会員登録

今なら抽選でプレゼント実施中!!

当サイトは、パソコン・周辺機器・ソフトの比較サイトです。価格ではなく、機能・性能面について比較しているのが特徴です。

the比較 > パソコンの比較 > HP > s5000シリーズ(s5450jp)

HP s5000シリーズ(s5450jp/CT)の評価レビュー

更新日:2010年7月19日

ゲームはしないんだけど・・

こんな方にピッタリなデスクトップPCがHP Pavilion Desktop PC s5000シリーズです。

ゲームが快適にできるようなグラフィックボードは搭載できませんが、CPUだけは高性能なものを選択でき、末長く使えるデスクトップパソコンです。

また、普通のデスクトップPCより本体が小さいので、置き場所に困りません。価格も安く、メーカー製のパソコンの中では、おそらく最も安いと思います。

今回紹介するのは、s5000シリーズの中でも最新のs5450jpです。Core i5やCore i7を搭載することができます。

尚、現在、私がメインで使用しているパソコンも旧型(s5130jp)のs5000シリーズです。今、この記事もs5000シリーズで書いています。1年近く使っていますが、特に問題なく動作しております。おすすめです。



HP s5450jpの基本スペックをチェック

まずは、HP s5450jpの基本スペックをチェックします。ただし、2010年7月13日現在の情報です。

CPU

CPUは、Core i3-540 ~ Core i7-870まで選択可能です。本機は、Core i7-870のCPUを搭載しています。

グラフィックボード

グラフィックボードは、Radeon HD 5450や、GeForce GT320を選択可能です。本機はGT320です。

メモリ

2~16GBまで選択可能です。今回搭載しているはメモリ16GBです。

ハードディスク

容量は250GB~2TBまで選択可能です。7200rpmのハードディスクです。

電源

270W電源です。やや少ないです。

地デジキャプチャー

ピクセラ製の地デジキャプチャーを選択可能です。型番で調べてもヒットしないので、OEM専用だと思います。




拡張性

ロープロファイルのPCI Express x 16、PCI Express x 1、そしてPCI Express x 1 Mini Cardのスロットの空きがあります。グラフィックボードと地デジチューナーを搭載すると、前者の2つが埋まります。


パフォーマンスのチェック - CPU性能が良い

今回、Core i7-870と高性能なCPUを搭載しているので、まずはパフォーマンスのチェックをします。

Windowsエクスペリエンスや、各種ベンチマークテスト実施し、パフォーマンスを確認しました。

その結果、CPU関連のベンチマークは非常に良かったです。 ただし、GeForce GT320を搭載したグラフィックは、地デジ視聴には十分ですが、ゲームをするには物足りないです。 s5450jpでは、これ以上スペックの良いグラフィックボードは選択できないですし、自分で増設するも電源容量が足りません。ゲームをする人は上位機種のHPE-280jp/CT以上が良いでしょう。

Windows エクスペリエンス インデックス

Windows エクスペリエンス インデックスは次の通りです。プロセッサのスコアは7.5と非常に良い値です。グラフィックスは「並み」です。


CrystalMark 2004R3 ベンチ

こちらも、CPUのスコアは良いですが、グラフィック関連のスコアは「並み」です。

HP s5450jpのCrystalMark 2004R3ベンチ
製品名 HP
Pavilion Desktop PC s5450jp
基本スペック Core i7-870
GeForce GT320
CrystalMark 2004R3 Mark 203601
ALU(CPU性能) 50069
FPU(CPU性能) 49125
MEM(メモリ性能) 42416
HDD(ハードディスク性能) 13488
GDI(2Dグラフィック性能) 15475
D2D(2Dグラフィック性能) 7265
OGL(3Dグラフィック性能) 25763

PassMark Performance Test ベンチ

CPUがCore i7-870にしては思ったようなスコアが出ませんでしたが、悪くはないです。

HP s5450jpのPassMark Performance Testベンチ
製品名 HP
Pavilion Desktop PC s5450jp
基本スペック Core i7-870
GeForce GT320
PassMark Performance Test CPU評価点 4883.9
2Dグラフィック点数 404.4
メモリ点数 987.9
ディスク点数 449.9
CD点数 341.2
3Dグラフィック点数 561.1
パスマーク評価(完全な結果) 1741.1

ゲームはどこまでできるか?

