会員登録

今なら抽選でプレゼント実施中!!

当サイトは、パソコン・周辺機器・ソフトの比較サイトです。価格ではなく、機能・性能面について比較しているのが特徴です。

the比較 > パソコンの比較 > PCゲーム > バイオハザード7 のベンチマークとおすすめPC

バイオハザード7 レジデントイービル のベンチマークとおすすめPC

更新日:2017年2月4日

2017.1.24 初稿
2017.2.03 製品版での所感、ベンチマークを追記
2017.3.04 ノートPC用GTX 1080のベンチマークを追記

バイオハザード7がついに発売!

すべては“恐怖”のために。

2017年1月26日にバイオハザード最新作、『バイオハザード7 レジデントイービル(BIOHAZARD 7 resident evil)』がついに発売されました。バイオハザードシリーズと言えば、ホラーゲームよりは、サバイバルや戦闘など攻略に重きを置いた、アクションゲームというイメージがありますが、今作では『すべては“恐怖”のために。』というキャッチコピーからも分かるように、完全ホラーゲームとして作られた全く新しいバイオハザードです。大きな変更点として、視点が三人称視点から一人称視点へと変わり、グラフィックもかなりリアルな方向へと進化しています。ただ新生バイオハザードと言っても、探索やパズルのような謎解き、ハーブやガンパウダーなどシリーズお馴染みのアイテム調合など、バイオハザードシリーズとしての根幹部分は変わりません。(体験版STEAMストアはこちら:STEAMストアページ

通常版とグロテスク版どちらを選ぶ?

今回のバイオハザード7では通常版とグロテスク版とでパッケージが別れています。通常版はグロテスクな表現を控えた作品となっていますが、それでもCEROレーティング:Dの17才以上対象の作品です。グロテスク版はその名の通り、グロテスクな表現が強めで、CEROレーティング:Zの18才以上対象の作品です。カプコンいわく、グロテスクVer.は『7の目指す“究極の恐怖体験を届ける”コンセプトを可能な限り突き詰めた作品だ。大人だけの、そしてホラー上級者だけの「バイオハザード7」を味わって欲しい。』とのこと。

実際にグロテスク版をプレイしてみましたが、流血表現はもちろん、手や足を切られたりなど欠損表現は多く、ゲームオーバー時の主観視点での映像はかなりグロテスクなので、耐性がある方でもある程度の覚悟は必要です。筆者は序盤をプレイしただけでも少し気分が悪くなりました。なので、グロテスクな表現が苦手な方は通常版、グロテスクな表現が平気で、バイオハザード7のホラー体験をより深く味わいたいという方はグロテスク版をオススメします。STEAMストアページも、通常版とグロテスク版とで、それぞれ異なっているので注意です。


『バイオハザード7 レジデントイービル 通常版』STEAMストアページ


『バイオハザード7 レジデントイービル グロテスク版』STEAMストアページ

大の大人も震えるほどの恐ろしさ

夜中に一人でプレイしては行けないゲームとはまさにこれのこと。序盤のチュートリアル部分だけでも怖過ぎて大の大人でも恐怖に震えます。一人称視点というのがゲームへの先入観をさらに膨張させており、薄暗さと軋むような足音、雨音や空気感、壁や木材の質感など、これらが醸し出す恐怖感はゲームとは思えないほどリアルです。そんな中、異様な者に追いかけられる恐怖感は心拍数が上がり、脂汗が吹き出ます。これをVRでプレイすると考えるだけで恐ろしいですね。筆者がプレイしているのはグロテスク版ですが、序盤だけでもかなりショッキングな映像が多いです。ホラーゲームが好きという方でも舐めてかかっては行けません。

ただ完全なホラーゲームとなってしまい、これまでのバイオハザードとは趣向がかなり違っているので、昔のバイオハザードが好きという方には賛否が別れると思います。ですが、今作のバイオハザードはホラーゲームとしても、アクションゲームとしても、グラフィック面でもかなり上質な仕上がりになっていると思います。また本作は、これまでのような「バイオハザードシリーズを知らない人はお断り」のストーリーではなさそうなので、過去作をプレイしていない方でも純粋なホラーゲームとして楽しめると思います。ちなみに、PC版でのVR対応は未定です。






バイオハザード7 レジデントイービル のベンチマークとおすすめPC

最低動作環境と推奨動作環境

最低要件の想定動作は1080pで30fps、推奨要件の想定動作は1080pで60fpsとなっています。最低動作環境でのグラフィックカードはGeForce GTX 760とかなり低めとなっていますが、推奨動作環境ではCPUはIntel Core i7-3770、メモリは8GB以上、グラフィックカードはGeForce GTX 1060とかなり高いです。

  最低動作環境 推奨動作環境
OS
Windows 7/8/8.1/10
(各64ビット版)
Windows 7/8/8.1/10
(各64ビット版)
CPU
Intel Core i5-4460 @2.70GHz
またはAMD FX-6300以上
Intel Core i7-3770 @3.4GHz
またはAMD同級以上
メモリ 8GB RAM以上 8GB RAM以上
グラフィックメモリー 2048MB 4096MB
GPU NVIDIA GeForce GTX 760
AMD Radeon R7 260x
NVIDIA GeForce GTX 1060
HDD空き容量 24 GB 24 GB
※「http://www.capcom.co.jp/support/faq/platform_pc_biohazard7_0136518.html」のページを参照

