会員登録

今なら抽選でプレゼント実施中!!

当サイトは、パソコン・周辺機器・ソフトの比較サイトです。価格ではなく、機能・性能面について比較しているのが特徴です。

the比較 > タブレットの比較 > Microsoft Surface RT

Microsoft Surface RTの展示機レビュー

更新日:2013年3月15日

2013年3月15日、マイクロソフト社主催のSurface RT 発売レセプションが開催されました。

実機を触ってきましたので、簡易的にレビューします。

特徴1 - キーボード付きカバー装着可能

Surface RTは、キーボード付きカバーが、純正オプションとして販売されている点が特徴の1つです。

iPadやAndroidタブレットでも、サードパーティー製でキーボード付きカバーは売られていますが、割と重かったり、Androidタブレットに関してはカバーが汎用的に作られているため、タブレットとサイズが合わなかったりします。

一方、Surface RTの純正キーボード付きカバーは、軽くてサイズもぴったりです。

薄くてカラバリの多いタッチカバー

キーボード付きカバーは2種類用意されています。

その1つは「タッチカバー」です。約3mm、約209gと薄くて軽いですが、感圧式のキーボードであるため、キーを素早く打つには慣れが必要です。筆者も試してみましたが、やや打ちにくいと感じました。

 

なお、国内では、上の「ブラック」の他に、「シアンブルー」、「ホワイト」が用意されています。

キー入力が快適なタイプカバー

もう1つのキーボード付きカバーは「タイプカバー」です。約6mm、約250gとタッチカバーに比べて、やや厚くて重いですが、普通のキーボードと似た感覚で素早く打つことができます。

 

タイプカバーとタッチカバーを並べて薄さを比較したのが下の画像です。仕様上では3mm違いますが、見た目はほとんど変わりません。個人的には、タイプカバーのほうが好みでした。

特徴2 - キックスタンドで立て掛けられる

Surface RTは、背面にキックスタンドが付いています。キックスタンドを出せば、タブレットを斜めに立て掛けることができます。

筆者は、新幹線の中で子供がぐずったときに、タブレットでプリキュアの動画を見せたりしますが、手で長時間持っているのが辛いです。スタンドも持っていけばいいのですが、ついつい忘れてしまいます。Surface RTのように本体にスタンドが付いていると便利だと感じます。

特徴3 - "フルサイズ"のUSB2.0搭載

Surface RTは、フルサイズのUSB2.0を搭載しています。

他のタブレットはUSBポートがないか、microUSBが搭載されています。microUSBの場合、変換アダプターを接続しなくてはUSB機器を接続できないので不便です。本製品であれば、USB機器をそのまま接続することができます。

仕様

最後に仕様です。

本製品はWindows RTであるため、Windows用ソフトの全てをインストールすることはできません。Windows ストアから入手できるアプリのみインストール可能です。ただし、Office RTが付属してくるのは強みです。

画面解像度や、重量、バッテリ駆動時間は普通です。

基本スペック
  Microsoft Surface RT
OS Windows RT
アプリ Office 2013 RT (Word、PowerPoint、Excel、および OneNote) など
※Windows ストアから入手できるアプリでのみ動作します。
液晶 10.6型(1366x768)
CPU クアッド コア NVIDIA Tegra 3
メモリ 2GB
ストレージ 32GB / 64GB
重量 約 675 g
バッテリ駆動時間 約 8 時間
防水 ×
カメラ 720p HD LifeCam x 2 (前面/背面)
USB USB2.0×1
メモリカード microSD
HDMI ×

感想

タブレット本体の仕様は普通ですが、純正のキーボード付きカバーを付けられる点や、キックスタンドが搭載されている点は良いと思います。また、Office RTがインストールされているので、Office大好きユーザーには良いでしょう。

ただ、「Windows RTかぁ~」というのが筆者の本音です。Windows 8 であれば、無数に存在するフリーソフトをインストールすることができますが、Windows RTではWindowsストアからしかアプリをインストールできず、iPadやAndroidタブレットよりインストールできるアプリ数が少なくなってしまいます。

なお、海外ではすでに発売されているWindows 8 搭載のSurface Proですが、国内での発売予定はまだないとのこと。ただし、そのうち発売するような雰囲気はありました。

なお、Surface RTは、販売されている場所が限られています。どの店でも価格は同じです。ビックカメラ.com iconなどから購入可能です。