会員登録

今なら抽選でプレゼント実施中!!

当サイトは、パソコン・周辺機器・ソフトの比較サイトです。価格ではなく、機能・性能面について比較しているのが特徴です。

the比較 > パソコンの比較 > 富士通 > ARROWS Tab Wi-Fi (WQ1/J)

富士通 ARROWS Tab Wi-Fi (WQ1/J)の実機レビュー

更新日:2013年7月22日

Windows 8 搭載軽量タブレット

ARROWS Tab Wi-Fi (WQ1/J)は、Windows 8 を搭載したピュアタブレットです。

Microsoft Officeを利用することができますし、多くのWindowsアプリを利用することも可能です。防水仕様であるため、台所などで使用することも可能です。重量も軽く、バッテリ駆動時間も長いです。

CPUがAtomである点が気になっていましたが、Web閲覧や動画再生などのタブレットで主に行うような作業なら、ストレスなく使用することができました。

2013年5月13日追記:ワイヤレスでテレビ視聴する方法や、Web閲覧の快適性などを追記しました。

メーカーサイト:富士通WEBMART

目次

ARROWS Tab Wi-Fi (WQ1/J)の基本スペック

本機の基本スペックを紹介します。※2012年冬/カスタムメイドモデル「WQ1/J」のスペックです。これ以外のモデルはスペックがやや異なりますのでご注意下さい。なお、カスタムメイドモデルはWQ1/Jという型名ですが、店頭モデルは「QH55/J」となります。
※ カスタムメイドモデル・・・Web直販店「富士通WEBMART」で販売されているモデル

CPU
Atom Z2760です。
 
グラフィックカード
CPU内蔵です。
 
液晶ディスプレイ
10.1型ワイド、IPS光沢パネル搭載のHD(1366x768)液晶です。
メモリ
2GBです。
 
ハードディスク
搭載できません。SSDのみ搭載可能です。
 
SSD
64GBです。
 
光学ドライブ
非搭載です。
 
バッテリー駆動時間
メーカーの仕様では、動画再生時:約10.5時間です。

特徴1 - Windowsアプリが動く


Microsoft Officeなども動作可能

本製品はWindows 8 を搭載したタブレットであるため、Microsoft Word、Excel、Outlookといったソフトや、数多くのフリーソフト、業務に特化したWindows用ソフトなど、多くのソフトが動作可能です。

メイン機とタブレットで同じソフトを使用できるのも嬉しいです。デバイスによって使い勝手が変わることがありません。

 

特徴2 - 防水仕様でお風呂や台所でも使える


防水だから台所でも使える

防水仕様となっているため、水に濡れても使用することが可能です。

台所でちょっと水が付く程度なら全く問題ありません。主婦にもおすすめの製品です。

 

 

Atom プロセッサーの快適度は?


Atom Z2760を搭載

本製品で気になるのはAtom Z2760の性能だと思います。

以前、ネットブックが流行った時はAtomプロセッサーの処理能力が低すぎるため、使用時にイライラした方も多いと思います。

一方、本製品を使用した限りでは、Atomプロセッサーでも割と快適でした。

さすがに、エンコードなどのCPU負荷の高い処理は時間がかかります。標準版CPUなら30分程度で終わるエンコード処理が、Atom Z2760は2時間以上かかりました。3Dゲームはカクカクですし、MS Excelもデータ数(1000くらい)の多いグラフの描画はややもっさりしていました。

しかし、PCの起動は速いですし、ネット、文書入力、動画再生程度の処理なら、もたつき感はほとんど感じません。通常タブレットで使用するような用途であれば、普通に作業できると思います。

Webページを見る <追記>

Webページ閲覧時の快適性のチェックです。

画面を横長にしたときは問題なく見れます。

画面を縦長にしたときはやや文字がぼやけます。高解像度液晶のタブレットと比較してしまうと、見やすさは劣ると思います。ただし、アスペクト比が16:9とiPadやAndroidタブレットと比べると縦長になるため、一度に閲覧できる情報量は多いです。


縦長画面で、当サイトを閲覧したときの文字の綺麗さ
左:ARROWS Tab Wi-Fi (WQ1/J)、右:iPad Retina ディスプレイモデル

 

次に、WindowsストアアプリのInternet Explorerのベンチマーク結果を掲載します。

PEACEKEEPER

PEACEKEEPERにおいて、標準的なスコアは「タブレット端末では374」とあるため、本機のWindowsストアアプリのInternet Explorerもほぼ標準的なスコアです。


