会員登録

今なら抽選でプレゼント実施中!!

当サイトは、パソコン・周辺機器・ソフトの比較サイトです。価格ではなく、機能・性能面について比較しているのが特徴です。

the比較 > パソコンの比較 > ゲーミングPC > ドスパラ > コンパクトタワー GALLERIA

ドスパラ コンパクトタワー GALLERIA

更新日:2016年6月11日

奥行きが短い

ドスパラ オリジナル「KTSケース」を採用したコンパクトタワーゲームパソコン、GALLERIAのレビューです。

ミニタワーよりもさらに小さく、スリムタワーと設置面積はほとんど変わらないコンパクトなケースです。特に奥行きが短いので、デスクの上に置いても圧迫感が少ないです。

注文してから出荷されるまで2日という短納期も魅力です。

メーカー直販サイト:
ドスパラ(GALLERIA-A JA)


※レビュー機はメーカーからの借用品です

目次

コンパクトタワー GALLERIAの基本スペック

「KTSケース」を採用したGALLERIAは、2016年5月25日現在、A10-7860KのAPUを搭載した「GALLERIA-A JA」でのみ使用されています(GALLERIA JJRとJFRもKTSケースを採用していますが、現在在庫切れです)。

「GALLERIA-A JA」の基本スペックは次のようになっています。なお、時期が経つと選択できるパーツは異なる可能性があります。詳細はメーカーサイトでお確かめ下さい。

CPU/APU
本来はAMD A10-7860Kです。ただし本機はモデルが古いためA10-7700Kを搭載しています。
マザーボード
AMD A78 チップセットのマザーボードです。
 
グラフィックカード
Radeon R7シリーズ(CPU内蔵)です。
 
メモリ
DDR3 SDRAMのメモリで最大8GBまで選択可能です。本機は8GBのメモリです。
ハードディスク/SSD
HDDまたはSSDを2台まで搭載可能です。本機は500GB HDDが1台です。
光学ドライブ
DVDスーパーマルチやブルーレイドライブを選択できます。本機はDVDスーパーマルチです。
電源
選択式です。最大450Wの電源を選択できます。本機は300Wです。
拡張性
PCI Express x16が1つ、PCI Express x1が1つ、PCIが1つです。

特徴1 - 奥行きが短い

ドスパラの「GALLERIA」シリーズには、次のようなPCケースがあり、上から下へいくほど、サイズが小さくなります。
  ■フルタワーケース「GR one
  ■ミドルタワーケース「KTケース
  ■ミニタワーケース「KTMケース
  ■コンパクトタワーケース「KTSケース」本製品
  ■スリムタワーケース「KTCケース

今回レビューしている製品は、「KTSケース」で、奥行きが非常に短いのが特徴です。

下図は、ミドルタワーPCケースと並べてみた写真ですが、かなり奥行きが短いことが分かると思います。奥行き45cmしかないようなデスクに置いても圧迫感がありません。


ミドルタワーPCとの比較

ゲームベンチマーク

本製品は、専用グラフィックカードを搭載していませんが、GALLERIAシリーズであることから、一応ゲーミングPCの位置付けです。

今回はAMD A10-7700KのAPU内蔵グラフィックス「AMD Radeon R7 グラフィックス」を搭載しており、ゲームベンチマークは下表のようになっています。専用グラフィックカードを搭載したPCのようなスコアは出ませんが、インテルのCPU内蔵グラフィックス「インテル HD グラフィックス 530」よりは高性能です。グラフィック品質をかなり下げれば、プレイできるゲームもあります。

ゲームベンチマーク
製品名 ドスパラ GALLERIA-A JA
  AMD A10-7700K
CPU内蔵 AMD Radeon R7 グラフィックス
基本スペック
ファイナルファンタジー XIV 蒼天のイシュガルド (DirectX 11) 標準品質 ★ 3836 (快適) 2000 (普通)
高品質 ★ 2147 (普通) 1126 (設定変更が必要)
最高品質 1963 (設定変更を推奨) 1021 (設定変更が必要)
ドラゴンズドグマオンライン
低品質 3947 (快適) 2354 (普通)
標準品質 3868 (快適) 2297 (普通)
最高品質 2862 (普通) 1886 (設定変更を推奨)
ファンタシースターオンライン2 EP4 描画:3 6145 (標準) 2640 (標準)
描画:6 1139 (重い) 461 (重い)
バイオハザード6 RANK C (2876) RANK C (1660)
モンスターハンターフロンティア 第三弾(大討伐) 4540 2426
ドラゴンクエストX 標準品質 7985 (とても快適) 5854 (快適)
最高品質 7109 (とても快適) 4450 (快適)
★デスクトップPCの場合は「標準品質(デスクトップPC)」と「高品質(デスクトップPC)」、ノートPCの場合は「標準品質(ノートPC)」と「高品質(ノートPC)」の設定にしています。
※フレームレート(fps)の掲載値は、平均値です。最小値や最大値ではありません
※CPUやメモリなどの環境によってスコアが変わる点はご了承ください。
※ファイナルファンタジー XIV 蒼天のイシュガルドは、約7700スコアで平均60fps(当サイト調べ)
※ドラゴンズドグマオンラインは、約5800スコアで平均60fps(当サイト調べ)
※ファンタシースターオンライン2 EPISODE4は、約4500スコアで平均60fps(当サイト調べ)
※バイオハザード6は、約9000スコアで平均60fps(当サイト調べ)
※モンスターハンターフロンティア 第三弾(大討伐)は、約6000スコアで平均60fps(当サイト調べ)
※ドラゴンクエストXは、約5500スコアで平均60fps(当サイト調べ)
※通常の液晶ディスプレイは60Hz駆動であるため、ゲームを快適にプレイするには平均60fpsは欲しいです。ただし、平均fpsが60でも最小fpsはもっと小さいため、60fpsを切らないようにプレイするには平均80~100fpsは欲しいです。また、120Hz駆動の液晶ディスプレイを使用している方は、平均120fpsは欲しいです。

パフォーマンスのチェック

パフォーマンスのチェックです。

現在のGALLERIA-A JAは、「AMD A10-7860K」を搭載していますが、本機は貸出機である影響で「A10-7700K」が搭載されていました。下にベンチマークスコアを掲載しますが、現在のGALLERIA-A JAのほうがややスコアは良くなると思います。

PassMark Performance Test 8.0

3DMark Ver.2


※FIRE STRIKE:ハイパフォーマンス・ゲーミングPC向けのテスト(今回は省略)
※SKY DIVER:ミドルレンジ・ゲーミングPC向けのテスト
※CLOUD GATE:一般的なパソコン向けのテスト

PCMark 8

動画のエンコード時間

TMPGEnc Video Mastering Works 6によるエンコード時間
  A10-7700K
x265でエンコード (※1) 47分13秒
x264でエンコード (※2) 21分30秒
AMD VCEでエンコード (※3) 14分23秒
XAVC Sの動画(約5分、4K)をMP4(FHD)へ変換。x265はH.265/HEVC、それ以外はH.264/AVCへ変換
※1 4Kや8Kにも対応したx264の後継のエンコーダー。エンコードは遅いが、出力ファイル容量は従来の約半分
※2 H.264エンコーダーの中で、現在人気の高いエンコーダー。ほどほどの速度で高画質
※3 AMD APUのハードウェアエンコーダー。

ストレージのベンチマーク


500GB HDD

SDカードリーダー・ライター

 

 

 

  1 2 次へ
  目次