会員登録

今なら抽選でプレゼント実施中!!

当サイトは、パソコン・周辺機器・ソフトの比較サイトです。価格ではなく、機能・性能面について比較しているのが特徴です。

the比較 > タブレットの比較格安SIMカードの比較 > SIMフリー タブレット

SIMフリー タブレットの比較

更新日:2016年8月29日

ここでは、SIMフリー対応のタブレットを紹介します。

MVNOのSIMカードを利用することで、格安でモバイルデータ通信が可能です。データ通信料は、プランにもよりますが、月々480円で利用できるプランもあります(詳細はSIMカードの比較ページを参照)。

サイズ毎に紹介しますので、欲しいタブレットのサイズをクリックして下さい。画面下の比較表へスクロールします


 

 

SIMフリー対応 7インチ タブレット


超人気機種

実売価格:約25,000円
OS:Android
対応SIMカード:nanoSIM
レビュー:MediaPad T2 7.0 Pro
販売店:詳細/価格をチェック

2万円台で購入できるにも関わらず、性能もそこそこで、非常に人気の高いSIMフリータブレットです。

液晶解像度は 1920x1200と比較的高く、重量も250gと軽いです。指紋認証装置も搭載しています。

デザインも良くおすすめです。詳細は、MediaPad T2 7.0 Proの実機レビューをご覧ください。

バランスが良い製品

実売価格:約35,000円
OS:Android
対応SIMカード:microSIM
レビュー:ME572CL
販売店:詳細/価格をチェック

コンパクトで洗練されたデザインの7インチAndroidタブレットです。

液晶解像度は1920x1200と比較的高く、メモリも2GB搭載。その他のスペックも高いです。

日本語入力システム「ATOK」を標準搭載しており、メールやSNSで文字入力する際の日本語変換が優れています。

価格も比較的安くコスパフォーマンスの良い製品です。

詳細は、MeMo Pad 7 (ME572CL)の実機レビューをご覧ください。

通話もできるタブレット

実売価格:約23,000円
OS:Android
対応SIMカード:microSIM
レビュー:ZenPad 7.0
販売店:詳細/価格をチェック

ASUSの人気モデルZenPadの7インチSIMフリーモデルです。

価格が非常に安いです。

通話機能も備えているため音声通話対応SIMを使えば、スマホ代わりにも使えます。

裏面カバーにはUSB(pogo)経由で接続可能なバッテリー内蔵カバーやスピーカー内蔵カバーなどの純正アクセサリーが揃っており、手軽に機能拡張することもできます。

スペックは控えめながら、安っぽさを感じさせないデザインです。

詳細は、ZenPad 7.0 (Z370KL)の実機レビューをご覧ください。

根強い人気のGoogleタブレット

実売価格:約46,000円
OS:Android
対応SIMカード:microSIM
レビュー:NEXUS 7
販売店:詳細/価格をチェック

1世代前のタブレットですが、GoogleブランドのAndroidタブレットとして、まだまだ根強い人気があります。

モバイル通信利用時でも約10時間(メーカー公表値)のバッテリー駆動時間や、1920×1200の高解像液晶、2GBメモリ搭載など、元々のスペックが高いため、最新モデルと比べても遜色のないスペックになっています。

詳細は、Google NEXUS 7の実機レビューをご覧ください。


通話機能付きファブレット

実売価格:約43,000円
OS:Android
対応SIMカード:microSIM
レビュー:なし
販売店:詳細/価格をチェック

通話機能を搭載したスマートフォン&タブレット=”ファブレット”という位置づけの7インチタブレットです。

厚さ約7.18mmという薄型軽量なボディで、Bluetoothヘッドセットでの通話も可能です。

最新デジカメ並の1300万画素のカメラを搭載し、最新のLTE Cat4通信に対応するなど、スマートフォンに求められる性能面が特に強化されています。

詳細はメーカーサイトをご覧ください。


2048×1536の高精細液晶

実売価格:約45,800円
OS:iOS
対応SIMカード:nanoSIM
レビュー:iPad mini 2
安心の直販店:詳細/価格をチェック

液晶解像度が2048x1536ドットと非常に高精細なiOSタブレットです。コンパクトなボディで手軽にApple Storeの豊富なアプリやコンテンツを楽しむ事ができます。

