パソコンの比較

会員登録

今なら抽選でプレゼント実施中!!

当サイトは、パソコン・周辺機器・ソフトの比較サイトです。価格ではなく、機能・性能面について比較しているのが特徴です。

the比較 > パソコンの比較 > HP > HP Omni 220

HP Omni 220(220-1020jp/CT)の実機レビュー

更新日:2011年10月29日

小型フルHD液晶ボードPC

Omni 220は、21.5型フル液晶を搭載した小型ボードPCです。

重量が約7.9kgと軽めで、背面に取っ手もついており、室内移動がしやすいです。

地上・BS・110度CS対応テレビチューナー(Windows Media Center使用)を、購入時に選択することも可能です。※ただし、2011年10月28日現在、取り扱いを一時停止中

最小構成ならば、5万円台と安価です。2011年10月下旬に価格改定をして、さらに安くなりました。

購入

目次

※リンク先から目次へ戻るときは「Backspace」を押してください

Omni 220の基本スペック

Omni 220の基本スペックをチェックします。※2011年冬モデルの情報です。モデルが変わると搭載できるパーツは異なるのでご注意ください。

CPU
Pentium G620、Core i3-2100、Core i5-2400Sから選択可能です。本機は、Core i3-2100を搭載しています。
グラフィックカード
インテル HD グラフィックスまたは、Radeon HD 6450Aを選択可能です。本機はインテル HD グラフィックスです。
液晶ディスプレイ
21.5型ワイド液晶フルHD)です。表面は非光沢です。
メモリ
4GB~8GBまで選択可能です。PC3-10600のメモリです。本機は2GBです。
ハードディスク
320GB~1TB(7200rpm)または2TB(5400rpm)の容量を選択可能です。本機の容量は500GBです。
テレビチューナー
地上・BS・110度CS対応テレビチューナーを選択可能です。本機は未搭載です。
光学ドライブ
DVDスーパーマルチまたはブルーレイ再生ドライブを選択可能です。本機はDVDスーパーマルチドライブを搭載しています。
 

特徴1 - 小型・軽量でもフルHD液晶搭載


取っ手が付いています

本機は液晶サイズが21.5型と、ボードPCとしてはやや小型です。重量も約7.9kgと軽めで、背面に取っ手がついているので、持ち運びやすいです。小型・軽量ではありますが、フルHDの解像度を持ち、作業域は広いです。

ダブルTVチューナーや、高性能GPU、3D液晶などの機能は求めず、単純に省スペース大画面なPCをお探しなら、おすすめです。

特徴2 - 最小構成なら5万円台と安価

本機は最小構成なら5万円で購入可能な安さです。

ただし、最小構成ではメモリが2GBです。そこで、メモリを4GBにした場合の価格も下の表に掲載します。また、CPUをCore i3-2100にした場合の価格も掲載します。※2011年10月28日時点の価格です。

いずれの構成も安価だと思います。

リカバリメディアとHPガイドブック(解説書)は、PCに詳しい方であれば必要ないと思うので、選択から外しましょう。そうすれば、約5,000円お得になります。

また、標準ではマウスとキーボードが有線です。無線がよい方は忘れずに選択しましょう。

HP Omni 220の価格例 (2011年10月28日時点)
  構成例1 構成例2 構成例3 構成例4
CPU Pentium G620 Pentium G620 Core i3-2100 Core i5-2400S
メモリ 2GB 4GB 4GB 4GB
テレビ チューナーなし
その他 リカバリメディアなし へ変更
HPガイドブック(解説書)なし へ変更
価格 53,130円 61,530円 66,780円 75,180円

 

CPUをどれにしようか迷うと思うので、それぞれのベンチマーク(PassMark CPU)スコアを掲載します。Pentium G620とCore i3-2100のスコアは約1.5倍違います。Core i3-2100とCore i5-2400Sとのスコアは約1.3倍違います。

コストパフォーマンスが高いのはCore i3-2100でしょう。

HP Omni 220の価格例
  Pentium G620 Core i3-2100 Core i5-2400S
PassMark CPU ベンチ 2467 3860 5071
価格差 基準 +約5,000円 +約13,000円
PassMark CPU ベンチのスコアはPassMark様のサイトから引用しています。尚、スコアは日々更新されています。

液晶ディスプレイのチェック

液晶ディスプレイをチェックします。


正面からの画像

 

TNパネルであると思われるため、視野角はそれほど広くはありません。


視野角(斜めから見たときの見やすさ)

 

カラーマネージメントツールによるガンマ補正曲線を確認すると、全体的に下方へ調整されています。特に青と緑の調整幅が大きいです。そのため、実際の画面は、明るい寒色系の設定になっています。
※同じパネルが搭載されるとは限りませんし、パネルによって調整は異なります。


