会員登録

今なら抽選でプレゼント実施中!!

当サイトは、パソコン・周辺機器・ソフトの比較サイトです。価格ではなく、機能・性能面について比較しているのが特徴です。

the比較 > パソコンの比較 > ドスパラ > Prime Galleria XT

Prime Galleria XT(プライム ガレリア XT)のレビュー

更新日:2010年06月01日

後継機種情報
後継のPCケースが発売されました。
詳細はこちら→「ガレリア ミドルタワー【KTケース】

Galleria XTの本体

GeForce GTX470Core i7-860を搭載し、価格も13万円台と安いゲーム向けパソコン「Prime Galleria XT(プライム ガレリア XT)」の紹介です。

フルHDの液晶ですべてのゲームを超快適にやりたいのであれば、この位のスペックは欲しいところです。

今回、ガレリア XTをお借りすることができたので、ゲームベンチマークや、その他の速度を計測し、さらに他のパソコンのスコアと比較しました。客観的に評価しましたのでご覧ください。


Prime Galleria XT の基本スペックをチェック

まずは、Galleria XT(ガレリア XT)の基本スペックをチェックします。

Galleria XTのCPU

CPU

CPUは、Core i7-860です。Core i7-870も選択可能ですが、コストパフォーマンスを考えたら860で十分です。

Galleria XTのグラフィックボード

グラフィックボード

グラフィックボードは、GeForce GTX470(GALAXY製)と高性能です。グラボの変更はできません。

Galleria XTのメモリとハードディスク

メモリ、ハードディスク

メモリ、ハードディスクとも好きなパーツを選択可能です。今回はメモリ4GB、ハードディスク1TBです。

Galleria XTのマザーボード

マザーボード

マザーボードはP55-SD50です。BIOSバージョンは1.6でした。

Galleria XTの電源

電源

750W電源です。ただし現在デフォルトで搭載しているのは700W電源のようです。できればデフォルトではなく性能の良い電源を選んだほうが良いです。

Galleria XTのPCIスロット

拡張性

空きスロットは、PCI-Express x1が1スロットと、PCIが3スロットです。

Prime Galleria XT のベンチマークをチェック

ガレリアと言えばゲームなので、ゲームを中心に10種類のベンチマークを計測してみました。結果は、どのテストも非常に高いスコアでした。詳細を下記に記載します。

ベンチマーク その1 - Windows エクスペリエンス インデックス

Windows エクスペリエンス インデックスは次の通りです。ハードディスクのスコアは普通ですが、それ以外は非常に高いスコアです。

Galleria XTのWinodowsエクスペリエンス

ベンチマーク その2 - 3DMark Vantage

3DMark Vantageのベンチマーク結果

3DMark Vantage Basic Editionのベンチマーク結果です。尚、Peformanceプリセットでテストをしています。

スコアは16520です。高いスコアです。





3DMark Vantageの画像

ベンチマーク その3 - 3DMark06

3DMark06の結果

3DMark06 Basicのベンチマークテストの結果です。

スコアは18890です。高いスコアです。






3DMark06の画像

ベンチマーク その4 - THE LAST REMNANT Benchmark

THE AST REMNANT のベンチマークの結果です。1920*1080でFPSは116.97です。非常に快適にゲームをできるスコアです。

THE LAST REMNANT Benchmarkの画像

ベンチマーク その5 - Final Fantasy Benchmark 3

Final Fantasy Benchmark 3 の結果です。スコアは11628です。非常に快適にゲームをできるスコアです。

Final Fantasy Benchmark 3の画像

ベンチマーク その6 - デビルメイクライ4 ベンチマーク

デビルメイクライ4 のベンチマークの結果です。1920*1080でテストしています。4つSCENE(シーン)のFPSは191、164、225、134です。ランクはSです。非常に快適にゲームをできるスコアです。

デビルメイクライ4の画像

ベンチマーク その7 - バイオハザード5 ベンチマーク

バイオハザード5のベンチマークの結果です。1920*1080でテストし、FPSは131.1です。ランクはSです。非常に快適にゲームをできるスコアです。

バイオハザード5の画像

ベンチマーク その8 - モンスターハンターフロンティア ベンチマーク

バイオハザード5のベンチマークの結果です。1920*1080でテストしています。スコアは10768です。非常に快適にゲームをできるスコアです。

モンスターハンターフロンティアの画像

ベンチマーク その9 - Super π

円周率を計算するソフト「Super π」のベンチマーク結果です。104万桁の円周率計算(19回のループ)を、12秒の速さで完了しています。

Super πの画像

ベンチマーク その10 - CrystalMark 2004R3

今までのベンチマークは、主にCPUとグラフィックボードの性能を評価するテストでしたが、今度はメモリやHDDまで含めたテストを実施します。テストに用いたのはCrystalMark 2004R3です。Display Mode は1920*1080です。ハードディスクのスコアは普通ですが、それ以外は非常に高いスコアです。

CrystalMark 2004R3の画像

ベンチマーク - まとめ & 他のモデルとの比較

今までの結果を下の表にまとめました。 ガレリアの他のモデルの結果も一緒にまとめています。 ガレリアの他のモデルはドスパラさんのホームページに書いてあった結果を転記しました。

