会員登録

今なら抽選でプレゼント実施中!!

当サイトは、パソコン・周辺機器・ソフトの比較サイトです。価格ではなく、機能・性能面について比較しているのが特徴です。

the比較 > パソコンの比較 > HP > dm1-4000(AMDモデル)

HP dm1-4000(AMDモデル)の実機レビュー

更新日:2011年10月21日

約4万円のモバイルノート

dm1-4000(AMDモデル)は、約4万円から購入可能な11.6型モバイルノートPCです。

CPUとGPUを統合したAPU「AMD E-450」を搭載しているのが特徴です。このAPUはAtomよりもやや性能が良い程度ですが、その代わり、価格が安く消費電力も低いです。

SSDを搭載しても約6万円と低価格です。SSDを搭載することで、OSやアプリの起動が速くなり、E-450のAPUでも割とストレスなく使用することが可能です。個人的にはSSDの搭載をおすすめします。尚、本レビューは、SSDを搭載したモデルとなります。

購入

目次

dm1-4000(AMDモデル)の基本スペック

dm1-4000(AMDモデル)の基本スペックをチェックします。※2011年冬モデルの情報です。モデルが変わると搭載できるパーツは異なるのでご注意ください。

APU
AMD E-450を搭載しています。
 
グラフィックカード
AMD Radeon HD 6320がAPUに統合されています。
液晶ディスプレイ
11.6型(1366x768)の光沢液晶です。パネルは、AUO製B116XW03 V0でした。
メモリ
4~8GBまで選択可能です。本機は4GB(デュアルチャネル)です。
ハードディスク
HDDモデルの場合、640GB(5400rpm)です。本機はSSDモデルのためHDDは非搭載です。
SSD
128GBのSSDを搭載しています。 中身は、Intel製 DSA2BW160G3Hでした。
光学ドライブ
非搭載です。
 
バッテリ駆動時間
メーカーホームページの仕様では、HDDモデルが9時間30分、SSDモデルが10時間30分です。
※パーツは複数メーカーから調達しています。そのため、パーツの中身は異なる可能性があります。

特徴1 - AMD E-450のAPUを搭載し約4万円~

本機の特徴は、11.6型のモバイルノートPCが約4万円から購入できるという点です。

安さの秘密は、価格の安いAPU「AMD E-450」を搭載しているためです。APUとは、CPUとGPUを1つのチップに集積したAMD製プロセッサです。Atomの対抗馬として開発されたAPUであるため、性能はそれほど良くありません。

このE-450の仕様は次のようになっています。参考までに他のAPU/CPUも掲載しています。

APU/CPUの仕様比較
APU/CPU AMD E-450 参考
AMD E-350
参考
Atom N570
参考
Core i3-2310M
コア数 2 2 2 2
スレッド数 2 2 4 4
動作周波数 1.65GHz 1.60GHz 1.66GHz 2.10GHz
キャッシュ L1:128KB
L2:1MB
L1:128KB
L2:1MB
L1:112KB
L2:1MB
L1:128KB
L2:512KB
L3:3MB
消費電力 18W 18W 8.5W 35W
グラフィックス AMD
Radeon HD 6320
AMD
Radeon HD 6310
統合グラフィックス インテル HD
グラフィックス
3000

 

下の表は、AMD E-450のCPU、GPU関連のベンチマークの結果です(不明なスコアが多くてすみません)。

AMD E-450は、AMD E-350やAtom N570よりもやや性能が良いですが、それほど高いスコアではありません。

ただし、今回はSSDを搭載していたため、OSやアプリの起動時間は速く、ネットや文書作成程度なら、割とストレスなく使えました。個人的には、SSDの搭載をおすすめします。

APU/CPUのベンチマークの比較
APU/CPU AMD E-450 参考
AMD E-350
参考
Intel Atom N570
参考
Intel Core i3-2310M
CPU関連
スコア
3DMark 06 CPU スコア 1057 1017 ※1 810 2544
PassMark CPU スコア 834 729 ※2 646 2853
主に
GPU関連
スコア
3DMark 06 SM2.0 スコア 989 1470
3DMark 06 HDR/SM3.0 スコア 1254 1720
Passmark 3D Graphics スコア 246 201 ※2 306
※1 NOTEBOOKCHECK様のサイトからの引用です。尚、スコアは日々更新されています
※2 PassMark様のサイトからの引用です。尚、スコアは日々更新されています

