会員登録

今なら抽選でプレゼント実施中!!

当サイトは、パソコン・周辺機器・ソフトの比較サイトです。価格ではなく、機能・性能面について比較しているのが特徴です。

the比較 > タブレット > HP Elite x2 1012 G1

HP Elite x2 1012 G1の実機レビュー

更新日:2016年4月21日

仕事向け高性能タブレット

HP Elite x2 1012 G1は、キックスタンドを搭載し自立可能な12インチ大型タブレットです。

オプションで、キーボードカバーが用意されており、ノートパソコンスタイルでも使用することが可能です。

ワコム製のアクティブ静電結合方式のペンが付属し、手書き文字入力や、簡単なイラストも制作できます。

LTE対応モデルもあり、MVNO SIMが使用できます。au系のSIMも使えます。

CPUにはCore Mを搭載し、タブレットとしては高性能です。

メーカー直販サイト:HPダイレクトプラス


※レビュー機はメーカーからの借用品です

目次

主な仕様

HP Elite x2 1012 G1の仕様です。特徴的な部分は赤字にしています。

主な仕様
  HP Elite x2 1012 G1
OS Windows
液晶 12インチ(1920x1280
プロセッサー Core M3-6Y30 / Core M5-6Y54 / Core M7-6Y75
メモリ 4GB / 8GB
内部ストレージ 128GB / 256GB M.2 SSD
バッテリー駆動時間 約10時間
主なスロット フルサイズUSB3.0、USB3.1 Type-C 兼 Thunderbolt 3
micro SDカードスロット
micro SIMカードスロット(LTE搭載モデルのみ)
重量 タブレット本体:約820g
キーボード装着時:約1.205kg
薄さ 8.05mm
キックスタンド 無段階
ペン ワコム アクティブ静電結合方式 2048段階の筆圧検知
LTE 対応モデルあり

 

今回は、下の構成でレビューをしています。

  • Core M3-6Y30、4GB メモリ、128GB SSD

特徴1 - 自立可能なキックスタンド搭載

HP Elite x2 1012 G1は、タブレットを自立させることができるキックスタンドを搭載しています。

無段階で見やすい角度に調節できて便利です。


キックスタンド搭載


スタンドの角度は無段階で調節可能

特徴2 - キーボード(オプション)も装着可能

オプションでドッキング可能なキーボードカバーも販売されています。

キックスタンドを搭載したタブレットに、キーボードカバーを装着できるデバイスとしては、Surfaceシリーズを思い出しますが、Surfaceシリーズよりも打ちやすいキーボードです。


キーボードのコネクタ部分


キーボードとのドッキング画像

特徴3 - LTE対応モデルあり

本製品はLTEに対応したモデルがあります。

対応バンドは、B1、B11、B18、B19、B21です。B1はもちろん、ドコモのプラチナバンドのB19、auのプラチナバンドであるB18に対応しています。

ちなみに、Surface 3 (4G LTE)はB19とB18には対応していませんでしたので、本製品はドコモやau系のMVNO SIMを利用しやすいと思います。

MVNO SIMカードについては、下のリンク先をご覧ください。

SIMカード比較

特徴4 - アクティブペンを搭載

本製品は、ワコム製の「アクティブ静電結合方式」を採用したペンが付属しています。

ワコムがプロ向けに販売している電磁誘導式のペンに比べて、アクティブ静電結合方式は低コストで製造でき、液晶を薄型化できるのがメリットです。とは言っても、電磁誘導式に近い書き心地で、文字や簡単なイラストを描く程度なら、アクティブ静電結合方式でも十分です。


ペンで文字や、簡単なイラストを描ける


アクティブペン


アクティブペンの先端


ペンは電池式

特徴5 - アスペクト比 3:2 の画面

本製品の液晶のアスペクト比は3:2となっており、通常のノートパソコンの画面と比べて、縦の比率が大きくなっています。

画面を横位置(横長の状態)にしたときに、Webページや文書ファイルなどを、より下の方まで閲覧できるため見やすいです。


Webサイトを縦位置表示

液晶ディスプレイのチェック

液晶ディスプレイのチェックです。

視野角は広いです。


視野角(斜めから見たときの見やすさ)

 

ガンマ補正曲線は下図の通りです。明部にかけてやや緑色と青色が下げ調整になっていることから、やや緑と青が強調された画面になっていることが分かります。


ガンマ補正曲線
*i1 Display Proで計測。目標値は輝度:120cd、白色点:CIEイルミナントD65、ガンマ値:2.2
*見方の詳細については、miyahan.com様、DOS/V Power Report様のページをご確認ください

 

色域は普通です。


ガモット図
※ i1 Display PROでICCプロファイルを作成後、MacのColorSyncユーティリティでグラフを作成

 

画素の拡大図です。ギラつきは感じません。


画面表面の拡大図

キーボードおよびタッチパッドのチェック

キーボードカバーのチェックです。

キーピッチは実測で18x18mm、キーストロークはメーカー仕様値で1.5mmです。薄型のキーボードの割にはたわみも少なく、一般的なノートパソコンと同様にタイピングすることが可能です。


キーボード全体図


キーの拡大図


キーボードバックライト搭載

 

タッチパッドも普通に操作できます。クリックボタンはタッチパッドと一体になっていますが、比較的軽い力で押すことが可能です。


タッチパッド

パフォーマンスのチェック

パフォーマンスのチェックです。

Core Mのプロセッサ―を搭載しており、他のタブレットよりも処理性能は高いです。ただし、UシリーズのCore i プロセッサーを搭載した一般的なモバイルノートパソコンよりも処理性能はやや低いです。

Core M3-6Y30、4GB メモリ、128GB SSDの構成でのベンチマーク結果は下の通りです。


PassMark PerformanceTest

Windows版の3DMark

PCMark 8 - Home accelerated

CrystalDiskMark (内部ストレージ)

CrystalDiskMark(microSDカード)

重量のチェック

重量のチェックです。

当サイトでの計測値は下図の通りです。

タブレット本体の重量は重いです。タブレットとキーボードの総重量は1.197kgと、一般的なモバイルノートパソコンと同等の重さです。



重量のチェック

バッテリー駆動時間のチェック

バッテリー駆動時間のチェックです。

メーカー仕様値と当サイトによる計測値を下の表に掲載します。画面が大きい分、タブレットとしてはやや短めの駆動時間だと思います。ノートパソコンとしては、"普通~やや長め"の駆動時間です。

バッテリー駆動時間 (当サイトによる実測値)
  タブレット本体のみ キーボード装着時
MobileMark 2014によるテスト(メーカー仕様値) 約10時間
JEITA測定法2.0によるテスト(メーカー仕様値) 約8.2時間 約7.9時間
PCMark 8 Home のバッテリーライフテスト(当サイト計測値) ※1 未実施 4時間51分
PCMark 8 Work のバッテリーライフテスト(当サイト計測値) ※2 未実施 5時間44分
※1 ブラウザでのショッピング/大量の画像閲覧、文書作成、画像編集、ビデオチャット、軽いゲームなどを実行
※2 ブラウザでのショッピング/大量の画像閲覧、文書作成、表計算、ビデオチャットなどを実行

 

 

 

  1 2 次へ
  目次