会員登録

今なら抽選でプレゼント実施中!!

当サイトは、パソコン・周辺機器・ソフトの比較サイトです。価格ではなく、機能・性能面について比較しているのが特徴です。

the比較 > パソコンの比較 > PCゲーム > ウォッチドッグス 2 のベンチマークとおすすめPC

ウォッチドッグス 2 のベンチマークとおすすめPC

更新日:2016年12月24日

ウォッチドッグス 2 がついに発売!

ハッキングの舞台はサンフランシスコ・ベイエリア

2016年12月1日にシリーズの続編としてついに発売となった「ウォッチドッグス 2」。今作の舞台はサンフランシスコのベイエリアとなっており、どこかで見たことあるような実際のロケーションがゲーム内に登場します。また前作と比べてグラフィックはもちろん、操作感やアクション性、ハッキング能力や操作できる多数のガジェットなど大幅に進化しており、オープンワールドとしても完成度の高いゲームとなっております。

今作はハッキングを駆使したステルスアクションが面白い!

まずゲームを始めると、主人公マーカスがデータセンターに潜入するチュートリアルから始まるのですが、左スティック押し込みでダッシュ、右トリガーボタンで障害物を乗り越えるなど、前作から操作感が大きく変わっており、ちょっと戸惑います。

また前作と比べて本作では、潜入によるステルスアクション性が強くなっています。ハッキングを駆使した様々なギミックを使って、敵を出し抜いたり気絶させたり、倒したり、はたまた銃を使ってダイハードばりに強行突破したり、ミッションの進め方はプレイヤー次第です。ゲームを進めていくと、ラジコンやドローンを使えるようになるので、ドローンを使って敵の位置を把握したり、ラジコンを使って安全に内部に侵入したりと、潜入アクションの幅も広がっていきます。

また今作から新しく追加された、右スティック押し込みによるネットハックモードでは、ハッキングできる対象物や回路のノードがひと目でわかるようになるので、非常に見やすくなっています。



今作はステルスアクション性が高い

ハッキングできる対象物が見えるネットハックモード

歩いているだけでも楽しい!これぞオープンワールド!

今作の舞台はサンフランシスコ・ベイエリアということで、ゴールデンゲートブリッジやダウンタウンなど、テレビやドラマなどで見たことあるような実際にあるロケーションがオープンワールドで、ゲーム内に登場します。

グラフィックは質感、光源、影など前作よりも遥かに進化しており、各地にあるショップや行き交う人々の挙動もとてもリアルで、オープンワールドゲームによくある、がっかりするようなハリボテ感はほとんど感じられません。そのため、目的もなくただ散歩やドライブをしているだけでも時間を忘れて没頭してしまうくらい非常に楽しいですね。

また前作で非常に人気があったオンラインマルチプレイでは、今作でも同様、他のプレイヤーがシームレスに侵入するなど、自身が他のプレイヤーに侵入する対戦プレイは健在。また他のプレイヤーやフレンドとエリアに侵入する協力プレイなど、様々なマルチプレイモードも新たに用意されています。特に今作ではハッキングによるギミック操作が大幅に増えているので、戦略や駆け引きなどさらに奥深いものになりそうです。

ちなみに本作のストーリー部分は前作と繋がりはないので、前作をプレイしていないという人でも、すんなり入っていけると思います。またオープンワールドが好きな人や潜入アクションが好きという方にもおすすめしたい作品です。


サンフランシスコと言えばゴールデンゲートブリッジ

散歩しているだけでも楽しいオープンワールド

気に入ったロケーションはスマホでパシャリ

ウォッチドッグス 2 のベンチマークとおすすめPC

必要動作環境と推奨動作環境

公式で公開されている必要動作環境と推奨動作環境は下記の通りとなります。必要動作環境はそれほど高くはないようですが、推奨動作環境ではGTX 780、970、1060とかなりハイエンドなグラフィックカードを求められます。またオープンワールドゲームなので、メモリも8GB以上は搭載しておいた方がいいでしょう。

  必要動作環境 推奨動作環境
OS
Windows 7 SP1、Windows 8.1、Windows 10
(各64ビット版)
Windows 7 SP1、Windows 8.1、Windows 10
(各64ビット版)
CPU
Intel Core i5 2400S @ 2.5 GHz
AMD FX 6120 @ 3.5 GHz
Intel Core i5 3470 @ 3.2GHz
AMD FX 8120 @ 3.9 GHz
メモリ 6GB 8GB
GPU NVIDIA GeForce GTX 660 (2GB) 以上
AMD Radeon HD 7870 (2GB) 以上
NVIDIA GeForce GTX 780 (3GB) 以上
NVIDIA GeForce GTX 970 (4GB) 以上
NVIDIA GeForce GTX 1060 (3GB) 以上
AMD Radeon R9 290 (4GB) 以上
HDD空き容量 50 GB 50 GB
※「https://blog.ubi.com/watch-dogs-2-pc-specs-system-requirements-revealed」のページを参照

DUALSHOCK 4とTobii アイトラッキングに対応

本作はPC版でも、Xboxコントローラーの他に公式でPS4コントローラーであるDUALSHOCK 4にも対応しています。それも無駄なドライバのインストールなど必要なく、USBで接続するだけですぐに操作が可能です。決定ボタンは×、キャンセルボタンは○で変更することはできませんが、普段からDUALSHOCK 4に慣れているという方はかなり嬉しい対応ではないでしょうか。

また本作は視線の移動だけでカメラ操作やハッキング対象の選択などが可能になるTobii アイトラッキングにも対応しています。この機能については、NEW ALIENWARE 17で実際に試した記事があるのでそちらをご覧ください。
>「NEW ALIENWARE 17でTobii アイトラッキングを試す


