会員登録

今なら抽選でプレゼント実施中!!

当サイトは、パソコン・周辺機器・ソフトの比較サイトです。価格ではなく、機能・性能面について比較しているのが特徴です。

the比較 > パソコンの比較 > 富士通 > LIFEBOOK UH75/B1の展示レビュー

富士通 LIFEBOOK UH75/B1の展示レビュー

初稿:2017年1月17日
更新日:2017年4月24日

 

メーカー公表値の質量に変更がありました。
製品発表当時の最軽量構成時の質量は 777g でしたが、実際に出荷した製品の平均値を計測したところ、761gであったため、メーカー仕様表も 761g に変更されました。
そのため、本記事も 777g から 761g へと表記を変更しました。

 

2017年1月17日、富士通より、世界最軽量モバイルノートパソコン、LIFEBOOK UHシリーズが発表されました。UHシリーズにはいくつかモデルがありますが、最軽量761gのモデルは「LIFEBOOK UH75/B1」となります。

なお、カスタムメイドモデルの型番はLIFEBOOK WU2/B1となり、カタログモデルでの型名はLIFEBOOK UH75/B1に加え、UH90/B1も用意されています。これらの違いについては後述します。

特徴は次の通りです。

LIFEBOOK UH75/B1、UH90/B1、WU2/B1の特徴

LIFEBOOK UH75/B1の軽さのヒミツ

LIFEBOOK UH75/B1の一番の特徴は、761gという軽さでしょう。


女性でも軽々持てる

 

富士通は、PCを軽くするために様々な工夫をしています。

まず、液晶部分については、ガラスや道光版などを薄型化し、SHシリーズと比較して約20%軽く、数mm薄くすることに成功しました。実際の画面を見ても、液晶部分が薄く、ベゼルとの段差も少ないのがわかります。


液晶ディスプレイの部材のスリム化 ※商品説明会資料より


液晶が薄く、ベゼルとの段差も少ない

 

バッテリーについては、極限まで樹脂部材を削ぎ落し、一般的なバッテリーパックよりも数十gも軽量化に成功しています。下図に実際のバッテリーの画像も掲載します。


バッテリーの軽量化 ※商品説明会資料より


樹脂部材を削ぎ落した新UHシリーズのバッテリー

 

天板カバーにはマグネシウム合金よりも軽量な「マグリチウム合金」を用い、キーボード面と底面カバーにはマグネシウム薄肉成形を採用。なお、天板カバーにマグリチウム合金を用いているのは、UH75/B1および法人向け軽量構成時のみで、UH90/B1などはマグネシウム合金を用いています。


天板カバーにマグリチウム合金を使用し軽量化(UH75/B1および法人向け軽量構成時のみ)

 

基板についても板厚を25%削減し、一部に穴を開ける工夫をしています。

さらに、PC本体だけでなく、ACアダプターも小型・軽量化し、SHシリーズのACアダプターと比べて、20%軽量化しています。

 

展示場にあったPCの実測値は、さらに軽い「766g」でした。


展示機の重量の実測値

LIFEBOOK UH75/B1は踏んでもOK

LIFEBOOK UH75/B1は、落下試験、振動試験、加圧試験、キーボードたわみ耐久試験、LCD開閉耐久試験などを実施しており、非常に頑丈な作りになっています。

展示会場では(ありがちですが)透明なプレートでPCを挟んで踏むというデモを行っていました。全面加圧については200kgfの加圧のテストをしているくらいなので、一般的な女性一人分の体重であれば余裕です。ただし、プレートなしで、一点に加圧すると多分壊れるので気を付けましょう(一点加圧は35kgfでテスト)。

 

以下は、UHシリーズの品質評価試験の様子です。

LIFEBOOK UH75/B1の内部画像

LIFEBOOK UH75/B1の内部画像は下図のようになっています。

UHシリーズには大容量バッテリーモデルもあり

本製品は、標準バッテリーと大容量バッテリーが用意されていますが、標準バッテリーは25Whと、モバイルノートPCとしては容量が少なめです(通常は40Wh前後)。カタログ値ではなく、実際に使用したときのバッテリー駆動時間はそれほど長くないでしょう。

一方、大容量バッテリーなら50Whと十分な容量があり、こちらのバッテリーなら、十分な駆動時間が得られるはずです。大容量バッテリーを搭載したモデルでも、重量は913gしかなく、モバイルノートPCとしてバランスが良いと思います。

UHシリーズの外観のチェック

LIFEBOOK UHシリーズの外観のチェックです。

ボディカラーは、ピクトブラックとサテンレッドが用意されています。

サテンレッド

サテンレッドは、キーボード面がブラック、天板や底面がサテンレッドのツートンカラーになっており、かっこいいです。キーボードの側面もサテンレッドになっています。

 

天板の画像です。レッドのカラーについては、4層塗装が施されており、深みのある発色になっています。

 