アスペクト比が4:3の7.9インチディスプレイなので、A4の比率に近いです。そのため、電子書籍が見やすいです。また縦位置表示にしたときにも横幅があるため、Webページも見やすいです。

Touch ID(指紋認証装置)は非搭載です。

なお、iPad mini 3 はiPad mini 4の発売と共に販売終了となりました。

詳細は、iPad mini 2の実機レビューをご覧ください。


さらに薄型・軽量・高速化

実売価格:約56,800円
OS:iOS
対応SIMカード:nanoSIM
レビュー:iPad mini 4
安心の直販店:詳細/価格をチェック

左のiPad mini 2をさらに薄型・軽量・高速化した製品。

また、Touch ID(指紋認証装置)にも対応。おすすめです。

詳細は、iPad mini 4の実機レビューをご覧ください。

 

※実売価格は変動が大きいため、詳細は販売サイトでご確認下さい。

 

SIMフリー対応 7インチ タブレット
会社名 HUAWEI ASUS ASUS Google HUAWEI Apple Apple
品名 MediaPad T2 7.0 Pro MeMO Pad 7 (ME572CL) ZenPad 7.0 (Z370KL) NEXUS 7 (2013) Mediapad X1 iPad mini 2 iPad mini 4
製品画像
仕様
OS Android 5.1 Android 4.4.2 Android 5.1 Android 4.3 Android 4.2 iOS 9 iOS 9
画面サイズ 7インチ 7インチ 7インチ 7インチ 7インチ 7.9インチ 7.9インチ
解像度 1920x1200 1920x1200 1280x800 1920x1200 1920x1200 2048x1536 2048x1536
ストレージ 16GB 16GB 16GB 32GB 16GB 16 / 32GB 16 / 64 / 128GB
重量 約250g 約279g 約268g 約299g 約249g 約341g 約304g
対応SIMカード nanoSIM microSIM microSIM microSIM microSIM nanoSIM nanoSIM
その他 指紋認証搭載 人気 音声通話対応 豊富な純正アクセサリー 指紋認証搭載
豊富な純正アクセサリー
実売価格 25,000円 35,000円 23,000円 46,000円 43,000円 45,800円 56,800円
製品レビュー レビュー レビュー レビュー レビュー   レビュー レビュー

 

これらのタブレットで使用できるSIMカードは、下のページをご覧ください。

SIMカード比較

 

 

SIMフリー対応 8インチ タブレット


こだわりのスピーカー

実売価格:約38,000円
OS:Android
対応SIMカード:microSIM
レビュー:MediaPad M2 8.0
販売店:詳細/価格をチェック

本体前面にダブルスピーカーを配置し、さらに自社開発のサラウンドテクノロジーSWS2.0や重低音を紡ぎ出すSmart PAを搭載した、映像や音声を楽しむためにデザインされたタブレット。

