会員登録

今なら抽選でプレゼント実施中!!

当サイトは、パソコン・周辺機器・ソフトの比較サイトです。価格ではなく、機能・性能面について比較しているのが特徴です。

the比較 > パソコンの比較 > DELL > Inspiron 17 5000

デル Inspiron 17 5000の実機レビュー

更新日:2014年7月9日

はじめて動画・画像編集をする方に

Inspiron 17 5000は、はじめて動画編集・画像編集をやってみようと思っている方に適したノートパソコンです。

GeForce 840Mの専用グラフィックスに、作業しやすい17.3型の大画面液晶を搭載し、さらにAdobe Premiere Elements 12 & Adobe Photoshop Elements 12まで付属しています。購入して、すぐに動画・画像編集を始められるような構成になっています。

また、この構成で、89,980円(税・送料込)という安さも魅力です。

メーカー直販サイト:New Inspiron 17 5000

※レビュー機はメーカーからの借用製品です

目次

Inspiron 17 5000の基本スペック

Inspiron 17 5000の基本スペックをチェックします。特徴的な部分は赤字にしています。※2014年7月9日時点の情報です。時期が経つと選択できるパーツは異なる可能性があります。詳細はメーカーサイトでお確かめ下さい。

また、発売後、しばらくの間は製品名に「New」が付いて、「New Inspiron 17 5000」という名前になります。後継機種が出るタイミング等で、この「New」の文字は消えます。

CPU
Haswell RefreshのCore i7-4510Uを搭載しています。
グラフィックカード
GeForce 840Mです。
 
液晶ディスプレイ
17.3型ワイド光沢液晶です。解像度はHD+(1600x900)です。
メモリ
8GBです。
 
ハードディスク/SSD
1TB HDDです。SSDは選択できません。
 
光学ドライブ
スロットイン式のDVDスーパーマルチドライブです。
バッテリー駆動時間
標準バッテリーは4セル(約40WHr)です。駆動時間は不明です。
テレビチューナー
内蔵テレビチューナーは搭載していません。
 

特徴1 - すぐ動画・画像編集を始められる構成

Inspiron 17 5000は、GeForce 840Mの専用グラフィックスに、17型大画面を搭載し、さらにAdobe Premiere Elements 12 & Adobe Photoshop Elements 12を付属したクリエイティブ向けのエントリーパソコンです。

すぐに動画編集、画像編集ができるような構成になっています。はじめて動画編集、画像編集をしようと思っている方に適したパソコンです。なお、Adobeのソフトは、プレインストールされておらず、「Digital Delivery」というプログラムを通して、ダウンロードしてインストールします。


Digital Deliveryの画面

 

はじめて動画・画像編集を行う方には適したPCですが、頻繁に行うようになってくると、少し物足りない構成でもあります。頻繁にする方は、(ノートパソコンの場合)本機搭載の"Uシリーズ"のCore i プロセッサーではなく、"MQシリーズ"を搭載したPCのほうが良いと思います。また、ストレージはHDDではなくSSD、メモリもデュアルチャネルの16GBはあったほうが良いと思います。

特徴2 - Adobeソフト付属で89,980円~

Adobe Premiere Elements 12 & Adobe Photoshop Elements 12のソフトは、個別に買うと約19,800円(定価)する製品です。

本製品は、このソフトを付属しながら、89,980円から購入可能なコストパフォーマンスの高さも魅力の1つです。

液晶ディスプレイのチェック

液晶ディスプレイのチェックです。

視野角はそれほど良くありません。


視野角(斜めから見たときの見やすさ)

 

カラーマネージメントツールによるガンマ補正曲線を確認すると、青色が下方へ補正され、赤色が上方へ補正されています。このことから、実際の画面は寒色系であることが分かります。



※見方の詳細については、miyahan.com様、DOS/V Power Report様のページをご確認ください

 