グラフィック設定画面

グラフィック設定画面は下記の画像の通りです。フレームレートは30固定、60固定、可変で選択できます。垂直同期をオフ、フレームレートを可変にすると60fps以上出ます。グラフィック設定はプリセット設定はありませんが、テクスチャ品質は「最低」「低」「中」「高」「最高」で設定できます。そのほか、メッシュ品質や影の品質、エフェクト発生量などを細かく設定することができます。あくまでも体験版なので、製品版では変更されている可能性はあります。

フレームレート計測には、テクスチャフィルタリング、メッシュの品質、影の品質などはすべて高に設定し、モーションブラーや被写界深度、動的な物体の影などはすげてオン、アンチエイリアスはFXAAで固定し、テクスチャ品質を「最低」「中」「最高」でそれぞれ序盤の館を一周し、「Fraps Version 3.5.99」を用いて平均フレームレートを計測しました。垂直同期はオフ、画面解像度は1920×1080(フルHD)と、ハイエンドGPUのみ3840x2160(4K解像度)でも計測しています。




グラフィック設定画面

バイオハザード7 のベンチマーク結果

各グラフィックカードでのベンチマーク(平均フレームレート)計測結果は以下の通りです。体験版よりはややフレームレートは落ちましたが、思っていた以上に平均fpsは高いです。推奨動作環境ではGTX 1060となっていましたが、デスクトップ用のGTX 1060の場合、平均fpsは100以上あり、かなり余裕があります。

製品版でも基本狭い通路や館内での移動が多いので、フレームレートは高めです。上下が激しく、GTX 1050だとシーンによっては90fpsまで上がったり、50fpsまで下がったりなどフレームレートの振れ幅は大きいですが、1920×1080のフルHDでプレイするなら、そこそこの高設定でも、GTX1050でプレイできます。ノートPCだとGTX 1060を搭載したものなら快適に動作するでしょう。GTX 1070や1080だと、4K(3840×2160)でもプレイすることができます。


ノートパソコン
グラフィックス GeForce GTX1080 GeForce GTX1070 GeForce GTX 1060 (6GB) GeForce GTX 1050Ti (2GB) GeForce GTX965M
使用したPC
NEXTGEAR
-NOTE i7901
デル ALIENWARE 15 デル ALIENWARE 17 ドスパラ GKF1050TNF デル ALIENWARE 15
1920x1080 最低
174 fps 142 fps 95 fps 60 fps 41 fps

170 fps 138 fps 92 fps 52 fps 36 fps
最高 166 fps 136 fps 90 fps 46 fps 33 fps
3840x2160 最低
58 fps - - - -

56 fps - - - -
最高 54 fps - - - -

デスクトップパソコン
グラフィックス TITAN X GeForce
GTX1080
GeForce
GTX1070
GeForce
GTX1060
(6G)
GeForce
GTX1060
(3G)
GeForce
GTX1050Ti
GeForce
GTX1050
使用したPC ドスパラ GALLERIA
1920x1080 最低
236 fps 230 fps 190 fps 138 fps 126 fps 85 fps 78 fps

228 fps 225 fps 188 fps 135 fps 123 fps 80 fps 72 fps
最高 216 fps 215 fps 185 fps 133 fps 120 fps 78 fps 70 fps
3840x2160 最低
80 fps 75 fps 65 fps - - - -

78 fps 72 fps 63 fps - - - -
最高 76 fps 70 fps 60 fps - - - -

画質を比較してみる

次にテクスチャ品質である、最低品質と最高品質での画質比較です。ほぼテクスチャ解像度の違いですが、壁紙や木材、絵などのオブジェクトが最高品質だとくっきり表示されおり、最低品質だとかなりボケて荒々しく見えます。


画質比較

「バイオハザード7 レジデントイービル」をプレイするには?

デスクトップPCだと、高設定でもGTX1050で十分プレイできます。少し心配な方はGTX 1050Tiを選択するといいでしょう。ノートPCだとGTX 1060を搭載したものなら最高設定でも快適に動作します。デスクトップPCで
4K (3840×2160)解像度やWQHD(2560x1440)解像度でのプレイを求めるなら、GTX 1070や1080が良いでしょう。

おすすめのノートパソコン
マウス
NEXTGEAR-NOTE i5530
デル
ALIENWARE 15(R3)
HP
OMEN by HP 17-w200
GTX 1060 GTX 1060 GTX 1060
15.6型 15.6型 17.3型
GPUファンを2基搭載 近未来的デザイン PCIe NVMe SSD標準搭載
レビュー レビュー レビュー
メーカーサイト メーカーサイト メーカーサイト
   

おすすめのデスクトップパソコン
ドスパラ
GALLERIA
マウス
NEXTGEAR
パソコン工房
Level∞ M-Class
サイコム
G-Master
高い拡張性 高い冷却性 高いコスパ 高い品質
レビュー レビュー レビュー レビュー
メーカーサイト メーカーサイト メーカーサイト メーカーサイト

関連ページ

バイオハザード7 レジデントイービル 公式サイト ※音あり

■ゲーム用ノートパソコン比較:ゲームノートパソコンの比較 - the比較

■ゲーム用デスクトップパソコン比較:ゲームデスクトップパソコンの比較 - the比較