PEACEKEEPER(Futuremark社)・・・Webブラウザベンチマークテスト

Octane

次は、JavaScriptのベンチマークの実行結果です。こちらも標準的なスコアです。


Octane(Google社)・・・ JavaScriptベンチマークツール

ワイヤレスでテレビを視聴する <更新>

"Android版"ARROWS Tab Wi-Fiにはワンセグチューナーが搭載されていました。しかし、本製品にはテレビチューナーが搭載されていません。タブレットからワイヤレスでテレビを視聴したいというニーズは割とあると思うので、本製品でテレビを視聴できないか、下記のPC周辺機器を試してみました。

PIX-BR320を使ってテレビ視聴

ピクセラ製「PIX-BR320」を使用して、テレビ視聴、録画、再生できるかを試しましたが問題ありませんでした。

以前はエラーが出たのです今回改めて試してみたらエラーが出なくなっていました。PIX-BR320のファームアップをしたためか、またはWindowsアップデートをしたためか、それとも富士通アップデートナビを実行したためか、順を追ってテストしなかったので原因はわかりません。

ARROWS Tab Wi-Fi (WQ1/J)でテレビ視聴するなら、個人的にはこの製品が一番良いと思います。


ピクセラ製のPIX-BR320を使ってテレビ視聴可能

その他のテレビ視聴方法

この他に”ワイヤレス”でタブレットからテレビを視聴する方法としては次が考えられます。一部、本環境でのテスト結果も掲載していますが、本環境では動作しなくても、別の環境では正常に動作する可能性もありますのでご了承ください。

nasne + DTCP-IPクライアントソフト

タブレットにDTCP-IPクライアントソフトをインストールし、nasneのテレビチューナーからテレビを視聴します。

富士通 「My Cloud ビデオ+」のDTCP-IPクライアントソフトで録画番組を視聴することはできましたが、ライブ視聴はできませんでした。ただ、「My Cloud ビデオ+」のソフトは録画した番組が多いと一覧表示に時間がかかり、あまり使い勝手が良いとは思いませんでした。

また、DiXiM Digital TV plusのDTCP-IPクライアントソフトも試してみましたが正常に動作しませんでした。

ブルーレイレコーダー + DTCP-IPクライアントソフト

DTCP-IP対応のブルーレイレコーダーで録画や配信を行います。ただし、ライブ視聴できるレコーダーは限られています。こちらは非検証ですが、nasneを使った場合と同様の結果になると思われます。

.net USB 無線LANルーター + 外付けUSBテレビチューナー

USB機器ならなんでもワイヤレス化できるI/O DATA製.net USBという機能を搭載した無線LANルーターと、外付けUSB型のテレビチューナーを使います。WN-AG450DGRの無線LANルーターでテストしましたが、mAgicTV Digitalを起動させることが出来ませんでした。

ワイヤレスでDVD鑑賞をする <追記>


net.USBでUSB機器も使用OK

アイ・オー・データの無線LANルーターには、USB機器をワイヤレスで使用できるnet.USBという機能が搭載されています。

USB機器を無線LANルーターに接続すれば、Windows PCから、そのUSB機器を使用することが可能です。例えば、光学ドライブ、キーボード、外付けハードディスクなどをワイヤレスで使用することができます。

この機能を利用して、ワイヤレスでDVDの映画を鑑賞してみました。CPU負荷が約40%と高めでしたが、コマ落ちすることなく視聴できました(NW負荷は約8Mbps)。



IO DATA WN-AG450DGRとポータブルDVDプレーヤーを使って、DVD映画をワイヤレスで視聴

ワイヤレスでその他PC周辺機器を使用する

本製品はキーボードがありません。micro USBポートは1つありますが、使用する度にUSBケーブルを接続するのはスマートではありません。タブレットでPC周辺機器を使うときはワイヤレスで接続するのが便利です。ここでは、ワイヤレスで接続できるPC周辺機器が正常に動作するか確認しました。

Bluetoothで接続


Bluetoothキーボードはもちろん接続OK

ARROWS Tab Wi-Fi (WQ1/J)はBluetoothを内蔵しているため、Bluetooth対応のPC周辺機器を接続することが可能です。試しにBluetoothキーボードを接続してみましたが、問題なく動作しました。

.net USBを利用する

上の見出しで紹介した.net USB対応機器を使用すれば、キーボード、マウス、DVDドライブなど多くのUSB機器をワイヤレスで使用することが可能です。

クレードルのUSBポートを使用する

メーカー直販店の「富士通WEBMART」なら、USB/HDMIポート付きのクレードルを選択できます。ワイヤレスとは言えませんが、このクレードルにUSB機器を接続して使用することも可能です。ただし、クレードルにタブレットを装着しているときしかUSB機器は使用できません。