ノートPCの中では、色域は普通です。


ガモット図
※ i1 BASIC PROでICCプロファイルを作成後、MacのColorSyncユーティリティでグラフを作成

画素形状はシンプルです。ギラつきなどは感じません。


キーボードおよびタッチパッドのチェック

キーボードとタッチパッドのチェックです。

実測で、キーピッチは横:約19mm×縦:約18.5mmと十分な広さです。キーストロークは約1.5mmと若干浅めですが、すぐに慣れると思います。普通に打てるキーボードです。


キーボード全体図


キーの拡大図1


キーの拡大図2

タッチパッドおよびクリックボタンの操作性も普通です。


タッチパッド

パフォーマンスのチェック

パフォーマンスのチェックです。

CPUは、モバイルノートパソコンでよく使用されるUシリーズCore i プロセッサーです。MシリーズまたはMQシリーズではないため、据え置きタイプのPCの中では、少し性能が劣ります。グラフィックスはエントリークラスではありますが、専用グラフィックスのGeForce 840Mを搭載しています。ストレージはHDDのみでSSDを選択できません。メモリは8GBありますが、シングルチャネルです。

総じて言うと、グラフィックス性能はやや良いですが、あとは一般的な処理性能のパソコンです。

以下に、Core i7-4510U、8GBメモリ、1TB HDD、GeForce 840Mの構成でのベンチマーク結果を掲載します。

PassMark Performance Test 8.0

3DMark

 

PCMark 8

動画のエンコード時間

TMPGEnc Video Mastering Works 5 によるエンコード時間
  Core i7-4510U
GeForce 840M
x264でエンコード 30分10秒
クイック・シンク・ビデオでエンコード 12分39秒
CUDAでエンコード 実行できず
AVCHDの動画(ファイルサイズ:1.54GB、再生時間:約13分、解像度:1920x1080)を、
iPhone 4で視聴可能なMPEG-4 AVC(解像度:1280x720)へ変換

ストレージのベンチマーク


1TB HDD

ゲームベンチマーク

GeForce 840Mを搭載した本機でのゲームベンチマーク結果です。ドライバーバージョンは「332.35」です。

インテルHDグラフィックス4400よりは良いスコアです。解像度やグラフィックス設定を低めにすれば、プレイできるゲームが多いでしょう。ただし、通常のGeForce 840Mよりもやや低めのスコアでした。

なお、いつもは1280x720と1920x1080の解像度でテストしていますが、今回は液晶解像度が1600x900であったため、1280x720と1600x900の解像度でテストしています。

ゲームベンチマーク
製品名 デル Inspiron 17 5000
基本スペック Core i7-4510U
GeForce 840M
重めの
ゲーム
ロストプラネット 2(テストB) 1600x900
RANK C(27.1fps)
1280x720 RANK B(33.7fps)
ファイナルファンタジー XIV (旧) 1600x900 ― (設定できない)
1280x720 3041(やや快適)
中程度の
重さの
ゲーム
ファイナルファンタジー XIV 新生エオルゼア
キャラクター編 (最高品質)
1600x900
2269(普通)
1280x720 3228(やや快適)
ファイナルファンタジー XIV 新生エオルゼア
キャラクター編 (標準品質 ノートPC)
1600x900
5217(とても快適)
1280x720 7122(非常に快適)
ファンタシースターオンライン2 ver.2 1600x900
2958(標準)
1280x720 5201(快適)
バイオハザード6 1600x900
RANK C(2993)
1280x720 RANK B(3961)
モンスターハンターフロンティア 第三弾(大討伐) 1600x900
3252
1280x720 4684
軽めの
ゲーム
ドラゴンクエストX(標準品質) 1600x900
― (設定できない)
1280x720 8206(とても快適)
デビルメイクライ4 1600x900
RANK A
1280x720 RANK S

 

GPU-Zで確認したGeForce 840Mの情報は次の通りです。


GeForce 840Mのグラフィックカードのスペック

カードリーダー/ライターのチェック

内蔵カードリーダー/ライターの速度のチェックです。

あまり速くはありません。


 

 


  1 2 次へ
  目次