ガンマ補正曲線
※ i1 BASIC PROで計測。目標値は輝度:120、白色点:CIEイルミナントD65、ガンマ値:2.2
※見方の詳細については、miyahan.com様、DOS/V様のページをご確認ください

 

色域のチェックです。比較的広めの色域だと思います。


ガモット図(a*b*平面)
左図はsRGBとの比較で、右図はadobe RGBとの比較
※ i1 BASIC PROでICCプロファイルを作成後、ICCViewでグラフを作成

 

画素の拡大図です。

画素の形はぼやけてよく見えません。表面処理はやや凹凸が荒いかなという気はします。

実際の画面を確認すると、近づけはややギラツキを感じます。ただし、通常画面を見る距離(約50cm)であれば、ほとんど気になりません。ただし、個人差がありますのでご了承ください。


画素の拡大図
※マイクロスコープ(FS-SST240 )で撮影

総合ベンチマーク

Core i3-2100を搭載した本機の総合ベンチマークスコアを掲載します。

Omni 220は、デスクトップ用のCPUを搭載しているため、ノートPCと比較するとスコア値は良いほうです。ただし、それ以外のスコアはそれほど良くありません。

Windows エクスペリエンス インデックス

PassMark Performance Test 7.0

3DMark06(1.2.0 1901)

PCMARK 7(v1.0.4)

静音性のチェック

本機の動作音(静音性)のチェック結果です。もし、動作音が大きいと、気になって作業に集中できなかったり、周りの人に迷惑になったりします。

アイドル時は、ノートPC以上、デスクトップ以下の動作音が聞こえます。ただし、負荷をかけても、それほどうるさくなりません。


騒音値の計測結果

左図:アイドル時の騒音値 (何も操作していない状態)
中央図:バイオハザード5ベンチマーク実行時の騒音値(解像度:1280x720、テストAで実行)
右図:TMPGEnc Video Mastering Works 5 でエンコード時の騒音値(x264、解像度1280x720でエンコード)
部屋を極力無音にしたときの騒音値:40.4dB、 測定機器:GS-04
※選択したCPUやGPUが異なると騒音値は変わってきます

パーツの温度のチェック

各パーツの温度のチェック結果です。もし、あまりにも温度が高いと、パーツの寿命や動作の安定性に影響します。

いずれも問題ない温度だと思います。


各パーツの温度の測定結果

左図:アイドル時(何も操作していない状態)の温度
中央図:バイオハザード5ベンチマーク実行時の温度(解像度:1280x720、テストAで実行)
右図:TMPGEnc Video Mastering Works 5 でエンコード時の温度(x264、解像度1280x720でエンコード)
測定環境:室内温度 約26℃、 測定ソフト:HWMonitor Pro
※選択したCPUやGPUが異なるとパーツの温度は変わってきます

消費電力のチェック

消費電力のチェック結果です。もし、消費電力が高いと、電気代が高くなります。尚、1日平均3時間程度パソコンを使用した場合、消費電力が1W違うと、電気代は1か月あたり約2円違います(電気の契約内容にもよります)。

下記の3つの状態で計測した結果を記載します。ノートPCと比較すると高い消費電力ですが、デスクトップPCと比較した場合、液晶ディスプレイを搭載していることを考慮すると、低めの消費電力です。


消費電力の計測結果

左図:アイドル時 (何も操作していない状態)の消費電力
中央図:バイオハザード5ベンチマーク実行時の消費電力(解像度:1280x720、テストAで実行)
右図:TMPGEnc Video Mastering Works 5 でエンコード時の消費電力(x264、解像度1280x720でエンコード)
測定機器:ワットチェッカー TAP-TST7
※選択したCPUやGPUが異なると消費電力は変わってきます

外観のチェック

Omni 220の外観のチェックです。

 

側面の画像です。

背面の画像です。背面にはUSB2.0やLANポートが搭載されています。

側面のポートです。USB3.0ポートが搭載されています。

まとめ

以上が、HP Omni 220のレビューでした。

最近、ボードPCはどんどん大きく、重くなっていく中、21.5型という大きさで、約7.9kgという軽さのPCは移動しやすく、扱いやすいです。小型・軽量であるにも関わらず、液晶解像度はフルHDであるため、作業もしやすいです。価格が安い点も魅力です。

地デジ・BS・110度CS対応チューナーも選択することが可能です。Windows Media Centerを使用するため、長時間録画やDTCP-IPなどには対応していないと思いますが、テレビ機能をそれほど重視していなければ、問題ないと思います。

※ただし、2011年10月28日現在、テレビチューナーは取り扱いを一時停止中です

詳細はこちら
HP ダイレクト