会員登録

今なら抽選でプレゼント実施中!!

当サイトは、パソコン・周辺機器・ソフトの比較サイトです。価格ではなく、機能・性能面について比較しているのが特徴です。

the比較 > パソコンの比較 > ドスパラ > スリムタワーPC Slim Magnate IM

ドスパラ スリムタワーPC Slim Magnate IMの実機レビュー

更新日:2014年6月4日

静音CPUファン選択可能

省スペースなスリムタワーケースを採用したドスパラの Slim Magnate IM のレビューです。

静音CPUファンを選択可能な点や、映像出力ポートが多彩である点が珍しいと感じます。

また、スリムケースではありますが、SSDとHDDを両方搭載可能です。

注文してから出荷されるまで2日という短納期も魅力です。

グラフィックスは、専用のグラフィックカードではなく、CPU内蔵のインテルHDグラフィックスとなります。

メーカー直販サイト:ドスパラ Slim Magnateシリーズ

※レビュー機はメーカーからの借用製品です

目次

スリムタワーPC Slim Magnate IMの基本スペック

Slim Magnate IMの基本スペックをチェックします。特徴的な部分は赤字にしています。※2014年5月29日時点の情報です。時期が経つと選択できるパーツは異なる可能性があります。詳細はメーカーサイトでお確かめ下さい。

CPU
最新のCore i プロセッサーを搭載可能です。本機はCore i5-4590を搭載しています。
マザーボード
インテル B85 Express チップセットです。
 
グラフィックカード
CPU内蔵です。 独立したグラフィックカードは選択できません。
メモリ
選択式です。本機は8GBのメモリを搭載しています。
ハードディスク
選択式です。本機は、500GBのHDDを搭載しています。
SSD
ハードディスクと同時にSSDも搭載可能です。本機は搭載していません。
光学ドライブ
DVDスーパーマルチやブルーレイドライブを選択できます。本機はDVDスーパーマルチです。
電源
300W(80PLUS BRONZE)電源です。
 

特徴1 - 静音CPUファンを選択可能

本製品は、静音のCPUファンをオプションで選択することが可能です。スリムタワー型のデスクトップPCで、静音CPUファンを選択できるのは珍しいと思います。

ただ、ケースにもファンがありますし、このモデルはハードディスクを静音化できないため、過度な期待はしないほうが良いとは思いますが、少なくともノーマルCPUファンよりは静かです。なお、今回はノーマルCPUファンであるため、静音ファンの効果は確認できていません。


メーカーのカスタマイズ画面
※2014年5月29日時点の情報です。名称や価格などは、変更になる可能性があります。

特徴2 - SSD+HDDの構成が可能

本製品は、スリムタワー型のパソコンでありながら、SSDとHDDの両方を搭載することが可能です。OS領域を高速なSSDへ、データを容量の大きいHDDへ保存するような使い方が可能です。


SSD + HDDを搭載可能

特徴3 - カスタマイズしても2日で出荷

BTOパソコンは1週間くらい待たされるのはザラですが、Slim Magnateシリーズの多くのモデルは、カスタマイズしても2日で出荷されます。

他の4社のBTOメーカーのゲームデスクトップPCの出荷日を調べてみましたが、ドスパラが最短でした(構成を変えられない当日出荷モデルを除く)。

各社のスリムタワー・デスクトップPCの出荷日
  ドスパラ A社 B社 C社 D社 E社
出荷日 2日 10日 2週間 5営業日 5日 2~7日
出荷日はPCのモデルによって変わります。また時期によって変動があります。

特徴4 - 多彩な映像出力ポート

今回レビューしている製品は、映像出力ポートとして、DVI、VGA、HDMI、DisplayPortの4種類が搭載されていました。オンボードでこの4種類が全て搭載されている機種は珍しいと思います。

ただし、メーカーの仕様表を確認すると、DisplayPortは記載されていません。購入する時期によって変わる可能性があります。


レビュー機は、HDMI、DisplayPort、DVI、VGAポートを搭載

パフォーマンスのチェック

本製品は、グラフィックスはCPU内蔵であるものの、プロセッサーについてはCore i7を選択可能で、CPU性能は高いです。ストレージもSSD+HDDの構成が可能です。

Core i5-4590、メモリ8GB、500GB HDD、CPU内蔵グラフィックスでのベンチマーク結果を下に掲載します。

PassMark Performance Test 8.0

3DMark

PCMark 8

動画のエンコード時間

TMPGEnc Video Mastering Works 5 によるエンコード時間
  Core i5-4590
x264でエンコード 15分53秒
クイックシンクビデオでエンコード 7分00秒
AVCHDの動画(ファイルサイズ:1.54GB、再生時間:約13分、解像度:1920x1080)を、
iPhone 4で視聴可能なMPEG-4 AVC(解像度:1280x720)へ変換

ストレージのベンチマーク


500GB HDD

内蔵SDカードリーダー・ライター

今回は非搭載です。カスタマイズ画面で選択することも可能ですが、そうすると、前面のUSB2.0端子が2つ使えなくなるようです。

 

 

  1 2 次へ
  目次