会員登録

今なら抽選でプレゼント実施中!!

当サイトは、パソコン・周辺機器・ソフトの比較サイトです。価格ではなく、機能・性能面について比較しているのが特徴です。

the比較 > パソコンの比較 > ドスパラ > ガレリア QF780HG

ドスパラ ガレリア QF780HGの実機レビュー

更新日:2013年8月2日

最高峰GPU、GeForce GTX780M搭載

ガレリア QF780HGは、シングルの(SLIではない)ノート用グラフィックスの中では最高峰に位置するGeForce GTX780Mを搭載したゲームノートパソコンです。

多くのゲームを、高めのグラフィックス設定でゲームできると思います。

CPUは第4世代インテルCore i7(4コア)を搭載しており、CPU負荷の高い処理も高速に完了します。

ストレージは、mSATAスロットを3つ搭載し、RAID 0を構成することが可能です。また2.5インチのHDD or SSDも同時に搭載することができます。

かなり高性能なパソコンですが、最小構成であれば20万円(送料別)を切る価格で、スペックの割にはそれほど高くもないです。

メーカーサイト:ドスパラ ガレリア QF780HG

※レビュー機はメーカーからの借用製品です

目次

ガレリア QF780HGの基本スペック

ガレリア QF780HGの基本スペックをチェックします。特徴的な部分は赤字にしています。※2013年8月1日時点の情報です。時期が経つと選択できるパーツは異なる可能性があります。詳細はメーカーサイトでお確かめ下さい。

CPU
第4世代インテルCPU HaswellのCore i7を選択可能です。本機はCore i7-4800MQです。
グラフィックカード
Optimusテクノロジー対応のNVIDIA GeForce GTX780M(4GB)を搭載しています。
液晶ディスプレイ
17.3型ワイドの非光沢液晶です。解像度は1920×1080(フルHD)です。
メモリ
最大32GBまで搭載可能です。本機は8GBx2の16GBです。
ハードディスク/SSD
単体HDDやSSD、mSATA SSD+HDD3台のmSATA SSDでのRAID0などを選択可能です。本機は1TBの単体HDDを搭載しています。
光学ドライブ
DVDスーパーマルチまたはブルーレイディスクドライブを選択できます。本機はDVDスーパーマルチドライブを搭載しています。
バッテリ駆動時間
メーカー公表値は未発表です。
 
テレビチューナー
内蔵のテレビチューナーは搭載していません。USB外付け製品なら選択可能です。

GeForce GTX780M搭載でゲームが快適

ガレリア QF780HGは、ノート用グラフィックカードの中では最高峰に位置するGeForce GTX780Mを搭載したゲームノートパソコンです。

バイオショック インフィニット、トゥームレイダー、FAR CRY3、バトルフィールド3、The Elder Scrolls V Skyrimについて、グラフィック設定を変えて実際にプレイし、FPSを計測しました。詳細は下記バナーをクリックして下さい。

 

その他、メーカーから提供されているゲームベンチマーク結果も下記に掲載します。なお、今回のNVIDIAの グラフィックドライバーは「ver.311.48」です。最新のグラフィックドライバーが提供された場合、スコアがさらに改善される可能性があります。

ゲームベンチマーク
製品名 ガレリア QF780HG
基本スペック Core i7-4800MQ
GeForce GTX 780M
重めの
ゲーム
ロストプラネット 2(テストB) 1920x1080 RANK A(60.3fps)
1280x720 RANK A(61.9fps)
ファイナルファンタジー XIV 1920x1080 5139(快適)
1280x720 6224(とても快適)
中程度の
重さの
ゲーム
ファイナルファンタジー XIV 新生エオルゼア 1920x1080
12768(非常に快適)
1280x720 15249(非常に快適)
ファンタシースターオンライン2 ver.2 1920x1080 37511(快適)
1280x720 51233(快適)
バイオハザード6 1920x1080 RANK S(9045)
1280x720 RANK S(13841)
モンスターハンターフロンティア 第三弾(大討伐) 1920x1080 13074
1280x720 25120
軽めの
ゲーム
ドラゴンクエスト X(標準品質) 1920x1080 8838(とても快適)
1280x720 9465(とても快適)
デビルメイクライ4 1920x1080 RANK S
1280x720 RANK S
リアル彼女(ハイクオリティ) 1280x720 RANK S(54 REAL)