各ゲームのベンチマーク結果は次の通りです。先ほども書きましたが、ゲームをするには、やや物足りないスコアです。ゲームをするなら上位機種のHPEシリーズが良いでしょう。

HP s5450jpのゲームベンチマーク
製品名 HP
Pavilion Desktop PC s5450jp
基本スペック Core i7-870
GT320
3DMark Vantage 1280*1024 3356
3DMark06 1280*1024 7304
THE LAST REMNANT 1920*1080 25.66
ファイナルファンタジー XI 9512
デビルメイクライ4 1920*1080 RANK C
バイオハザード5 1920*1080 RANK C
Average FPS 27.6
モンスターハンターフロンティア 1920*1080 2526

外観をチェック - コンパクトで場所をとらない

HP Pavilion Desktop PC s5450jpの外観です。約 105 ( 幅 ) × 308 ( 高さ ) × 389 ( 奥行き ) mm のケースです。 コンパクトなので邪魔になりません。



やや大きめのデスクトップPCとの比較です。左はドスパラ ガリレアのケースで、右が HP Pavilion Desktop PC s5450jpです。かなり小さいことがわかります。




正面には、カードリーダ及びUSBポートが2つ、IN、OUT端子がそれぞれついています。




背面にはUSBポートが6個、サウンドポート、映像出力ポートなどがあります。今回はグラフィックボードを搭載しているため、DVI-DとHDMIの映像端子があります。今回は、地デジチューナーも搭載しているので、アンテナ入力端子が2つあります。1つは地デジ用で、もう1つはBS・110℃CS用です。



本体の中身はこんな感じです。グラフィックボードを搭載するとPCI Express x16が占有され、地デジチューナーを搭載するとPCI Express x1スロットが占有されます。この両方を搭載すると、これ以上はほぼ拡張できなくなります。




地デジ機能のチェック - ピクセラ製でGood!

HP s5450jpは、地デジチューナーを選択可能です。地デジチューナーは評判の良いピクセラ製を使用しており、地デジの他にBS、110度CSも観ることができます。しかもダブルチューナーです。 ピクセラの地デジチューナーは、チャンネルの切り換えなどの動作が速いのが特徴です。リモコンも付属しテレビ感覚で録画やチャンネル切り替えを行えます。欠点は番組表で、すべての番組を一覧表示できない点や、番組表が全画面表示されるため視聴しながら番組表をみることがきません。以前レビューしたPIX-DT096-PE0と操作画面はほぼ一緒なので、詳細はそちらをご覧ください。





静音性をチェック - デスクトップとして普通

HP Pavilion Desktop PC s5450jpの静音性をチェックしました。ノートPCのように静かではありませんが、デスクトップとしてはこんなものだと思います。

PCの電源をONにしたときの騒音は44.5dBでした。私の部屋を極力無音にしても41.1dBはあり、その差は+3.4dBでした。デスクトップとして普通の動作音だと思います。ちなみにノートパソコンだと、私の部屋の環境で+1.0dBくらいです。尚、無反響室で測定したわけではないので全く正確な値ではありません。値は参考程度にしてください。

ただ、今回グラフィックボードを搭載しているので、私が持っている以前の型番よりもうるさく感じます。もしゲームもせず、地デジも観ないのであれば、グラフィックボートは搭載しないほうが音は静です。








ここもすごい - 安心の国内生産

富士通やNECと違い、海外のパソコンの品質に不安がある方もいるのではないでしょうか?

