会員登録

今なら抽選でプレゼント実施中!!

当サイトは、パソコン・周辺機器・ソフトの比較サイトです。価格ではなく、機能・性能面について比較しているのが特徴です。

the比較 > パソコンの比較 > ドスパラ > Critea DX-K H3

ドスパラ Critea DX-K H3 の実機レビュー

更新日:2017年2月27日

第7世代CPU搭載で6万円台

Critea DX-K H3は、第7世代インテルCoreプロセッサー「Kaby Lake-U」のCore i3-7100Uを搭載しながら、6万円台(税抜き)で購入可能な15.6型ノートパソコンです。

M.2 SSD と 2.5インチストレージを搭載でき、ダブルストレージ環境にすることも可能です。


※レビュー機はメーカーからの貸出機です

目次

Critea DX-K H3の基本スペック

Critea DX-K H3の基本スペックをチェックします。特徴的な部分は赤字にしています。※2017年2月22日時点の情報です。時期が経つと選択できるパーツは異なる可能性があります。詳細はメーカーサイトでお確かめ下さい。

CPU
第7世代インテルCore プロセッサー、Core i3-7100Uです。
グラフィックカード
インテル HD グラフィックス 620(CPU内蔵)です。
液晶ディスプレイ
15.6型ワイド、1366x768、光沢液晶です。
 
メモリ
DDR3Lのメモリを最大16GBまで選択できます。本機は4GB (4GB x1)です。
M.2 SSD
M.2 SATA SSDを選択可能です。本機は搭載していません。
ストレージ
ハードディスクまたはSSDを選択可能です。本機は500GB HDDを搭載しています。
光学ドライブ
DVDスーパーマルチまたはブルーレイドライブを選択可能です。

その他
薄さ24.9mm、重量は約2.2kgです。
 

特徴1 - 第7世代CPU搭載で6万円台

Critea DX-K H3は、第7世代インテルCore プロセッサーの「Core i3-7100U」を搭載しながら、6万円台(税抜き)で購入できる価格が魅力の製品です。

また、兄弟機種として、Core i7-7500Uを搭載したCritea DX-K H7という製品もあります。

特徴2 - ダブルストレージ構成が可能

本製品は、M.2 SSDと2.5インチストレージのダブルストレージ環境にすることが可能です。


ダブルストレージ構成が可能

液晶ディスプレイのチェック

液晶ディスプレイのチェックです。

解像度は1366x768と低いです。

視野角も狭いです。

視野角(斜めから見たときの見やすさ)

 

カラーマネージメントツールによるガンマ補正曲線です。青白い画面であることが分かります。



※見方の詳細については、miyahan.com様、DOS/V Power Report様のページをご確認ください

 

色域は狭いです。


ガモット図
※ i1 Display PROでICCプロファイルを作成後、MacのColorSyncユーティリティでグラフを作成

キーボードおよびタッチパッドのチェック

キーボードとタッチパッドのチェックです。

当サイトの計測では、キーピッチは横:約18.5mm、縦:約19mm、キーストロークは約1.3mmです。キートップはほぼフラットで、底付きの衝撃をやや感じ、やや安っぽい感じはしますが、普通に打てると思います。

タッチパッドの操作感は普通です。


キーボード全体図


キーの拡大図1

パフォーマンスのチェック

パフォーマンスのチェックです。

CPU

第7世代Coreプロセッサー「Kaby Lake-U」のCore i3-7100Uを搭載しています。やや低めの性能ですが、ネットやOffice作業を行う程度なら問題ない性能です。


CPUの選び方(筆者の独自判断)
※灰色のバーのパーツは、本製品では選択できません

ストレージ

ストレージは、デフォルトではハードディスクが選択されていますが、作業を快適に行いたいなら、SSDの搭載をおすすめします。


ストレージの選び方(筆者の独自判断)

本製品で計測したベンチマーク

本製品でのベンチマーク結果です。

PassMark Performance Test 9.0 CPU MARK
(CPU性能の評価)

Core i3-7100U

静音性、表面温度、内部温度

アイドル時でもややファン音が聞こえます。ただし、負荷をかけても動作音はそれほど高くなりません。

CPUがCore i3ということもあり、表面温度および内部温度は低めです。

外観のチェック

外観のチェックです。

メタルっぽい色ではありますが、プラスチック感が漂い高級感はありません。

 

天板です。『X』状にヘアライン加工が施されています。

 

スピーカー周りは、水玉の様な模様が波紋状に広がっています。音質は普通です。

 

底面です。出っ張りはありません。

 

液晶が開く最大の角度です。

 

側面のインターフェースです。光学ドライブ、LAN、VGA、HDMI、USB、メモリカードスロットなど多種のポートが揃っていますが、USB Type-Cポートはありません。

 

底面のカバーを開けたときの画像です。メモリスロットは2つあります。底面カバーも簡単に開くので、換装などは楽でしょう。

まとめ

以上が、Critea DX-K H3のレビューです。

第7世代Core i3を搭載していながら、6万円台(税抜)と比較的安価なノートPCです。

M.2 SSDと2.5インチストレージのダブルストレージ構成にすることも可能です。

ただし、液晶はHD (1366x768)と解像度が低く、視野角も狭く、色域も狭いです。液晶の品質はあまり良くありません。

詳細はこちら
メーカー直販サイト:ドスパラ(14~15インチノートPC)