特徴2 - RAID 0のmSATA SSDを搭載可能

ガレリア QF780HGは、mSATA SSDスロットを3つ搭載しています。

mSATA SSDを1本だけ搭載することもできますし、2~3本搭載しRAID 0構成して購入することも可能です。

また、mSATAスロットの他に、2.5インチスロットも搭載しており、ハードディスクまたはSSDを搭載することが可能です。

液晶ディスプレイのチェック

液晶ディスプレイのチェックです。

TNパネルであると思われるため、視野角はそれほど良くありません。


視野角(斜めから見たときの見やすさ)

 

カラーマネージメントツールによるガンマ補正曲線を確認すると、青色が下げ調整、赤色が上げ調整になっています。そのため、実際の画面はやや青白く見えます。ゲームや動画鑑賞が主な用途なら見やすく感じると思います。



※見方の詳細については、miyahan.com様、DOS/V Power Report様のページをご確認ください

 

色域は、ノートパソコンの中では広いほうです。


 

画素は、ノングレア処理面にピントを合わせると、やや凹凸が見えます。ギラつきをやや感じますが、他の非光沢液晶と同等程度です。


キーボードおよびタッチパッドのチェック

キーボードとタッチパッドのチェックです。

キーピッチは、実測で横:18mm、縦:19mm、キーストロークは約2mmです。押しやすいキーだと思います。旧モデルよりも高級なキーボードを使用しているそうです。

Windowsキーが右側に配置されており、ゲーム中に誤ってWindowsキーを押して画面が切り替わってしまうのを防いでいます。

また、タッチパッドの無効/有効切り替えボタンも搭載しており、ゲーム中にタッチパッドに触れて予期しない動作をするのを防いでいます。

ただし、「Delete」の位置が遠い点、「.」や「,」のキーが小さい点が気になります。これらのキーはややブラインドタッチしにくいです。


キーボード全体図


キーの拡大図1


キーの拡大図2

タッチパッドは、見た目がかっこいいです。操作性は普通です。


タッチパッド

パフォーマンスのチェック

パフォーマンスのチェックです。

最大でCore i7-4900MQ、メモリ32GB、mSATA SSD 256GB x3(RAID0)といった構成が可能で、GeForce GTX780Mを搭載し、ノートパソコンの中ではトップクラスの性能です。

今回は、Core i7-4800MQ、メモリ16GB、GeForce GTX780M、1TB ハードディスクの構成でのベンチマーク結果を、下図に掲載します。

Windows エクスペリエンス インデックス

PassMark Performance Test 8.0

3DMark


※ ICE STORM:Direct 9相当ベンチ、CLOUD GATE:Direct 10相当ベンチ、FIRE STRIKE:Direct 11ベンチ

動画のエンコード時間のチェック


ペガシス TMPGEnc Video Mastering Works 5
Ver.5.4.0.100

ペガシス TMPGEnc Video Mastering Works 5 による動画のエンコード時間のチェックです。

Core i7-4800MQ、GeForce GTX780Mを搭載した本機でのエンコード時間は下の表の通りです。

ノートパソコンの中では、かなり速いエンコードです。

なお、2013年7月24日より、TMPGEnc~のソフトは、Haswellに対応したバージョンでテストしています。同日より前にテストした結果より、クイック・シンク・ビデオでのエンコード時間が改善されています。

TMPGEnc Video Mastering Works 5 によるエンコード時間
  Core i7-4800MQ
x264でエンコード 13分21秒
CUDAでエンコード 7分22秒
AVCHDの動画(ファイルサイズ:1.54GB、再生時間:約13分、解像度:1920x1080)を、
iPhone 4で視聴可能なMPEG-4 AVC(解像度:1280x720)へ変換

PC起動・シャットダウン時間のチェック

PCの起動・シャットダウン時間と、ディスクのベンチマーク結果です。

今回はハードディスクを搭載しているため、Windows 8 にしてはそれほど速くありません。RAID 0 構成のmSATA SSDを搭載すれば爆速になるでしょう。

PC起動時間など
テスト内容 時間
PC起動時間 14秒
PCシャットダウン時間 16秒
PC起動時間は、ハイブリッドブート時の時間。電源ボタンを押してからタイル画面が表示されるまでを計測

カードリーダー/ライターのチェック

内蔵カードリーダー/ライターの対応カードと速度のチェックです。

スロットは本体の左側面にあります。出し入れはしやすいです。


SDカード挿入後の外観

 

カードリーダー/ライターのCrystalDiskMarkのベンチマーク結果は次の通りです。高速なリーダー/ライターです。


 

 

 


  1 2 次へ
  目次