会員登録

今なら抽選でプレゼント実施中!!

当サイトは、パソコン・周辺機器・ソフトの比較サイトです。価格ではなく、機能・性能面について比較しているのが特徴です。

the比較 > パソコンの比較 > ドスパラ > Diginnos Stick DG-STK2F

ドスパラ Diginnos Stick DG-STK2Fの実機レビュー

更新日:2015年8月26日

Windows 10と冷却ファン搭載

非常にコンパクトで、HDMIポートに接続するだけで使える(もちろん電源も接続)スティック型PCです。

設置スペースを必要とせず、簡単に配線でき、価格も14,800円(税抜)と非常に安いです。

本体中央に冷却ファンが搭載されました。これにより、ファンのない旧モデルよりも、負荷をかけたときのCPU温度が下がりました。

Windows 10 も搭載し、手軽に新OSを体験できます。

メーカーサイト:ドスパラ(Diginnos Stick DG-STK2F)

※レビュー機はメーカーからの貸出機です

目次

Diginnos Stick DG-STK2Fの基本スペック

Diginnos Stick DG-STK2Fの主な仕様は次の通りです。特徴的な部分は赤字にしています。※2015年8月26日時点の情報です。旧モデルのDG-STK1とスペックを比較すると、OSがWindows 10である点が異なります。

Diginnos Stick DG-STK2Fの主な仕様
  Diginnos Stick DG-STK2F
OS Windows 10
プロセッサー Atom Z3735F
メモリ 2GB
内部ストレージ 32GB eMMC
主なスロット USB2.0x1
microUSBx1
microUSB(給電用)x1
microSDカードスロット

特徴1 - 冷却ファンを搭載

旧モデルのDG-STK1は冷却ファンを搭載しておらず、負荷をかけるとCPUなどの温度がかなり高めになっていました。一方、新モデルのDG-STK2Fは、本体中央に冷却ファンを搭載し、負荷をかけたときのパーツの温度が低くなりました。ただし、旧モデルは無音でしたが、新モデルはファンの回転音が聞こえるようになりました。


冷却ファンを搭載

特徴2 - 無線LANが安定

旧モデルのDG-STK1は無線LANが安定せず、途中でネットワークが切れてしまうことがありました。

一方、本製品は、無線LANが安定し、長時間、Huluなどの動画配信サービスで映画を視聴しても、ネットワークが切れることはありませんでした。なお、無線LANルーターを近距離に置いて、速度を計測したところ、約35Mbpsの速度が出ていました。速くはないですが、LAN経由でも、動画を視聴できるスピードです(もちろん、無線通信間の距離や環境によっては、もっと速度が下がります)。


無線LANの速度

特徴3 - 液晶ディスプレイに接続するだけの手軽さ

本製品は、液晶テレビのHDMIポートに挿すだけで使えるパソコンです。


ポートのHDMIポートに接続するだけ

 

HDMIポートに挿すだけといっても、もちろん電源ケーブル(マイクロUSBケーブル)を接続する必要はあります。なお、標準添付のケーブルは短いため、電源タップに届かない可能性があります。事前に設置環境を確認しておくと良いでしょう。


標準添付の電源ケーブルはやや短め

パフォーマンスのチェック

パフォーマンスのチェックです。

以下がベンチマークスコアです。ストレージは十分な速さです。CPUやメモリはタブレット並みの性能です。製品の性質上、メイン機として使うPCというよりも、サブ機として使用したり、用途を限定して使用したりするのに向いている製品だと思います。

なお、冷却ファンを搭載しているためか、旧モデルのDG-STK1よりも、ベンチマークスコアがやや良くなりました。

PassMark Performance Test 8.0

3DMark


※ FIRE STRIKE:高性能GPU向け、SKY DIVER:ミドルレンジGPU向け、
CLOUD GATE:一般ノート向け、ICE STORM:タブレットやスマホ等のモバイル向け

ストレージのベンチマーク

普通のSSDよりは遅いですが、ランダムアクセスはHDDより速いです。PC起動などは十分速く、Web閲覧程度の用途ならストレスは感じません。


32GB eMMC

静音性のチェック

本機の動作音(静音性)のチェック結果です。

冷却ファンが搭載されたことで、ファンの回転音が聞こえます。騒音値はそれほどでもないですが、高音で、やや耳障りです。



騒音値の計測結果
部屋を極力無音にしたときの騒音値:40.4dB、 測定機器:GS-04
※無響室で測定したわけではないので、数値は不正確です
※選択したCPUやGPUが異なると騒音値は変わってきます
【PCの状態】
左から1番目の図:アイドル時(何も操作していない状態)
左から2番目の図:動画再生時(解像度:720x480で実行)

パーツの温度のチェック

各パーツの温度のチェック結果です。もし、あまりにも温度が高いと、パーツの寿命や動作の安定性に影響します。

旧モデルのDG-STK1に比べると、動画再生時の温度が、かなり下がっています。


 

表面温度のチェック

本体の表面温度のチェック結果です。

高めの温度です。


消費電力のチェック

消費電力のチェック結果です。数値は変動しますが、確認できた最も高い数値を掲載しています。

低い消費電力です。


外観のチェック

Diginnos Stick DG-STK2Fの外観です。

 

側面です。電源、microUSB(給電用)、USBポートがあります。

 

反対側の側面です。microUSBポート、microSDカードスロットがあります。

 

本体および付属品です。左から、本体、ACアダプター、マイクロUSBケーブル(給電用)、HDMI延長ケーブル、microUSB-USB変換ケーブルが同梱されています。

まとめ

以上がドスパラ Diginnos Stick DG-STK2Fのレビューです。

設置場所をとらず、手軽に配線でき、価格が14,800円(税抜)と非常に安いスティック型のPCです。

メイン機としてはスペック不足に感じますが、サブ機として使うなら良いと思います。リビングのテレビに接続して、NAS上に保管している動画や、動画配信サービスの動画を再生するメディアプレイヤーとして使っても良いと思います。

Windows 10 も搭載しており、手軽に新OSを体験できます。

詳細はこちら
メーカー直販サイト:ドスパラ(Diginnos Stick DG-STK2F)