色々細かくかいてますが、要はGalleria XT(ガレリア XT)なら、今のところどんなゲームでも超快適に動くということです。 どんなゲームも超快適に動くかどうかの分岐点となるPCはガレリア XFあたりにあると思いますが、ガレリア XTはXFより上位機種になり、余裕を持ってゲームをできるPCです。 今後、高いスペックを要求するゲームが発売されていくことを考えれば、XTあたりを購入するのが良いと思います。ちなみに、GeForce GTX480を搭載したガレリア XGもあります。


ガレリア XTとその他の機種のベンチマーク比較
製品名 ガレリア JC ガレリア HF ガレリア HG ガレリア XF ガレリア XT
基本スペック Core i3-530
GT220
Core i5-750
GT240
Core i7-860
GTS250
Core i7-860
GTX285
Core i7-860
GTX470
Windows エクスペリエンス
インデックス
プロセッサー 6.7 7.3 7.4 7.4 7.4
メモリ 5.5 7.5 7.5 7.5 7.5
グラフィックス 6.5 6.7 6.9 7.4 7.7
ゲーム用グラフィックス 6.5 6.7 6.9 7.4 7.7
プライマリーハードディスク 5.9 5.9 5.9 5.9 5.9
一番低いサブスコア 5.5 5.9 5.9 5.9 5.9
3DMark Vantage 1280*1024 2970.7 4655.7 6929.0 15952.0 16520
3DMark06 1280*1024 6891.3 9136.3 14077.0 18469.7 18890
THE LAST REMNANT 1920*1080 26.3 33.7 57.0 86.1 116.97
ファイナルファンタジー XI 8514.7 9293.3 9826.0 8721.7 11628
デビルメイクライ4 1920*1080 RANK C RANK B RANK S RANK S RANK S
バイオハザード5 1920*1080 RANK C RANK B RANK B RANK S RANK S
Average FPS 24.2 34.9 51.0 - 131.1
モンスターハンターフロンティア 1920*1080 2367.7 3415.0 5901.0 11140.7 10768
Super π 104万桁 14秒 13秒 12秒 12秒 12秒
価格(2010年5月26日時点) 67,980円 89,980円 109,980円 129,980円 139,980円


下の表は、ガレリア XTのCrystaMark 2004R3の結果と、他のパソコンの結果を比較したものです。手元にあったデスクトップパソコンと比較してみました。ガレリア XT 以外で計測したパソコンは次の2台です。

ガリレア XTと他のパソコンのCrystalMark 2004R3ベンチの比較
製品名 HP
Pavilion Desktop PC
s5130jp
ガレリア MHF推奨モデル
(旧製品)
ガレリア XT
基本スペック Phenom II X2 545
GeForce GT210
Windows 7
Core i7-860
GeForce GTS250
Windows Vista
Core i7-860
GeForce GTX470
Windows 7
CrystalMark 2004R3 Mark 112365 202004 218517
ALU(CPU性能) 24014 53392 53876
FPU(CPU性能) 21997 48813 52049
MEM(メモリ性能) 20389 43211 42916
HDD(ハードディスク性能) 11609 11248 11726
GDI(グラフィック性能) 8423 9533 10939
D2D(グラフィック性能) 6940 10280 16181
OGL(グラフィック性能) 18993 25527 30830

Prime Galleria XT の様々な作業の速度をチェック

Galleria(ガレリア)はゲーム向けのパソコンですが、コストパフォーマンスの高さから普通の作業用パソコンとして購入する人も結構います。そこで、普段行うような作業の速度を計測して、自宅にあった他のデスクトップPCと比較してみました。

ガレリア XT 以外で計測したパソコンは、次の2台です。

スピードチェック その1 - OSの起動時間

スタートアップにInternet Explorer(IE)を置き、電源ボタンを押してからIEが起動するまでの時間を計測しました。結果は次の通りです。ガレリア XTの起動時間は約46秒でした。尚、ガレリア MHF推奨モデル(旧製品)の起動時間が遅かったのは、Windows Vistaであるからだと思います。

Galleria XTのOS起動時間のグラフ

スピードチェック その2 - 動画のエンコード時間

DVD Shrinkで、放映時間48分のDVDをエンコードしたときの時間を計測しました。結果は次の通りです。ガレリア XTのエンコード時間は、約11分54秒でした。他のパソコンと比べて遅い結果となりました。これはDVDスーパーマルチドライブの性能が悪いためです。

Galleria XTのエンコード時間のグラフ



 

試しに、ガレリア MHF推奨モデルのDVDスーパーマルチを、ガレリア XTに接続してエンコード時間を計測したところ劇的に速くなりました。

どんなドライブが搭載されてくるかは時期によって変わると思うので、購入時に有名メーカーの光学ドライブを選択しておくと無難かと思います。

光学ドライブの読取り速度をあまり気にしない人は、このままでも十分です。尚、書き込みテストはしていません。



スピードチェック その3 - セキュリティソフトのスキャン時間

セキュリティソフト(ESET Smart Security)で、約1.73GBのフォルダをスキャンしたときの時間を計測しました。結果は次の通りです。誤差の範囲かもしれませんが、ガレリア XTがやや速かったです。