電子書籍を読む <追記>

電子書籍を読んだときの快適性のチェックです。

小説、マンガなど文字や絵が比較的大きな書籍は快適に読むことができます。

ただし、雑誌は見開きでは文字が小さくて読みづらいです。ただし、ページを連続表示させたときは、次のページも少し見れるので良いかもしれません。


Adobe Reader XIで雑誌(PDFファイル)を表示

ホールド感のチェック <追記>

持った時のホールド感のチェックです。

裏面がザラついており、持ったときに滑りにくいです。本体も軽くて薄いので、持ちやすい製品だと思います。


裏面は滑りにくい

専用ケースや液晶保護フィルムも発売中


シリコンケース (クリア) TB-FAWSCCR
クレードル接続コネクタ部分が隠れてしまう

ARROWS Tab Wi-Fi は、専用のケースや、液晶保護フィルムもサードベンダーから発売されています。

試しに、エレコムのシリコンケース (クリア) TB-FAWSCCRを購入してみたところ、装着後の使用感は良かったのですが、クレードル接続コネクタ部分が隠れてしまいました。

このようなケースを使った場合、クレードルで充電することはできなくなります。ただし、USBケーブルを別途用意すれば、microUSBポートから充電することは可能です。

液晶ディスプレイのチェック

ARROWS Tab Wi-Fi (WQ1/J)の液晶ディスプレイのチェックです。

視野角が広く、色再現性も良く、見やすい液晶だと思います。

詳細をみていきます。

まず視野角ですが、IPS液晶を搭載しているため非常に良いです。斜めから見ても色が変わりません。


視野角(斜めから見たときの見やすさ)

 

ガンマ補正曲線を確認すると、中央部分が下げ気味の調整ですが、調整幅は少ないです。実際の画面はわずかに明るいですが、色の再現性は比較的良いです。

※同じパネルでも調整具合はやや異なります。また異なるパネルが搭載される可能性もあります



※見方の詳細については、miyahan.com様、DOS/V Power Report様のページをご確認ください

 

色域はやや狭いです。


 

下記は画素の形状です。複雑な形状ではありません。ギラつきも感じません。


総合ベンチマーク

Atom Z2760、メモリ2GB、64GB SSDで構成された本機のベンチマーク結果です。

プロセッサー、メモリ、グラフィックスのスコアは、ノートPCと比較してしまうと非常に悪いです。ただしタブレットとしては標準的だと思います。ディスク関連のスコアも、SSDを搭載している割にはそれほど良くはありませんでした。

なお、PassMark Performanceのテストについては、3D Graphicsのテストが正常に完了しなかったため、スコアが抜けており、トータルスコアも低めになっています。

Windows エクスペリエンス インデックス

PassMark Performance Test 8.0

PCMARK7 v1.0.4

3DMark <追記>


※ ICE STORM:Direct 9相当ベンチ

重量のチェック

重量は次の通りです。

本体の重量は、実測で557gと非常に軽いです。iPad Retinaディスプレイモデルが652gであるため、これより約100g軽いことなります。

ACアダプターおよびクレードルの重量はやや軽いです。なお、本製品はクレードルがないと充電できないため、クレードルを含めた重量を計測しています。


重量の実測結果

バッテリー駆動時間のチェック


動画再生時のバッテリ駆動時間は9時間44分

バッテリー駆動時間のチェックです。

メーカーの仕様を確認すると、動画再生時で約10.5時間の駆動時間と記載されています。

当サイトでも、動画(解像度:720x480)再生し、休止状態へ移行するまでのバッテリー駆動時間を計測したところ、9時間44分でした。

バッテリ駆動時間はかなり長いです。

PC起動・停止時間のチェック

本製品のPC起動・停止時間の実測結果です。

Windows 8 搭載パソコンとしてはそれほどPC起動は速くありませんが、Windows 7 搭載パソコンと比べると速いです。Atom CPUでこのPC起動時間なら十分だと思います。

PC起動時間など
テスト内容 時間
PC起動時間 約17秒
PCシャットダウン時間 約4秒
PC起動時間は、ハイブリッドブート時の時間。電源ボタンを押してからタイル画面が表示されるまでを計測

CrystalDiskMarkのベンチマーク

SSDのCrystal DiskMarkのベンチマーク結果は次の通りです。HDDよりも若干速いですが、リードで最大500MB/sほど出るような最新のSSDと比べると遅いです。


SSDのベンチマーク結果

 

  1 2 次へ
  目次