会員登録

今なら抽選でプレゼント実施中!!

当サイトは、パソコン・周辺機器・ソフトの比較サイトです。価格ではなく、機能・性能面について比較しているのが特徴です。

the比較 > タブレットの比較 > XPERIA Tablet Z

SONY XPERIA Tablet Zの展示機レビュー

更新日:2013年1月23日

2013年1月22日、Xperia(TM)ワールド タッチ&トライ ブロガーミーティングに参加して参りました。

発表されたばかりのXPERIA Z(スマートフォン) とXPERIA Tablet Z(タブレット)の紹介がありました。本サイトではスマートフォンの紹介はしていないため、ここではタブレットのXPERIA Tablet Zのみ紹介します。

XPERIA Tablet Zの特徴

スライドから紹介します。

 

「IDENTITY」、「ADVANTAGE」、「INNOVATION」の3つの観点から製品を紹介していました。

IDENTITY

本製品は、背面がブラックとホワイトの2つのカラーバリエーションを揃えています。背面はマットな素材になっており、触っても指紋跡などがつきにくいです。

 

薄さは約6.9mm、重さは約495gと非常に薄くて軽いです。

 

Movie、アルバム、WALKMANといったXperiaならではのアプリケーションが搭載されています。これらのアプリは使いやすいようにタブレット用にカスタマイズされています。

 

ノートアプリケーションを使えば、写真や動画、Webを切り取って編集することができます。

ADVANTAGE

1920x1200の解像度の10.1インチ液晶を搭載しています。

 

タブレットとは思えない臨場感あるサウンドを楽しめます。

 

独自の裏面照射型構造を採用したCMOSセンサー“Exmor R”のカメラを搭載しています。大画面で被写体を確認しながら撮影することが可能です。

INNOVATION

NFCの技術を利用し、タブレット(やスマートフォン)をかざすだけで何かを実行できる機能がたくさんあります。

 

One-touch sharingは、対応スマートフォンをタブレットにかざすだけで、画像がタブレットへ転送される機能です。

One-touch listeningは、タブレット等を、スピーカーへかざすだけで、スピーカーから直接音楽が出る機能です。

One-touch backupは、タブレット等を、別売りストレージへかざすだけで、データをバックアップする機能です。

One-touch mirroringは、タブレットをかざすだけで、タブレットの映像をテレビなどへ飛ばす機能です。

 

対応機器なら、リモコンとして使用することも可能です。

 

タブレットは基本的に1つのアプリの画面しか表示できませんが、XPERIA Tablet Zは、小さいウィンドウでもう1つアプリを表示させることができます。例えば、Webショッピングしているときに電卓のアプリを起動して料金などを計算することが可能です。

 

Xi、防水防塵、nottvに対応しています。CPUは1.5GHzクアッドコア、OSはAndroid 4.1です。

 

卓上ホルダも付属します。

実機を試す

実機を触ってみましたが、非常に薄くて軽いのが印象的でした。

iPadの重量が約662gであるのに対し、XPERIA Tablet Zは約495gです。持っていて明らかに軽さが違います。

 

本体は裏面も完全にフラットで非常に薄いです。卓上スタンドも薄くスタイリッシュです。

 

側面の画像です。各部名称はこちらをご覧下さい。

下図は左右の側面(短い側面)です。

 

下図は上下の側面(長い側面)です。メモリカードはmicroSDカードを挿入可能です。

 

液晶の確認です。高精細で鮮やかな液晶です。ただし、仕方ないですが映り込みはあります。

 

IPS液晶であるため視野角は非常に良いです。

 

別売りでレザーケース付きBluetoothキーボードも発売される予定です。

 

ワンセグも視聴可能です。

 

開いているアプリの他に、他のアプリを小さいウィンドウで呼び出すことができます。下の図はワンセグアプリの上に、ブラウザのアプリを小さいウィンドウで開いています。画面下のタスクバーのアイコンから呼び出せます。なお、XPERIA Tablet Zの場合は、全てのアプリをこのウィンドウで表示できるようです(スマホは一部のアプリのみ)。

 

撮影禁止となっていましたが、ソニーのブルーレイレコーダーで録画した番組を視聴することができます。また、ライブ視聴も可能です。録画再生およびライブ視聴時は720p(1280×720、最大約6Mbps)で転送されます。

また、タブレットへダウンロードしてから視聴することも可能です。このときはVGA画質(640x480)となるそうです。

 

本機は、NFCを使ったタッチ機能が数多くあります。

NFC対応のスマートフォンを、XPERIA Tablet Zへタッチするだけで、スマートフォンからタブレットへ画像をコピーすることができます。

 

下図のような感じで、画像が受信されます。

NFC対応スピーカーにタブレットをタッチすると、タブレットで再生中の音楽データがスピーカーへ転送され、スピーカーから再生することが可能です。

 

別売りのストレージへXPERIA Tabletをかざすだけで、データをバックアップすることも可能です。バックアップされるデータは画像および動画ファイルとなります。ストレージは1TBとなっています。詳細はパーソナルコンテンツステーションをご覧ください。

 

プリインストールアプリです。

最後に

今回紹介したXPERIA Tablet ZはNTTドコモから発売されます。

薄くて、軽くて、防水で、高画質で、高性能で、機能も充実した魅力的な製品であると感じます。

ただし、残念ながら、Wi-Fi版の発売は今のところ予定されていません。筆者はドコモユーザーでないので非常に残念です。いくら軽いとは言え、10インチクラスの大画面タブレットは室内で使われることが多く、XiではなくWi-Fiでも十分なユーザーは多いと思います。ソニーストアまたはXperia Store限定でも良いのでWi-Fi版の発売を切望します。今回のイベントに参加されていた方も、「Wi-Fi版は発売されないのか?」という質問が聞こえてきました。大人の事情があるとは思いますが、是非、Wi-Fi版の発売を検討していただきたいものです。

2013年2月26日 追記:XPERIA Tablet ZのWi-Fi版が発表されました!先行予約販売は2月28日からとなっています。

製品レビューページはこちら > ソニー XPERIA Tablet Z(Wi-Fiモデル)の実機レビュー

 

詳細はこちら
安心のメーカー直販サイト:ソニー Xperia Tablet Z(Wi-Fiモデル) icon