ボディの90%以上を削り出しのメタルで覆い、楽譜をイメージした高級感のあるデザインです。

Mediapad X1同様、音声通話にも対応しています。

メモリ2GB・ストレージ16GBの通常版のほかに、メモリ3GB・ストレージ32GBのモデルもあります。

詳細は、MediaPad M2 8.0の実機レビューをご覧ください。

軽量薄型の8インチタブレット

実売価格:約32,000円
OS:Android
対応SIMカード:microSIM
レビュー:LaVie Tab S
安心の直販店:詳細/価格をチェック

8インチサイズで1920×1200の高解像度IPS液晶を搭載したAndroidタブレットです。

厚さ約7.9mm、重量約310gと薄型・軽量なボディにクアッドコアのAtomプロセッサーと2GBメモリを採用しています。このスペックにしては価格もお手頃です。

Officeファイル閲覧・編集アプリやNEC製品と連携してくれるアプリがプリインストールされているので、タブレット初心者の方でも使いやすいでしょう。

メーカーサイトで、SIMフリーモデルのモバイルネットワーク接続確認情報を公開しています。

詳細は、NEC LaVie Tab Sの実機レビューをご覧ください。


音声通話対応

実売価格:約27,000円
OS:Android
対応SIMカード:microSIM
レビュー:ZenPad 8.0 Z380KL
販売店:詳細/価格をチェック

音声通話にも対応しており、ほとんど通話をしない人は、スマートフォンを持たずに、これ1台で済ませることも可能です。

デザインもオシャレで、小型のポーチのようです。女性にも合うと思います。カラーバリエーションも豊富で、ブラック、ホワイト、シルバーをラインナップしています。

パワーケースやオーディオカバーなどの純正アクセサリーを追加すればさらに幅広い用途に使えます。

ただし、解像度が1280x800と低いです。Web閲覧をすると文字がぼやけるため、この用途には適していません。

詳細は、ASUS ZenPad 8.0 (Z380KL) の実機レビューをご覧ください。

オリジナル自立型スタンド

実売価格:約27,000円
OS:Android
対応SIMカード:microSIM
レビュー:なし
安心の直販店:詳細/価格をチェック

片手でホールドしやすいバッテリーグリップ構造と無段階調整可能な自立型スタンドが特徴的なYogaTabletシリーズの8インチモデルです。

好きなアングルにセットできるので、場所を選ばずに手軽に映画やTVを楽しむことができます。前モデルから改良されたバッテリブリップ構造は使い勝手が向上。バッテリー駆動時間が20時間(メーカー公表値)と長いです。

AnyPenテクノロジーにも対応しています。

当サイトでは同じシリーズのYOGA Tab 3 Pro10の実機レビューを掲載していますので、参考にしてみてください。

高性能タブレット

実売価格:約65,000円
OS:Android
対応SIMカード:nanoSIM
レビュー:Nexus 9
販売店:詳細/価格をチェック

64ビットのNVIDIATegra K1デュアルコアプロセッサを搭載し、処理性能の非常に高い製品です。

また、2048×1536の高解像度8.9インチディスプレイ、上質のスピーカーも搭載。あらゆる面で高い品質に仕上げられたAndroidタブレットです。

詳細は、Nexus 9 の実機レビューをご覧ください。



業務モデルのWindowsタブ

実売価格:約28,000円
OS:Windows
対応SIMカード:microSIM
レビュー:なし
販売店:詳細/価格をチェック

数少ないコンパクトな8インチサイズでSIMフリーに対応したWindows 10 タブレットです。

Atomプロセッサーと2GBメモリを搭載するなど、Windowsタブレットとしては必要最低限のスペックを備えながら、価格は安いです。

ただし駆動時間が約4時間程度であったり、microSDカードが最大32GBまでしか対応していないなど、価格なりの部分はあります。

個人でも購入可能ですが、業務用(法人向け)であれば小ロットからのカスタマイズやオリジナル製品の製造受託に対応しています。

詳細は、メーカーサイトをご覧ください。


WindowsのSIMフリー

実売価格:約40,000円
OS:Windows
対応SIMカード:microSIM
レビュー:なし
安心の直販店:詳細/価格をチェック

Venue 8 ProをベースにDELLとヤマダ電機が共同開発した、WindowsタブレットのSIMフリーモデルです。

ただし、OSはWindows 10 ではなくWindows 8.1ですのでご注意下さい。

Venue 8 Proは3Gのみの対応でしたが、Every pad ProはLTEにも対応しています。

Venue 8 ProとはCPUや重量が異なりますが、基本的なデザインや構成は共通ですので、Venue 8 Pro の実機レビューを参考にご覧ください。

 

※実売価格は変動が大きいため、詳細は販売サイトでご確認下さい。

 

SIMフリー対応 8インチ タブレット
会社名 HUAWEI NEC ASUS Lenovo Google geanee DELL
品名 Mediapad M2 8.0 LaVie Tab S
ZenPad 8.0 Z380KL YOGA Tab 3 8 Nexus 9 WDP-083-2G32G-BT Every Pad Pro
製品画像
仕様
OS Android 5.1 Android 4.4 Android 5.0 Android 5.1 Android 5.0 Windows10 Windows 8.1
画面サイズ 8インチ 8インチ 8インチ 8インチ 8.9インチ 8インチ 8インチ
解像度 1920x1200 1920x1200 1280x800 1280x800 2048x1536 1280x800 1280x800
ストレージ 16 / 32GB 16GB 16GB 16GB 32GB 32GB 64GB
重量 約330g 約310g 約350g 約472g 約436g 約354g 約405g
対応SIMカード microSIM microSIM microSIM microSIM nanoSIM microSIM microSIM
その他 ダブルスピーカー搭載 純正アクセサリーが多彩 自立型スタンド搭載 ヤマダSIMカード付き
実売価格 38,000円 32,000円 27,000円 27,000円 65,000円 27,800円 40,000円
製品レビュー レビュー レビュー レビュー   レビュー    