※赤字は、3つのAPU/CPUの中で最も高いスコアです

 

このように、APUの性能は低めですが、ネットブックを購入するよりは、性能も良くキーボードも打ちやすくて良いと思います。

特徴2 - 比較的長いバッテリ駆動時間


バッテリ駆動時間の実測は6時間16分

それほど大きなバッテリを搭載しているわけではありませんが、AMD E-450という低消費電力のAPUを搭載しているおかげで、バッテリ駆動時間は比較的長いです。

ハードディスクへ保存したDVD画質相当の動画を再生させながら、バッテリ駆動時間を計測したところ、6時間16分でした。

 

液晶ディスプレイのチェック

本機は、11.6型(1366x768)の光沢液晶を搭載しています。

実際に見た画面はやや青みが強いです。


正面からの画像

 

詳細を見ていきます。

まず視野角はそれほど良くないです。ただし、一般的な多くのノートPCは、この程度の視野角です。


視野角(斜めから見たときの見やすさ)

 

カラーマネージメントツールによるガンマ補正曲線を確認すると、青が低めに調整されています(下図)。そのため実際の画面は、やや青みが強いです。ただし、ほとんどのノートパソコンの液晶、および一般の液晶テレビも青みが強いため、恐らく気にはならないでしょう。
※尚、同じメーカーのパネルが搭載されるとは限りませんし、パネルによって調整は異なります。


ガンマ補正曲線
※ i1 BASIC PROで計測。目標値は輝度:120、白色点:CIEイルミナントD65、ガンマ値:2.2
※見方の詳細については、miyahan.com様、DOS/V様のページをご確認ください

 

色域は、やや狭いです。ただし、ほとんどのモバイルノートはこんなものです。


ガモット図(a*b*平面)
左図はsRGBとの比較で、右図はadobe RGBとの比較
※ i1 BASIC PROでICCプロファイルを作成後、ICCViewでグラフを作成

 

画素の拡大図です。画素はシンプルな形状をしています。光沢液晶ということもあり、ギラツキはほぼ感じません。


画素の拡大図
※マイクロスコープ(FS-SST240 )で撮影

キーボードとタッチパッドのチェック

dm1-4000(AMDモデル)のキーボードとタッチパッドのチェックです。

キーピッチは実測で約18.5 x 18.5mmでした。11.6型という小さいノートPCの割には、広めのキーピッチです。たわみもほとんどありません。11.6型ノートPCの中では、打ちやすい部類に入ると思います。


キーピッチは実測で約18.5 x 18.5mm

 

キーのアップの写真です。キートップがフラットなアイソレーションキーボードです。


アイソレーションキーボード

 

タッチパッドは、パームレストと境目がありませんが、ボコボコした突起があります。金属製のボディではないため、指の滑りは割と良かったです。クリックボタンは独立しています。押すと「カチ」という音がやや大きめです。


タッチパッドとクリックボタン

総合ベンチマーク

上で紹介した内容とややかぶりますが、AMD E-450、SSDを搭載した本機のベンチマークスコアを掲載します。

ストレージ関連以外のスコアは良くありません。

ただし、メーカー製PCにしては、性能の良いSSDを使用しているため、ストレージ関連のスコアは割と良かったです。

Windows エクスペリエンス インデックス

PassMark Performance Test 7.0

3DMark06(1.2.0 1901)

CrystalDiskMark 3.0.1

カードリーダー/ライターのチェック


SDカード挿入後の外観

カードリーダー/ライターの対応カードと、ベンチマークです。

カードスロットは本体の右側面にあります。抜き差しはスムーズにできます。

対応しているカードは次の通りです。

対応カード SD(SDHC、SDXC)、MMC

 

カードリーダー/ライターのCrystalDiskMarkのベンチマーク結果です(下図)。結果を見ると、転送速度が遅いため、UHS-Iには対応していないと思われます。


使用カード:SanDisk Extreme Pro SDHC UHS-I
カードリーダーのベンチマークテスト結果

薄さのチェック


ゴム足を含めた高さの実測は約33.5mm

ゴム足を含めて計測すると、最厚部で約33.5mmでした。

本体の手前側は薄いのですが、奥側は標準的な厚さです。

重量のチェック


重量の実測は1490g

重量を実測した結果、1490gでした。

11.6型モバイルノートとしては軽くはないです。ただし、十分持ち運べる重量です。

  1 2 次へ
  目次