会員登録

今なら抽選でプレゼント実施中!!

当サイトは、パソコン・周辺機器・ソフトの比較サイトです。価格ではなく、機能・性能面について比較しているのが特徴です。

the比較 > パソコンの比較 > デル >  Inspiron 15R(5520)

デル Inspiron 15R の実機レビュー(2012年発売モデル)

2013年1月8日
後継機種のNew Inspiron 15Rが発売されました。
後継機種はCPUがウルトラブックに採用されている超低電圧版になっています。
詳細はこちら→「New Inspiron 15R

更新日:2012年8月19日

高いコストパフォーマンス

Inspiron 15Rは、デル社の売れ筋の15.6型ノートパソコンです。

インテル第3世代CPUのCore i5-3210Mを搭載しながら、約5万円で購入できるコストパフォーマンスの高さが特徴です。

また、24時間365日、PC本体やOSだけでなく、Microsoft Officeなどの他社ソフトウェアの電話サポートを実施している点も特徴です(ただし全てのソフトウェアではありません)。

ここまでのサポート内容を提供しているメーカーは他にありません。外資メーカーに不安のある方もいると思いますが、安心して使えると思います。

メーカーHP: Inspiron 15R

※レビュー機はメーカーからの貸出機です

目次

Inspiron 15R の基本スペック

本機の基本スペックを紹介します。※2012年8月16日時点で構成できるパーツです。BTOという性質上、選択できるパーツは時期によって変わります。特にDELLのPCは変わりやすいので、詳細はメーカーホームページでご確認下さい。

CPU
インテル第2または第3世代プロセッサーを搭載可能です。本機はCore i5-3210Mです。
グラフィックカード
インテル HD グラフィックス です。
 
液晶ディスプレイ
15.6型ワイド(光沢、1366x768)の液晶です。
メモリ
選択式です。本機は4GBです。
 
ハードディスク
選択式です。本機は500GBです。
 
SSD
選択できません。
 
光学ドライブ
DVDスーパーマルチ、BRディスクドライブを選択可能です。本機は DVDスーパーマルチです。
バッテリ駆動時間
バッテリ駆動時間のメーカー公表値は非公開です。

特徴1 - 高いコストパフォーマンス

本機は、第3世代インテルCPUのCore i5-3210Mを搭載しながら、約5万円で購入できるコストパフォーマンスの高いPCです。クアッドコアのCore i7-3612QMを搭載しても6万円台で購入できます。
※価格は2012年8月18日の情報です。価格は時期によって変更されます。

特徴2 - 24時間365日電話対応

PC初心者の方は、国産メーカーではないPCに対して、サポート面に不安を覚える方もいると思います。

しかしデルなら、24時間365日電話サポートという充実したサポートを受けることができます。ハードウェアやOSだけでなく、Microsoft Officeなどの他社製ソフトウェアのサポートも実施しています(すべてのソフトウェアが対象ではありません)。しかも、サポートは国内(宮崎)の日本人スタッフによって行われているため安心です。このようにサポート内容は国産メーカーよりも手厚いと言えます。

PCに詳しくない方は、是非、こちらのサポートに加入することをお勧めします。

詳細はこちら → パソコン購入前サポート&保証プラン(個人向け)

液晶ディスプレイのチェック

Inspiron 15Rの液晶ディスプレイのチェックです。

「普通のノートPC用光沢液晶」というのが私の感想です。


正面からの画像

 

詳細を見ていきます。

広い視野角ではありません。多くの他のノートPCと同等です。


視野角(斜めから見たときの見やすさ)

 

ガンマ補正曲線を確認すると、青色がやや低めで、赤が高めに調整されています。やや寒色系の画面ですが、一般的なユーザーにはちょうど良い色あいに感じるのではないかと思います。

※同じパネルでも調整具合はやや異なります。また異なるパネルが搭載される可能性もあります



※見方の詳細については、miyahan.com様、DOS/V Power Report様のページをご確認ください

 

色域は、ノートパソコンとしては標準的な広さだと思います。


 

画素はシンプルな形状で、ギラつき感などはありません。


キーボードとタッチパッドのチェック

キーボードのチェックです。

やや"たわみ"はあるものの、キーピッチは実測で横:約19mm × 縦:18mmと十分あり、キーストロークは実測で約2mmと十分な深さです。また、キートップも湾曲しており、滑りにくい素材であるため、比較的打ちやすいキーボードであると思います。

「Enter」や「BackSpace」キーが右端にありませんが、キー自体が大きいため、打ち間違えることはほぼありません。

テンキーは搭載されていませんが、その分、手のホームポジションが画面中央にくるため姿勢は良くなります。


キーボード全体図


キーの拡大図

 

タッチパッドとクリックボタンは分離しています。タッチパッドの動かしやすさは普通です。クリックボタンは大きく、軽い力で押すことができます

ただ、本機はマウスを使う方が大半でしょう。マウスを使う方は、Fn+F3でタッチパッドを無効にすると良いでしょう。


タッチパッドとクリックボタン

総合ベンチマーク

Core i5-3210Mを搭載した Inspiron 15Rのベンチマーク結果です。

いずれも標準的なスコアだと思います。

Windows エクスペリエンス インデックス

PassMark Performance Test 7.0

3DMark06(1.2.0 1901)


1280x720で実行

動画のエンコード時間のチェック


ペガシス TMPGEnc Video Mastering Works 5

動画のエンコード時間のチェックです。

TMPGEnc Video Mastering Works 5でエンコードしたところ、x264使用時は31分42秒、クイック・シンク・ビデオ使用時は13分04秒でした。

標準的な時間かなと思います。ただし、エンコードをよくするなら、4コアCPUのCore i7-3612QMのほうが良いと思います。


TMPGEnc Video Mastering Works 5 によるエンコード時間
エンコード方法 エンコード時間
x264でエンコード 31分42秒
クイック・シンク・ビデオでエンコード 13分04秒
AVCHDの動画(ファイルサイズ:1.54GB、再生時間:約13分、解像度:1920x1080)を、
iPhone 4で視聴可能なMPEG-4 AVC(解像度:1280x720)へ変換

カードリーダー/ライターのチェック


SDカード挿入後の外観
右のカードはダミーカバー

カードリーダー/ライターの対応カードおよび速度のチェックです。

カードは手前側に挿入します。挿入後の出っ張りはほぼありません。

対応しているカードは次の通りです。xDカードに対応しているのがかなり珍しいです。

対応カード SD(SDHC、SDXC含む)、MMC、MMC+
メモリースティック(MS)、MS Pro、xD

 

SDカード挿入時のCrystalDiskMarkのベンチマーク結果です(下図)。速度はあまり速くありません。


 

 

  1 2 次へ
  目次