Galleria XTのセキュリティソフトのスキャン時間のグラフ




Prime Galleria XT の静音性をチェック

Prime Galleria XT(プライム ガレリア XT)の静音性をチェックしました。デスクトップパソコンにしては静かでした。

部屋の中の電化製品の電源をすべて停止したときの騒音と、ガレリア XTの電源をONにしたときの騒音の差は、+4.3dBでした。尚、無反響室で測定したわけではないので正確な値ではありません。参考程度にしてください。

Galleria XTの静音性

他のパソコンとも騒音を比較してみましたが、この中では一番静かでした。

ガリレア XTと他のパソコンの騒音の比較
製品名 HP
Pavilion Desktop PC
s5130jp
ドスパラ
ガレリア MHF推奨モデル
(旧製品)
ドスパラ
ガレリア XT
騒音差 +6.4 +6.2 +4.2


Prime Galleria XT の外観をチェック

Prime Galleria XT(プライム ガレリア XT)の外観です。幅19.2cm×高さ43.6cm×奥行き51.1cmのケースです。

Galleria XTの外観

正面には、カードリーダ及びUSBポートが2つ、IN、OUT端子がそれぞれついています。

Galleria XTの全面

背面にはUSBポートが10個、サウンドポート、映像出力ポートなどがあります。映像出力はDVIが2つ、HDMIミニが1つです。

Galleria XTの背面

本体の中身はこんな感じです。グラフィックボードでPCI Express x16と、PCI Express x1スロットを占有し、さらにグラフィックボードを冷やすファンで1スロット占有しています。このファンは背面のツマミを回して風量を調節できます。 空きスロットは、PCIが3つ、PCI Express x1が1つです。

Galleria XTの内部

最新のガレリアで使用されているCBケースと、以前のガレリアシリーズで使われていたYMケースとを比較してみます。 大きさはほぼ一緒です。


旧ケースとの比較

他社との価格比較

他社とスペックを大体一緒にし、価格を比較してみました。この中ではガレリア XTが最も安かったです。

他社との価格の比較
マウスコンピュータ
NEXTGEAR i500GA6
パソコン工房
GS 9
デル
ALIENWARE
ドスパラ
ガレリア XT
OS Windows7 Home Premium Windows7 Home Premium Windows7 Home Premium Windows7 Home Premium
CPU Core i7-860 Core i7-860 Core i7-860 Core i7-860
グラフィックボード GeForce GTX470 GeForce GTX470 ATI Radeon HD 5870 GeForce GTX470
メモリ 4GB 4GB 6GB 4GB
ハードディスク 1TB(7200rpm) 1TB(回転数不明) 1TB(7200rpm) 1TB(7200rpm)
電源 750W 静音電源 750W 静音電源 575W 700W 静音電源
価格(送料込) 165,900円 179,980円 159,990円 141,980円

ドスパラには、ガレリア XT以外にも沢山のゲーム推奨モデルがある

ドスパラには、ガレリア XT 以外にもゲーム推奨パソコンがあります。 例えば、「モンスターハンターフロンティアオンライン推奨パソコン」や、「バイオハザード5推奨パソコン」です。

ゲーム推奨パソコンは、ゲームの動作環境以上のCPUやグラフィックボードが搭載されています。 また、ゲームの動作検証も済んでいます。 さらにゲームができるようになるまでサポートしてくれる点も見逃せません。 ゲーム内で使えるアイテムが付属しているゲーム推奨パソコンもあります。


ガレリアは最新のパーツを惜しみなく取り入れます、が・・・

ガレリアは、最新のパーツを惜しみなく取り入れます。こうやって記事を書いている間にも、選択できるパーツがどんどん変化します。常に性能の良いパーツを安く購入できるというのはドスパラの非常に良い点だと思います。

しかし、裏を返すと、安定ししたパーツを使っていないため、EPSONやHP、DELLなどのパソコンに比べて、相性問題などの不具合は出やすいと思います。

そのため、ドスパラのようなパソコンを購入する場合は、せめてパーツを自分で交換したり、ファームやドライバを自分でアップデートできる人が望ましいです。 超初心者は素直にEPSONやDELLのPCの購入をおすすめします(価格は高いですが・・・)。

ある程度のトラブルは自分で解決できるなら、ドスパラのパソコンはコストパフォーマンスが高く非常におすすめです。


まとめ

以上が、ガレリア XT(Galleria XT)のレビューでした。 性能が高く、今のところどんなゲームでも超快適に動作させることができます。 性能が良いのに価格も安いです。

ゲーム以外のPC作業を快適にするなら、光学ドライブとハードディスクをデフォルトのパーツではなく、性能の良いメーカー品に変更すると良いでしょう。

まとめると、ドスパラ プライム ガレリア XT は、次のようなメリットがあります。

ドスパラ プライム ガレリア XT は、こんなあなたにおすすめです。


ドスパラ ガレリアの詳細・購入は下のリンクからどうぞ。アウトレット品などもございます。

ドスパラWEB販売