パソコンの比較

会員登録

今なら抽選でプレゼント実施中!!

当サイトは、パソコン・周辺機器・ソフトの比較サイトです。価格ではなく、機能・性能面について比較しているのが特徴です。

the比較 > パソコンの比較 > DELL > Inspiron M101z

DELL Inspiron M101zのレビュー

更新日:2010年11月21日
M101z
DELL Inspiron M101z

ネットブック買うよりコレ

価格はネットブック並みですが、ネットブックよりも性能が良い11.6型モバイルノートパソコンです。

デザインはビジネス向けというよりも、個人向けになっており、天板のカラーを選択できたり、パームレスト部分がメタリックな質感であったりします。

価格が安いため、CPU性能や液晶画面、重量などが気になると思いますので、その辺を中心にレビューします。

詳細はこちら:販売終息

DELL Inspiron M101zの基本スペックをチェック

まずは、Inspiron M101zの基本スペックをチェックします。ただし、2010年11月20日現在の情報です。

M101z

CPU
CPUは、AMD Athlon II Neo K125 または K325を選択可能です。本機は、K325を搭載しています。

メモリ
2~4GBまで選択可能です。本機のメモリは2GBです。

グラフィック
グラフィックスは、チップセット内蔵です。

光学ドライブ
光学ドライブ(DVDドライブなど)は搭載できません。

液晶ディスプレイ
11.6型の光沢液晶です。解像度は1366x768です。

その他
Webカメラ内蔵です。


ここがすごい! - ネットブックじゃなくても5万円台

DELL Inspiron M101zの最大の魅力は、ネットブックよりも、CPU性能、画面サイズ、解像度が優れているにも関わらず、ネットブック同等の5万円台で購入できる安さです(下表参照)。

ただし、ネットブックより劣る点もあります。それは重量です。ネットブックは約1.2kgであるのに対し、Inspiron M101zは約1.5kgあります。

  Inspiron M101z 一般的なネットブック
CPU Athlon II Neo Atom
画面サイズ 11.6型 10.1型
画面解像度 1366x768 1024x600
重量 約1.5kg 約1.2kg
価格 約50,000円 約50,000円


Inspiron M101zに搭載できるAthlon II Neo のCPUは、AtomのCPUよりは性能が良いです。参考までに両者のベンチマークを掲載します。ベンチマークは、PassMarkの結果を参照しています。Athlon II Neo K325なら、AtomのCPUよりスコアが倍以上高いことがわかります。ただし、CULVよりも性能は劣ります。

  Inspiron M101zに搭載できるCPU Atom N475 Celeron SU2300
(俗に言うCULV)
Athlon II Neo K125 Athlon II Neo K325
PassMark CPU ベンチ 447 762 338 909

ここがすごい! - 顔認証でログイン

Inspiron M101zは、顔認証でログインすることができます。パスワードを覚えなくても良いので便利です。

尚、顔認証を有効にしても、通常どおりパスワード入力すればログインできます。顔認証でもパスワードでもログインできるため(どちらの方法でもログインできるため)、セキュリティレベルは通常より落ちることになるのでご注意ください。

顔認証

液晶のチェック - 解像度が高い

安価なPCにしては、液晶はギラツキが少なく綺麗なほうです。ただ、灰色などの中間階調の再現はやや苦手です。11.6型液晶という小ささの割には、一般的な15.6型液晶と同じ1366x768の解像度があります。視野角は普通です。光沢液晶なので映り込みは激しいです。

画面・視野角

パフォーマンスのチェック - Atom以上CULV以下

本機のCPUは、Athlon II Neo K325を搭載していますが、プロセッサのスコアがAtomよりは良いですがCULVよりは悪いです。動画(DVD相当の画質)を再生したところ、CPU使用率が20~40%程度にまで跳ね上がりました。Core i3などであれば、5%程度しか消費しません。Atomよりちょっと良い程度だと思ってください。

Windows エクスペリエンスインデックス

Windowsエクスペリエンス

CrystalMark 2004R3ベンチ

CrystalMark

PassMark PerformanceTest 7.0ベンチ

PassMark

軽さのチェック - やや重い

Inspiron M101zの重量

重量は実測で1.567kgです。尚、本機は6セルバッテリを搭載しています。購入時に9セルバッテリを選択した場合は、もっと重くなります。

尚、10万円以上するようなモバイルノートの重さは約1.2kgです。それと比べたら、Inspiron M101zの重量はやや重いです。頻繁に持ち歩くなら、こちらのノートPCのほうが良いでしょう。