DUALSHOCK 4に完全対応

Tobii アイトラッキングに対応

グラフィック設定画面

グラフィック設定画面は下記の画像の通りです。地形、植物、影、水とそれぞれ細かく品質を設定できます。プリセットの品質設定は「低」「中」「高」「超高」「最大」の5段階となっています。今回の動作検証には、この5つのグラフィック設定で、サンフランシスコを散歩し、「Fraps Version 3.5.99」を用いて平均フレームレートを計測しました。垂直同期はオフ、画面解像度は1920×1080(フルHD)と、ハイエンドGPUのみ3840x2160(4K解像度)でも計測しています。




バトルフィールド 1のグラフィック設定画面

ウォッチドッグス 2のベンチマーク結果

各グラフィックカードでの平均フレームレート計測結果は以下の通りです。

解像度1920×1080(フルHD)で最高設定でも60fps以上出るカードは、ノートパソコンだとおそらくGTX 1080辺り、デスクトップだと最低でもGTX 1070は必要となります。また下の数値はあくまでも平均値ですが、本作はオープンワールドなので、カメラの向きや建物の密集具合、車両の量や人の数で大きくフレームレートが変動します。さらに車両を運転するとスピードにもよりますが、その場合フレームレートが10~20ほど下がります。なので、オープンワールドである本作はフレームレートが安定しないという点だけ注意が必要です。

そうなると下記の平均フレームレートよりも多少余裕があるほうがいいと思うので、フルHD+最高設定でプレイした場合はGTX 1080、高設定でも十分という場合はGTX 1060(6G)、ノートだとGTX 1070辺りは必要になると思います。4Kの高画質でプレイしたいという場合はGTX 1080の2枚挿しが必要になると思います。


ノートパソコン
グラフィックス GeForce GTX1080 GeForce GTX1070 GeForce GTX 1060 (6GB) GeForce GTX960M
使用したPC
  デル ALIENWARE 15 デル ALIENWARE 17 マウス m-Book W
1920x1080
未計測 76 fps 72 fps 40 fps

- 70 fps 68 fps 36 fps
- 65 fps 63 fps 28 fps
超高 - 63 fps 58 fps 23 fps
最大 - 56 fps 48 fps 19 fps

デスクトップパソコン
グラフィックス TITAN X GeForce
GTX1080
GeForce
GTX1070
GeForce
GTX1060
(6G)
GeForce
GTX1060
(3G)
GeForce
GTX960
GeForce
GTX1050Ti
GeForce
GTX1050
GeForce
GTX750Ti
使用したPC ドスパラ GALLERIA
1920x1080
96 fps 94 fps 86 fps 92 fps 88 fps 72 fps 75 fps 69 fps 50 fps

88 fps 86 fps 80 fps 86 fps 83 fps 63 fps 66 fps 60 fps 42 fps
86 fps 83 fps 78 fps 76 fps 70 fps 48 fps 51 fps 45 fps 30 fps
超高 82 fps 80 fps 75 fps 65 fps 60 fps 40 fps 44 fps 38 fps 26 fps
最高 72 fps 70 fps 63 fps 52 fps 50 fps 23 fps 35 fps 32 fps 20 fps
3840x2160
90 fps 80 fps 66 fps 52 fps 48 fps - - - -

80 fps 68 fps 58 fps 44 fps 41 fps - - - -
超高 60 fps 48 fps 40 fps 29 fps 27 fps        
54 fps 42 fps 35 fps 25 fps 23 fps - - - -
最高 46 fps 35 fps 30 fps 22 fps 19 fps - - - -

画質を比較してみる

次にグラフィック品質である、低設定と最大設定での画質比較です。見ての通り、テクスチャだけでなく、植物や影の表現が大きく変わります。また照明など細かいオブジェクトの数も変わるようです。低設定だとハリボテ感が強く、せっかくの美しいサンフランシスコも台無しなので、個人的には高設定以上でプレイすることをおすすめします。


低設定

最大設定

ウォッチドッグス 2をプレイするには「GeForce GTX 1060(6GB)」がオススメ

前述の通り、オープンワールドによるフレームレートが大きく変動する点や、車両を運転するとさらにフレームレートが大幅に下がってしまう点を踏まえると、すこし余裕を持たせることをオススメします。デスクトップだとGeForce GTX 1060(6GB)、ノートだとGTX 1070を搭載したものがオススメです。 またファストトラベルによるマップ移動が多く、頻繁に読み込みを行うので、SSDもなるべく搭載したいですね。

おすすめのノートパソコン
マウス
NEXTGEAR-NOTE i5720
デル
ALIENWARE 15(R3)
HP
OMEN by HP 17-w100
ドスパラ
GALLERIA QSF1070HGS
GTX 1070 GTX 1060 / 1070 GTX 1060 / 1070 GTX 1070
15.6型 15.6型 17.3型 17.3型
低価格 近未来的デザイン PCIe NVMe SSD標準搭載 G-SYNCにも対応
レビュー レビュー レビュー レビュー
メーカーサイト メーカーサイト メーカーサイト メーカーサイト
     

おすすめのデスクトップパソコン
ドスパラ
GALLERIA
マウス
NEXTGEAR
パソコン工房
Level∞ R-Class
サイコム
G-Master
高い拡張性 高いコスパ 低価格 高い品質
レビュー レビュー レビュー レビュー
メーカーサイト メーカーサイト メーカーサイト メーカーサイト

関連ページ

Watch Dogs 2 公式サイト

■「NEW ALIENWARE 17でTobii アイトラッキングを試す

■ゲーム用ノートパソコン比較:ゲームノートパソコンの比較 - the比較

■ゲーム用デスクトップパソコン比較:ゲームデスクトップパソコンの比較 - the比較