会員登録

今なら抽選でプレゼント実施中!!

当サイトは、パソコン・周辺機器・ソフトの比較サイトです。価格ではなく、機能・性能面について比較しているのが特徴です。

the比較 > タブレットの比較 > Xperia Tablet Z

ソニー Xperia Tablet Zの箱出しレビュー

更新日:2013年4月12日

実機レビュー記事を公開しました:ソニー Xperia Tablet Z(Wi-Fiモデル)の実機レビュー

 

ソニーストアで予約していたXperia Tablet Zが本日到着しました。

以前、「Xperia(TM)ワールド タッチ&トライ ブロガーミーティング」に参加した際に、実機を触る機会があり、そのときはかなり質の良いタブレットであると感じました。

Xperia Tablet Zの特徴を簡単に書くと、バッテリ容量がやや少なめですが、非常に薄くて軽い製品です。画面解像度も高く画像や文字が見やすいです。

詳細なレビューは3,4日後に掲載するとして、今回は箱出しレビューを行います。

 

箱を開けるとタブレットが見えます。iPadに近い箱への入れ方です。

 

他のタブレットは、本体を包む透明フィルムをはがすと、同じようにフィルムで包むことが困難な場合が多いです。一方、Xperia Tablet Zは透明フィルムに粘着面がなく、袋のような形になっており、透明フィルムに元通りにしまうことが容易です。



 

液晶面にも保護フィルムが貼ってあるので剥がします。

 

タブレット本体の画像です。電源投入後の画像は、後日掲載するレビュー記事で紹介します。

 

本体は非常に薄いです。他のタブレットと比べても格段に薄いです。

 

さらに非常に軽いです。ちなみにiPad Retina ディスプレイモデルは 約652gですが、Xperia Tablet Zは 約495g となっています。

 

裏面は滑りにくい素材になっており、持ちやすいです。

 

箱の中身です。

 

micro USBケーブルです。充電やPCとの接続に使用します。

 

ACアダプターです。

 

micro USBケーブルはACアダプターの側面に接続します。

 

資料類です。

 

こんな内容です。詳しい操作マニュアルはありません。

 

今回、別売りのクレードルも購入しています。

 

クレードルを開梱します。

 

タブレット全体を包み込むようなタイプなので、かなり横長です。

 

このクレードルに、本体付属のmicro USBケーブルを接続して使用します。

 

こんな感じです。

 

Xperia Tablet Zをクレードルに接続してみた画像です。


 

また、Wireless Speakerも購入しています。

 

かなり小さいです。こちらも別記事でレビューします。

 

今回は、箱から出すだけのレビューでしたが、後日詳細なレビュー記事を掲載します。

製品情報はこちら > ソニー XPERIA Tablet Z のページ

他のタブレットも含めた比較ページはこちら > タブレットの比較

実機レビュー記事を公開しました:ソニー Xperia Tablet Z(Wi-Fiモデル)の実機レビュー