会員登録

今なら抽選でプレゼント実施中!!

当サイトは、パソコン・周辺機器・ソフトの比較サイトです。価格ではなく、機能・性能面について比較しているのが特徴です。

the比較 > パソコンの比較 > DELL > ALIENWARE 13(R3) > まとめ

デル ALIENWARE 13(R3)の実機レビュー(2)

更新日:2017年3月13日
前へ 1 2  
  目次  

 

以下、静音性、パーツの温度、表面温度、消費電力を計測していますが、搭載するパーツの種類によって結果は変わります。

静音性のチェック

本機の動作音(静音性)のチェック結果です。

低負荷時は、「Core i5+GTX 1050」の構成でも、「Core i7+GTX 1060」の構成でもほとんど動作音はしません。

ゲーム中は、他のゲーミングノートPCと比較して、「Core i5+GTX 1050」の場合は"やや低め~普通"の動作音で、「Core i7+GTX 1060」の場合は"普通~やや高め"の動作音です。




騒音値の計測結果
計測機器:リオン NL-42K、部屋を極力無音にしたときの騒音値:20.0dB

パーツの温度のチェック

各パーツの温度のチェック結果です。もし、あまりにも温度が高いと、パーツの寿命や動作の安定性に影響します。

「Core i5+GTX 1050」の構成の場合は、CPU温度、GPU温度とも低めです。

「Core i7+GTX 1060」の構成の場合は、CPU温度、GPU温度ともやや高めです。




表面温度のチェック

本体の表面温度のチェック結果です。もし、表面温度が高すぎると、作業中に手のひらが熱くなり、不快になります。

どちらの構成も、ゲーム中は全体的に温度が高めです。特に、キーボード部分の温度が高く、触るとやや熱く感じます。パームレスト部分の温度もやや高めですが、パームレストの素材のおかげか、温度に比べるとそれほど不快感はないです。




消費電力のチェック

消費電力のチェック結果です。数値は変動しますが、確認できた最も高い数値を掲載しています。

普通のノートPCよりは高い消費電力ですが、高性能なグラフィックスを搭載している割には、消費電力は抑えられていると思います。




外観のチェック

外観のチェックです。

FHD液晶のモデル

まずは、FHD液晶のモデルの外観です。FHD液晶搭載時は、ベゼルと液晶に段差があります。

ボディは、アルミニウム、マグネシウム合金などを融合して形成され、高級感があり頑丈です。

また、新デザインのAlienwareは、背面のヒンジ周りが大きく変わっており、背面のインターフェースや排気口が大きく出っ張った形になっています。

 

天板です。

 

背面の排気口です。

 

スピーカーは左右の側面に配置されています。音質は普通です。

 

Webカメラは液晶上部に搭載されています。

 

天板を閉じたときの画像です。従来製品よりも薄くなりましたが、それでも通常のノートPCよりは分厚いです。

 

底面です。

 

液晶が開く最大角度です。

 

右側面のインターフェースの画像です。USB 3.0 Type-C、USB 3.0 Type-Aのポートがあります。

 

左側面のインターフェースの画像です。USB 3.0 Type-A、マイク、ヘッドホンポートがあります。

 

背面のインターフェースの画像です。LAN、Mini-DisplayPort 1.2、HDMI、Thunderbolt 3兼USB3.1 Type-C、Alienware Graphics Amplifier接続用ポート、電源ポートがあります。

 

底面カバーを開けたときの画像です。小型なPCですが冷却ファンは2つ搭載されています。

 

搭載されていたメモリです。スロットは2つあります。

 

搭載されていたM.2 SSDです。こちらもスロットは2つあります。

QHD有機ELのモデル

続いてQHD有機ELを搭載したモデルです。こちらはベゼルと液晶がガラスで覆われており、段差がなくフラットで、光沢感があります。

その他の部分については、上のFHD液晶モデルと一緒です。

ACアダプター

ACアダプターは背面に接続します。

 

グラフィックスによって、同梱されるACアダプターが異なります。GTX1050のときは130WのACアダプターが、GTX1060のときは180WのACアダプターが搭載されていました。

130WのACアダプターのほうがやや薄くなっていますが、その他の辺の長さはほぼ変わりません。

Dell Alienware 13 VindicatorバックパックV2.0

ALIENWARE 13には、オプションで専用のDell Alienware 13 VindicatorバックパックV2.0も販売されています。

 

パソコンを収納する背面側の収納部には分厚いクッションが入っており、パソコンを衝撃から保護します。

 

ALIENWARE 13が余裕で入ります。

 

パソコンを収納する場所のファスナーのみ水色になっており、どこにパソコンが収納されているかが分かりやすくなっています。

 

真ん中の収納部にはポケットが2つもあります。書類などを入れるときに便利でしょう。

 

一番外側の収納部です。ここには、ヘッドホンを収納できるストラップが付いています。

 

ACアダプターや小物を入れるためのケースも付属しています。

 

ショルダー部分は体にフィットするような形状になっており、長時間でも背負いやすいようになっています。

 

外側には、ALIENWAREのロゴが控えめに付いています。大きな文字で「ALIENWARE」などと書いていないので、恥ずかしさもないです。

まとめ

以上が、ALIENWARE 13 R3のレビューです。

13.3型液晶を搭載した、ゲーミングノートPCとしては小型なパソコンです。持ち運んで、外出先でゲームをする方には便利でしょう。バッテリー駆動時間も比較的長いです。

グラフィックスもエントリー~ミドルクラスのGeForce GTX 10シリーズを搭載可能です。GTX 1060を搭載すればVRも動作可能です。

液晶はFHD液晶でも十分見やすいと思いますが、QHD有機ELを搭載すれば、色鮮やかで、残像も少なく、遅延もそれほど感じず、ゲームをするにはメリットが多いです(ただしQHD有機ELは光沢)。

また、キーボードも打ちやすく、Nキーロールオーバーにも対応しゲームにも最適です。

欲を言えば、もう少し軽かったら良かったと思います。2kg前後の質量であればベストでした。

詳細はこちら
メーカー直販サイト:
alienware-13-laptop(2017/1/20発売)