でも、HPパソコンは大丈夫です。 東京(昭島)で生産されているため製品の品質は高いです。

また、世界シェアNo.1のメーカーであることからも、品質の高さがうかがえます。







ここもすごい - 着脱式のハードディスク

みなさん、データのバックアップは何処へとっていますか? データのバックアップ先は大きなディスク容量が必要なため、外付けハードディスクが好まれて使われると思います。

しかし、外付けハードディスクって置き場所が邪魔になりませんか? HPのパソコンは、着脱式のハードディスクスロットを装備しています。このスロットに外付けハードディスク(HP Pocket Media Drive)を挿入することができるため、置き場所が邪魔になりません。 また、付属の外付けハードディスクにUSBケーブルを接続すればどんなパソコンへもつなぐことができます。 ただし、この外付けハードディスクはHP ダイレクトでしか購入できません。



s5000シリーズ 2010年夏モデルの比較

HP Pavilion Desktop PC s5000シリーズ は、Intelプロセッサを搭載したs5450jpと、AMDプロセッサを搭載したs5430jpの2種類あります。

大きく異なるのはこのCPUですが、もう1点異なる点があります。それはネットワークの速度です。s5450jpはギガビット対応ですが、s5430jpは100Mbpsまでしかでません。家庭内LANをギガビットで揃えている人は、s5450jpのほうが無難です。

Pavilion Desktop PC s5000シリーズ

モデル

s5450jp
今回購レビュー中の機種

s5430jp

画像

CPU

Intel Core i3 ~ Core i7

AMD Athlon II X2 ~ Athlon II X6

ネットワーク

10 / 100 / 1000 Mbps

10 / 100 Mbps

価格

安い

非常に安い



HPのセパレート・デスクトップのラインナップ

ちなみに、HPのデスクトップパソコンは、他にも次のようなモデルがあります。 拡張性があるパソコンが欲しい人や、もっと高性能なグラフィックボードを搭載したい人などは、別のモデルのパソコンも安くてお勧めです。

caption class="comp_cap2">セパレート・デスクトップPC の比較
ブランド名 HP Pavilion Desktop PC
モデル p6000シリーズ s5000シリーズ HPEシリーズ
型番 p6420jp/CT p6440jp/CT s5430jp/CT s5450jp/CT
本機
HPE-260jp/CT HPE-280jp/CT HPE-290jp/CT
画像
CPU ~Core 2 Duo ~Core i7 ~Phenom II X6 ~Core i7 Phenom II X6 ~Core i7 ~Core i7 エクストリーム
価格 非常に安い 非常に安い 安い 安い やや安い 普通
グラフィックボード ~GeForce GT320 ~GeForce GT320 ~GeForce GTX260 ~GeForce GTX260
RAID × ×
地デジ
特徴 価格が安く拡張性が高い スリム 高性能グラフィック 高性能CPU
こんな人向け 価格の安いPCが欲しい人 ゲームをしない人
初めてPCを買う人
設置スペースが少ない人
ゲームに地デジになんでもやりたい人 高スペックマシンが欲しい人

まとめ

以上が、HP Pavilion Desktop PC s5450jp/CTのレビューでした。

もし、ゲームをやらないなら、Core i5やCore i7を搭載できて、省スペースで、価格も安い本機は非常におすすめです。

地デジを観たい場合も、評判の良いピクセラ製のチューナーを搭載できるので良いと思います。下手にPCメーカーの視聴ソフトを使うよりも操作性が良く、チャンネル切り換えなどの動作も速いです。地デジを観る場合は、グラフィックボードもある程度良いのを選択しましょう。ただし、グラフィックボードも地デジチューナーも搭載すると、本機はスリムケースなので熱がこもりやすいです。地デジを観たいと思っているなら、HPE-280jp/CTあたりがおすすめです。

まとめると、HP s5000シリーズ(s5450jp) は、次のようなメリットがあります。

HP s5000シリーズ(s5450jp) は、こんなあなたにおすすめです。

詳細はこちら
HP ダイレクト

尚、液晶ディスプレイについては、HP純正でも良いですし、他社のを購入しても良いです。セパレート・デスクトップの魅力は液晶を自由に選べることですから。 他社製をご検討の際は、「液晶ディスプレイの比較」も御覧ください。