAL)
カスタムメイド3D 1280*720 4893(とても快適)

 

常に専用グラフィックスを使用する場合

本機は、インテル HD グラフィックスとRadeon HD 7470M(1G)とを動的に切替えて使用します。ただし、アプリケーションごとに、使用するグラフィックスを設定する必要があり面倒です。

 

もし、Radeon HD 7470M(1G)を常時使用したい場合、BIOSで設定可能です。ただし、消費電力は多くなるためご注意下さい。BIOSによる設定の変更は、「System Configuration」>「Switchable Graphics Mode」をFixedに変更します。

バッテリ駆動時間のチェック


動画再生のバッテリ駆動時間は3時間43分

バッテリ駆動時間のチェックです。

HDDに保存したDVD画質相当の動画を再生させて、バッテリ駆動時間を計測したところ、3時間43分の駆動時間でした。

 


 

  1 2 次へ
  目次