底面もレッドになっています。

ピクトブラック

下はピクトブラックの画像です。

サテンレッドに比べると地味ですが、落ち着いた雰囲気で、会社員が仕事で使うにはこちらのほうが良いかもしれません。

サテンレッド&ピクトブラック共通

以下、サテンレッド&ピクトブラック共通の外観です。

右側面には、メモリカードスロット、USB3.0、LANポートがあります。

 

LANポートは下図のように引き出して広げると、LANケーブルが接続できるようになります。

 

左側面には、電源、HDMI、USB3.1 Type-C、USB3.0ポート、マイク/ヘッドホン端子があります。軽量なモバイルノートパソコンは、ポート類が少ないケースが多いですが、本製品は十分な種類のポートが搭載されています。

 

画面の視野角も良いです。ギラつきもなく見やすい液晶であると感じました。

 

キーボードは、フルサイズキーボードで、小指や親指で押すキーは軽めに、その他の指で押すキーは重めに出来ており、LIFEBOOK SHシリーズと変わらぬ打ち心地です。

実際に打ってみて、キーストロークの浅さはやや感じますが、縦のキーピッチが十分とられているため、モバイルノートPCとしては打ちやすいと感じました。

 

底面の画像です。LIFEBOOK SHシリーズのように出っ張りはなくフラットです。

 

横から見ると、薄い本体であることがわかります。

 

排気口は2つついており、液晶を開いたときは主に上から、液晶を閉じたときは主に背面から排気されるようになっています。

 

液晶は下図の状態まで開くことができます。180度まではいきませんが、それに近い角度まで広げることが可能です。

法人モデルなら無線WAN(LTE)モデルあり

法人モデルなら、無線WAN(LTE)に対応したモデルもあります。個人事業主の方も購入です。

個人でも購入可能ですが、個人の場合は技術サポートが受けられないようです。もし、個人で購入する場合、法人名にも個人名を入力すれば良いようです。個人事業主として購入する場合は、サポートを受けられます。

LIFEBOOK WU2/B1、UH75/B1、UH90/B1の比較

下表に、LIFEBOOK UHシリーズの「カスタムメイドモデル WU2/B1」と「カタログモデル UH75/B1、UH90/B1」の仕様を掲載します。

「カスタムメイドモデル」は、Web直販サイト「富士通WEB MART」専用のモデルで、パーツのカスタマイズが可能であるのに対し、「カタログモデル」は、主に家電量販店で販売されているモデルでパーツのカスタマイズは出来ません。

気になるのは、カタログモデルは4GBのメモリしか搭載していない点です。アプリをたくさん起動したり、ブラウザのタブをたくさん起動したりする方はメモリ不足になる可能性があります。また、CPU内蔵のグラフィックスは、メインメモリと共有して使うため、グラフィックパワーを使用するアプリを利用した場合も、メモリ不足になる可能性があります。

カスタムメイドモデルとカタログモデルの比較
  カスタムメイドモデル
WU2/B1
カタログモデル
UH90/B1 UH75/B1
カラー ピクトブラック
サテンレッド
ピクトブラック ピクトブラック
サテンレッド
OS Windows 10 Home 64bit
Windows 10 Pro 64bit
Windows 10 Home 64bit
液晶 13.3型ワイド フルHD ノングレア
CPU Core i7-7500U
Core i5-7200U
Core i5-7200U
メモリ 4GB、8GB12GB 4GB
ストレージ 約128GB SSD
約256GB SSD
約512GB SSD
約256GB SSD 約128GB SSD
光学ドライブ なし
Office なし
H & B Premium
H & B Premium H & B Premium
重量
(最小構成時)
約787g 約913g ピクトブラック:約761g
サテンレッド:約764g
バッテリー 25Wh、50Wh 50Wh 25Wh

所感

ファーストインプレッションは、とてもいいです。

軽量バッテリー(25Wh)を搭載した約761gのモデルも秀逸ですが、筆者は大容量バッテリー(50Wh) を搭載したモデルに惹かれます。25Whのバッテリーだと駆動時間が、用途によってはバッテリー不足になる可能性がありますが、50Whの容量ならバッテリー不足になることは少ないでしょう。50Whのバッテリーを搭載していても913gと、他のモバイルノートPCよりも軽量です。

LTEに対応した法人モデルも魅力です。今までも、LTEに対応したノートパソコンはいくつかありましたが、縦のキーピッチが狭い製品がほとんどでした。本製品はキーピッチも十分あるので、タイピングもしやすいです。個人ユーザーは技術サポートが受けられないのが残念ですが、個人事業主なら技術サポートを受けられます。なお、法人モデルは当サイトでも購入予定です。

詳細はこちら
富士通パソコンクーポン
カスタムメイドモデル:富士通WEBMART(LIFEBOOK WU2/B1)
カタログモデル:富士通WEBMART(UHシリーズトップページ)
法人モデル:富士通WEBMART(LIFEBOOK U937/P)

 

関連ページ

LIFEBOOK WU2/B1の実機レビュー

LIFEBOOK UHシリーズ購入時に気付いたこと

富士通パソコンが安く買える当サイト限定特別クーポン