薄さのチェック - 普通

薄さ

薄さは、もっとも厚い部分を実測したところ、3.5cmでした。一般的な厚さでしょう。

バッテリ駆動時間のチェック - 普通

バッテリ

今回搭載している6セルバッテリの駆動時間を実測しました。電源コードを抜いた後、動画(DVD相当の画質)を1つ再生させ休止状態へ入るまでの時間を計測しました。

結果、3時間11分で休止状態へ入りました。

カタログ値では6時間36分となっていたので、4時間くらいは持つかなと思っていたのですが、意外と早く切れました。動画を再生させたときCPU使用率が約40%まで上がっていたので、CPU性能はそれほど良くないのだと思います。

キーボードのチェック - Altの位置が微妙

キーボードはアイソレーションタイプです。キーピッチは実測で、横が19mm、縦が18mmです。11.6型のノートにしてはキーピッチは広いでしょう。

キートップはほぼフラットですが、素材が滑りにくいため、それほど打ちにくいこともありません。

気になるのは、「Alt」キーの位置です。通常、AltキーはXキーの真下にありますが、Inspiron M101zのAltキーは、Zキーの下にあるため、ブラインドタッチをするとよく押し間違えます。Altキーを押しているつもりが、無変換キーを押していることがよくあります。

キーボード

また、マルチメディア向けのモバイルノートであるため、ファンクションキーの使い方が通常とは異なります。通常のキーボードは日本語入力の際に、F7を押すとカナになり、F9を押すと英字になります。一方、Inspiron M101zはF7を押すと消音になり、F9を押すと音量が上がります。カナ変換や英字変換をするときは、Fnキーを押しながら、F7やF9を押す必要があります

英語圏ではアルファベットのみなのでファンクションキーを押すことが少ないため、このような割り当てにしたのかもしれません。

M101zのファンクションキー画像

タッチパッドのチェック - 滑りにくい

タッチパッド

タッチパッドは使いにくいです。

指が乾燥しているときは操作できますが、指が湿っていると滑りにくくマウスを操作しづらいです。

モバイルノートはマウスを使わない機会も多いので、タッチパッドが使いづらいのは残念です。

表面温度のチェック - 普通

表面温度は普通です。

動画(DVD相当の画質)を1時間再生後の表面温度を計測した結果が次の通りです。一般的な温度だと思います。

表面温度

騒音のチェック - 普通

動作音はノートパソコンとして普通です。

アイドル時(PCを起動させただけの状態)の騒音が42.3dB、負荷をかけたときの騒音が44.5dBでした。負荷はベンチマークの実行および動画の再生をしてかけました。尚、私の部屋を極力無音にしても41.1dBはあります。

無反響室で測定したわけではないので全く正確な値ではありません。値は参考程度にしてください。

騒音

外観のチェック

外観のチェックです。メタリックな感じでかっこいいと思います。パームレスト部分は、つや消しのメタル仕上げで、見た目よりは指紋が付きにくいですが、レノボなどのボディと比べると付きやすいです。

外観(正面)

天板は、ブラック、ピーコックブルー、トマトレッド、ロータスピンクの中から選べます(2010年11月20日時点)。本機はピーコックブルーです。ブラック以外は模様も入っています。

外観(天版)

次は側面の端子です。HDMI端子があるのはいいですね。自宅では大画面の液晶テレビに接続して使うこともできます。

外観(側面)

ここはイマイチ - 頑丈さ・防滴

Inspiron M101zは、5万円台で購入できる安価なモバイルノートですが、レッツノートやThinkPad X201sなどの10万円以上するようなモバイルノートと何が違うかというと、頑丈さが最も異なります。Inspiron M101zは、カバンの中に入れておいて満員電車の中で押されたり、落下させたりしたとき、これらのノートよりも故障しやすいです。また防滴ではないので、水をこぼしたときにも壊れやすいです。

ここはイマイチ - WiMAXは内蔵不可

UQ WiMAXを内蔵できないのは残念です。UQ WiMAXはサービスエリアはまだ狭いですが、首都圏では十分使えるし、3,880円/月まで価格が下がりました。モバイルノートなら内蔵できて欲しかったです。

まとめ

DELL Inspiron M101zは、価格はネットブック並みなのに、性能はネットブックよりも良いモバイルノートパソコンです。10万円以上するような定番モバイルノートパソコンと比較すると、頑丈さ、性能、軽さなど様々な面で劣りますが、5万円台で購入できる気軽さから、学生や、たまにしかモバイルノートは使わないような方に良いのではないでしょうか?

まとめると、DELL Inspiron M101zは、次のようなメリットがります。

こんなあなたにおすすめです。


DELL Inspiron M101z は店頭ではなかなか売っていません。 
ご購入は DELL直販店からどうぞ。

購入はこちら:Inspiron M101z

 

ウイルス・ネット詐欺撲滅活動! - パソコンへセキュリティソフトを必ず入れましょう!