会員登録

今なら抽選でプレゼント実施中!!

当サイトは、パソコン・周辺機器・ソフトの比較サイトです。価格ではなく、機能・性能面について比較しているのが特徴です。

the比較 > パソコンの比較 > エプソンダイレクト > Endeavor ST11E

エプソンダイレクト Endeavor ST11E の実機レビュー

更新日:2015年8月20日

コンパクトで安価

Endeavor ST11Eは、手のひらサイズのコンパクトなデスクトップPCです。

縦置きも可能であるため、床の設置スペースが非常に少なくて済みます。

ノートパソコン用のパーツを多く使用していますが、ノートパソコンと違い、好きな液晶ディスプレイやキーボードを使うことができるのがメリットです。

デスクトップパソコンとしては、静音性にも優れています。

価格も5万円(税抜)から購入できる安さです。安価でも、エプソンダイレクトですので、サポートも安心です。

公式サイト:エプソンダイレクト(Endeavor ST11E)

※レビュー機はメーカーからの貸出機です

目次

Endeavor ST11E の基本スペック

Endeavor ST11Eの基本スペックを紹介します。特徴的な部分は赤字にしています。※2015年8月18日時点の情報です。時期が経つと選択できるパーツは異なる可能性があります。詳細はメーカーサイトでお確かめ下さい。

APU
AMD E2-6110 APUを搭載しています。
 
グラフィックカード
APU内蔵のAMD Radeon R2 グラフィックスです。
メモリ
最大16GBのメモリを搭載可能です。本機のメモリ容量は4GBです。
HDD/SSD
HDD、SSDを選択可能です。本機は250GB HDDです。
光学ドライブ
内蔵光学ドライブは非搭載です。
 
拡張性
PCI系の空きスロットはありません。
 

特徴1 - 手のひらサイズのコンパクトさ

Endeavor ST11Eは、手のひらサイズの非常にコンパクトなデスクトップパソコンです。

CPUやメモリ、ストレージは、ノートパソコン用のパーツを搭載することで、ここまでのコンパクトさを実現しています。


手のひらサイズのコンパクトさ

特徴2 - 静かな動作音

本製品は、回転部品に、CPUのヒートシンクを冷やす小型の冷却ファンしか搭載しておらず、デスクトップパソコンとしては静音性が高いです。ただし、アイドル時でもわずかに音は聞こえます。


CPUヒートシンクを冷やす冷却ファン

特徴3 - 充実の保証内容

エプソンダイレクトは、保証内容が充実しています。購入後の満足度の高いメーカーでもあります。

長期メーカー保証&訪問修理

エプソンダイレクトでは最大6年というメーカー長期保証を実施しています(お預かり修理のみ6年、訪問修理は5年)。また、故障時にサービスマンが訪問して修理を実施する訪問修理も実施しています。預かり修理の場合でも、修理センターに届いてから1日で修理を終えて返却発送する体制が整っており、手元にパソコンがない期間を最小限に抑えることが可能です。


定額保守サービス一覧(エプソンダイレクトのサイトより抜粋)

 

また、他社の場合、過失による故障は保証対象に入らない場合が多いですが、エプソンダイレクトでは数千円を支払えばこのような場合でも保証してくれます。


安心プラス保証のサービス一覧(エプソンダイレクトのサイトより抜粋)

電話サポート

期間制限なく電話サポートを受けることができ、さらに通話料が無料です。

Endeavor ST11E と ST170E の比較

Endeavor ST11Eには、上位機種として、Endeavor ST170Eという製品もあります。

この2機種の違いは、下の表のようになります。

大きな違いは、プロセッサーです。ST170EはCore i7-4712MQという高速なCPUを選択できるのに対し、ST11Eは性能の低いAMD E2-6110のAPUです。

Endeavor ST11E と ST170E の比較(メーカー仕様表より)
  Endeavor ST11E Endeavor ST170E
CPU / APU プロセッサー AMD E2-6110 Cleron 2950M ~
Core i7-4712MQ
ストレージ 1台のみ搭載 2台まで搭載可能
無線LAN なし あり
USBポート USB3.0×2、USB2.0×4 USB3.0×3、USB2.0×5
映像出力ポート VGA、DVI-D VGA、DVI-D、mini HDMI
PS/2 なし あり
価格(税抜) 50,000円~ 69,000円~

 

下の表に、プロセッサーのベンチマークスコアを掲載していますが、Core i7-4712MQは、AMD E2-6110の4倍近い性能です。また、ST170Eは、Celeron 2950M、Core i3、Core i5など多くの選択肢がありますが、ST11EはAMD E2-6110のみとなっています。

Celeron 2950MとAMD E2-6110とのスコアは、大きな差はありません。ただし、価格はAMD E2-6110を搭載したST11Eのほうが安いです。

AMD E2-6110の処理性能は高くはありませんが、Windowsタブレットで用いられるAtomプロセッサーよりは、2倍くらいスコアが高く、Webサイト閲覧や動画視聴程度なら、問題なくこなせるでしょう。

プロセッサーのベンチマークスコアの比較
  Cleron 2950M AMD E2-6110 Core i7-4712MQ
Passmark - CPU Mark 1730 1968 7580 ※1
※1 別のPCで計測した結果です

パフォーマンスのチェック

パフォーマンスのチェックです。

やや低めのベンチマークスコアです。

PassMark Performance Test 8.0

3DMark


※ FIRE STRIKE:高性能GPU向け、SKY DIVER:ミドルレンジGPU向け、
CLOUD GATE:一般ノート向け、ICE STORM:タブレットやスマホ等のモバイル向け

PCMark 8 - Home accelerated

実行できず

動画のエンコード時間

TMPGEnc Video Mastering Works 5 によるエンコード時間
  AMD E2-6110 APU
x264でエンコード 1時間3分36秒
AVCHDの動画(ファイルサイズ:1.54GB、再生時間:約13分、解像度:1920x1080)を、
iPhone 4で視聴可能なMPEG-4 AVC(解像度:1280x720)へ変換

ストレージのベンチマーク


250GB HDD(CrystalDiskMark 4 で計測)

 

 

  1 2 次へ
  目次