会員登録

今なら抽選でプレゼント実施中!!

当サイトは、パソコン・周辺機器・ソフトの比較サイトです。価格ではなく、機能・性能面について比較しているのが特徴です。

the比較 > パソコンの比較 > FRONTIER > GAシリーズ(H170チップセット)

FRONTIER GAシリーズ(H170チップセット) の実機レビュー

更新日:2015年10月5日

Skylake搭載ミドルタワー

FRONTIER GAシリーズ(H170チップセット) は、ミドルタワーデスクトップPCです。

もちろん、第6世代インテルCPU「Skylake」搭載です。

グラフィックカードも、CPU内蔵のインテル HD グラフィックスから、高性能なGeForce GTX 980Tiまでたくさんの選択肢があります。

OSも、Windows 7、Windows 8.1、Windows 10の3種類を選択可能です。

なお、今回はH170チップセットモデルですが、Z170チップセットモデルなら、PCI-Express接続M.2 SSDを選択可能です。

メーカー直販サイト:
FRONTIER GAシリーズ(H170チップセット)

※レビュー機はメーカーからの貸出機です

目次

FRONTIER GAシリーズ(H170チップセット)の基本スペック

FRONTIER GA(H170チップセット)シリーズの基本スペックをチェックします。特徴的な部分は赤字にしています。※2015年10月4日時点の情報です。時期が経つと選択できるパーツは異なる可能性があります。詳細はメーカーサイトでお確かめ下さい。

CPU
第6世代インテルCPUを選択可能です。本機はCore i5-6400を搭載しています。
マザーボード
インテル H170 チップセット です。
 
グラフィックカード
最大GeForce GTX 980Ti Quadro K2200を選択可。本機はGTX 960です。
メモリ
最大で32GBのメモリを選択できます。本機は8GBです。
ハードディスク/SSD
HDDやSSDを選択できます。増設HDDも1台選択可能です。本機は500GBのHDDです。
光学ドライブ
DVDまたはブルーレイドライブを選択できます。本機はDVDスーパーマルチドライブです。
電源
最大850Wの電源(日本製コンデンサ)を搭載可能。本機は600W 80PLUS BRONZEです。
拡張性
PCI Express x16が2スロット、PCI Express x1が2スロット、PCIスロットが2スロットです。

特徴1 - 高性能グラフィックカード選択可能

本製品は、インテル HD グラフィックスから、GeForceシリーズ、Quadroシリーズなど多くの選択肢から、グラフィックカードを選択することが可能です。GeForceシリーズは、GTX 750からGTX 980Tiまでを選択できます。TITAN XやマルチGPU構成は選択できません。

GeForce GTX 960搭載時のベンチマークスコアは次の通りです。なお、グラフィックスドライバーバージョンは、最新の「355.98」です。

ゲームベンチマーク
製品名 FRONTIER GAシリーズ
  Core i5-6400
GeForce GTX 960(2GB)
ファイナルファンタジー XIV 蒼天のイシュガルド (DirectX 11)
標準品質 ★ 14984 (非常に快適)
高品質 ★ 8644 (非常に快適)
最高品質 7610 (非常に快適)
ファイナルファンタジー XIV
キャラクター編
標準品質 ★ 20564 (非常に快適)
最高品質 10155 (非常に快適)
ドラゴンズドグマオンライン
10717 (とても快適)
標準 10715 (とても快適)
最高 10285 (とても快適)
ファンタシースターオンライン2 ver.2 描画:3 84828 (快適)
描画:5 46092 (快適)
バイオハザード6 RANK S (12146)
モンスターハンターフロンティア 第三弾(大討伐) 15099
ドラゴンクエストX 標準 16226 (すごく快適)
最高 15952 (すごく快適)
GRID Autosport ウルトラロー 260 fps
ミディアム 150 fps
ウルトラ 88 fps
トゥームレイダー LOW 295 fps
HIGH 120 fps
ULTIMATE 61 fps
Metro Last Light Low 100 fps
High 83 fps
Very High 68 fps
スリーピングドッグス 162 fps
93 fps
最高 48 fps
ドラゴンエイジ:インクイジション 127 fps
58 fps
最高 37 fps
★デスクトップPCの場合は「標準品質(デスクトップPC)」と「高品質(デスクトップPC)」、ノートPCの場合は「標準品質(ノートPC)」と高品質(ノートPC)の設定にしています。
※フレームレート(fps)の掲載値は、平均値です。最小値や最大値ではありません
※CPUやメモリなどの環境によってスコアが変わる点はご了承ください。
※ファイナルファンタジー XIV 蒼天のイシュガルドは、約7700スコアで平均60fps(当サイト調べ)

※ファイナルファンタジー XIV 新生エオルゼアは、約7000スコアで平均60fps(当サイト調べ)
※ドラゴンズドグマオンラインは、約5800スコアで平均60fps(当サイト調べ)

※ファンタシースターオンライン2 ver.2は、約2700スコアで平均60fps(当サイト調べ)
※バイオハザード6は、約9000スコアで平均60fps(当サイト調べ)
※モンスターハンターフロンティア 第三弾(大討伐)は、約6000スコアで平均60fps(当サイト調べ)
※ドラゴンクエストXは、約5500スコアで平均60fps(当サイト調べ)
※通常の液晶ディスプレイは60Hz駆動であるため、ゲームを快適にプレイするには最低でも平均60fpsは欲しいです。ただし、平均fpsが60でも最小fpsはもっと小さいため、60fpsを切らないようにプレイするには平均80~100fpsは欲しいです。また、120Hz駆動の液晶ディスプレイを使用している方は、最低でも平均120fpsは欲しいです。

 

GPU-Zで確認した、GeForce GTX 960の情報は次の通りです。

:
GeForce GTX 960のグラフィックカードのスペック

 

上で掲載されていない他のゲームや、他のグラフィックカードのベンチマークについては、「ゲームパソコンの比較」を参考にして下さい。他のPCでの計測スコアですが、参考になると思います。

パフォーマンスのチェック

パフォーマンスのチェックです。

CPUはCore i5~Core i7まで、専用GPUは先ほども掲載したとおり、GeForce GTX 960~GTX 980TiやQuadroを選択可能です。ストレージは最大2台まで選択でき、もちろんSSDも選択可能です。

パフォーマンスは構成によりますが、ミドルレンジ~ハイエンドな構成にすることができます。

Core i5-6400、GeForce GTX 960、8GB メモリ、500GB HDDの構成でのベンチマーク結果は次の通りです。

PassMark Performance Test 8.0

3DMark


※ FIRE STRIKE:高性能GPU向け、SKY DIVER:ミドルレンジGPU向け、
CLOUD GATE:一般ノート向け、ICE STORM:タブレットやスマホ等のモバイル向け

PCMark 8

動画のエンコード時間

TMPGEnc Video Mastering Works 5 によるエンコード時間
  Core i5-6400
x264でエンコード 15分48秒
AVCHDの動画(ファイルサイズ:1.54GB、再生時間:約13分、解像度:1920x1080)を、
iPhone 4で視聴可能なMPEG-4 AVC(解像度:1280x720)へ変換

ストレージのベンチマーク


500GB HDD(CrystalDiskMark 4で計測)

SDカードリーダーのベンチマーク


UHS-Ⅰ対応カード (CrystalDiskMark 4で計測)

 

 

 

  1 2 次へ
  目次