会員登録

今なら抽選でプレゼント実施中!!

当サイトは、パソコン・周辺機器・ソフトの比較サイトです。価格ではなく、機能・性能面について比較しているのが特徴です。

the比較 > タブレット > イオン得するタブレット(MediPad M1 8.0 403HW)

イオン得するタブレット(MediPad M1 8.0 403HW)のレビュー

更新日:2015年3月25日

実質0円になることも

「イオン得するタブレット」は、タブレット+通信費込で、月額2,180円(税抜)で利用できる商品です。

「イオンネットスーパー」、「イオンショップ」、「イオンdeドラッグ」ネットショッピングサイトでよく買い物をする方は、特にお得なタブレットです。

毎月50,000円以上買い物をする方は実質月額0円でタブレット+データ通信を利用可能です。

なお、タブレットは、Huawei製のMediPad M1 8.0 403HWです。

メーカーサイト:イオン得するタブレット

※レビュー機はメーカーからの貸出機です

「イオン得するタブレット」とは?

「イオン得するタブレット」は、タブレット+通信費込で、月額2,180円(税抜)で利用できる商品です。最大下り75Mbpsで、毎月3GBまで高速データ通信が可能です。

月額2,180円の内訳は、タブレットが1,200円x24回払い[合計28,800円]、通信費が980円x24回払い、となっています。

タブレットは、Huawei製のMediPad M1 8.0 403HWの製品で、価格.comの最安値が28,060円であったため妥当な価格と言えます。

通信費は、高速データ通信容量が3GBで月額980円ということで、安いと思います。ただし、最大150Mbpsではなく75Mbpsであるという点と、3GBを使いきった後の速度制限時の速度が200kbpsではなく、128kbpsという点は注意が必要です。

詳細は、「イオン得するタブレット」をご覧ください。

イオンで毎月たくさん買い物をすれば実質0円

ネットショッピングサイトの「イオンネットスーパー」、「イオンショップ」、「イオンdeドラッグ」でたくさん買い物をすると、高還元率のネットWAONポイントがもらえます。

月額30,000円以上の買い物で1,177ポイント、月額50,000円以上の買い物で2,354ポイントとなります。1ポイント=1円であるため、月額50,000円以上買い物をすれば、2,180円(税込で2,354円)のタブレット+通信費込が実質0円になります。

詳細は、「イオン得するタブレット」をご覧ください。

タブレット(MediPad M1 8.0 403HW)の仕様

以下、MediPad M1 8.0 403HWのタブレット本体について、簡単にチェックしていきます。

本製品の仕様は次の通りです。特徴的な部分は赤字にしています。

液晶解像度は1280x800、メモリは1GB、内部ストレージは8GBと、最新のタブレットと比較すると、全体的にスペックはやや低めです。

MediPad M1 8.0 403HWの主な仕様
  MediPad M1 8.0 403HW
OS Android 4.4
液晶 8インチ (1280x800
プロセッサー Kirin910(1.6GHz Quad-Core)
メモリ 1GB
内部ストレージ 8GB
バッテリー 4800mAh
カメラ OUT:500万画素 、IN:100万画素
防水 / 防塵 なし
主なスロット microSD、micro USB
重量 約340g

Webページを見る

Webページ閲覧時の快適性のチェックです。

8インチタブレットの場合、片手で持って、縦位置(画面を縦長にした状態)でWebページを表示することが多いと思いますが、そうすると解像度が低いため、文字がややぼやけて見えたり、潰れて見えたりします。ただし、横位置で表示したときは、文字はぼやけずハッキリと見ることができます。


縦位置表示で、当サイトを閲覧したときの文字の綺麗さ(Y!ブラウザーで表示)

テレビや動画配信を観る

テレビのライブ視聴や動画配信サービスを視聴できるかのチェックです。

視聴できないサービスもありましたが、OSのアップデートや設定変更によって、視聴可能になるものもあるかもしれません。

nasneを使ってテレビ視聴

ソニー製「nasne」は動作しませんでした。

PIX-BR310Lを使ってテレビ視聴

ピクセラ製「PIX-BR310L」は動作しませんでしえた。

動画配信サービスを確認

Huluバンダイチャンネルdビデオを試してみましたが、いずれも問題ありませんでした。

電子書籍を読む

電子書籍を読んだときの快適性のチェックです。

小説、マンガなど文字が大きい書籍は問題なく読めます。ただし、雑誌のような細かい文字の書籍は、解像度が小さいため、ややぼやけたり潰れたりします。


雑誌(PDFファイル)を表示

液晶ディスプレイのチェック

液晶ディスプレイをチェックしました。

IPSパネルであるため、視野角は広いです。ギラつきも少なく、見やすい液晶だと思います。


視野角(斜めから見たときの見やすさ)

パフォーマンスのチェック

下記にベンチマーク結果を掲載します。

PassMarkのスコアを見ると、低めの性能です。

特にメモリが1GBと少なく、アプリを複数起動すると、バックグラウンドのアプリが停止?スワップ?します。そのため、バックグラウンドのアプリを表示すると、再ロードがはじまり、表示に時間がかかります。

ただし、単一のアプリのみ使用している分には問題ありません。

PassMark PerformanceTest Mobile

外観のチェック

MediPad M1 8.0 403HWの外観のチェックです。

 

ファーウェイ独自のSWS(スーパーワイドサウンド)テクノロジーが採用された前面デュアルスピーカーを搭載し、サウンドは比較的良いです。

 

背面です。

 

ヘッドホン端子です。

音量ボタン、電源ボタンです。

 

microUSBスロットです。

 

本体裏面のカバーを取ると、SIMカードとmicroSDカードスロットがあります。

まとめ

以上が「イオン得するタブレット」のレビューでした。

イオン系列のネットショッピングサイトでよく買い物をする方にとって、お得なタブレットです。毎月50,000円以上買い物をする方は実質月額0円でタブレット+データ通信を利用可能です。

イオンで買い物をしない人も、月額2,180円でタブレットを手に入れることができ、さらに毎月3GBまで高速データ通信可能なのは、お得だと思います。

ただし、タブレットのスペック自体は、最新機種と比べるとやや低めです。特にメモリが少ない点が気になります。アプリを切り替えるときに多少時間がかかるケースもあるでしょう。

詳細はこちら
メーカーサイト:イオン得するタブレット