 

これらのタブレットで使用できるSIMカードは、下のページをご覧ください。

SIMカード比較

 

 

SIMフリー対応 9~10.1インチ タブレット

高い完成度

実売価格:約67,800円~
OS:iOS
対応SIMカード:nanoSIM
レビュー:iPad Pro (9.7インチ)
安心の直販店:詳細/価格をチェック

12インチのiPad ProとiPad Air 2のいいとこ取りをしたような、9.7インチのタブレットです。

12インチのiPad Pro と同様にApple Pencilに対応し、さらにiPad Air 2と同等に約444gと軽量・コンパクトで持ち運びにも便利です。

画面アスペクト比が4:3で、2048x1536ドットの高精細Retinaディスプレイを採用。さらに環境によって画面の色温度が変わる「True Tone」機能が搭載され、文字が見やすくなり、眼が疲れにくいです。

また、カメラ性能、スピーカー性能も向上しています。

指紋認証センサー「Touch ID」も搭載しています。

詳細は、iPad Pro (9.7インチ) の実機レビューをご覧ください。

コスパ高い

実売価格:約45,000円~
OS:iOS
対応SIMカード:nanoSIM
レビュー:iPad Air 2
安心の直販店:詳細/価格をチェック

左のiPad Pro (9.7インチ)と、サイズ、液晶、重量は同じですが、処理性能は劣ります。また、Apple Pencilにも対応しておらず、カメラ、スピーカー性能もやや劣ります。

ただし、一般的な方であれば、このiPad Air 2でも十分でしょう。他のタブレットと比べれば、あらゆる面で品質が高いです。また、iPad Pro (9.7インチ)が発売されたことで、価格が安くなっています。

128GBのストレージは選べなくなったため、大容量ストレージのiPad が欲しいならば、iPad Pro (9.7インチ)のほうが良いです。

詳細は、iPad Air2の実機レビューをご覧ください。


最大18時間駆動のバッテリー

実売価格:約30,000円
OS:Android
対応SIMカード:microSIM
レビュー:なし
安心の直販店:詳細/価格をチェック

最大18時間の長いバッテリー駆動時間で動画の視聴も快適に楽しめます。

無段階調整が可能な自立型スタンドと片手で持ちやすいグリップ構造を備えた10.1インチタブレットです。

ステレオスピーカーを内蔵し、ドルビーアトモスによる音質コントロールが可能。

当サイトでは同じシリーズのハイエンドモデルYOGA Tab 3 Pro10の実機レビューを掲載しているので、こちらもあわせてご覧下さい。

自立可能なタブレット

実売価格:約67,000円
OS:Android
対応SIMカード:microSIM
レビュー:YOGA Tab 3 Pro 10
安心の直販店:詳細/価格をチェック

左の製品のハイエンドモデルです。

無段階調整が可能な自立型スタンドと片手で持ちやすいグリップ構造を備えた10.1インチタブレットです。

2560×1600pxの高解像度ディスプレイを備え、Atom x5-Z8500プロセッサーを搭載。

さらに内蔵プロジェクターで手軽にホームシアターを構築することもできます。

詳細は、YOGA Tab 3 Pro10の実機レビューをご覧ください。


約3万円と格安

実売価格:約31,000円
OS:Android
対応SIMカード:microSIM
レビュー:ZenPad 10 Z300CL
販売店:詳細/価格をチェック

約3万円で購入可能なタブレットです。

デザインも良いです。

専用スタイラスペン "Z stylus" (別売)にも対応しているので、ペンタブレットとしても活用できます。

ただし、解像度が1280x800と低いです。Web閲覧をすると文字がぼやけるため、この用途には適していません。

カラーはブラック、ホワイト、シルバーをラインナップしています。

詳細は、ASUS ZenPad 10 (Z300CL)の実機レビューをご覧ください。


防水・防塵の10インチ

実売価格:約44,000円
OS:Android
対応SIMカード:nanoSIM
レビュー:なし
安心の直販店:詳細/価格をチェック

Arrows Tabシリーズから登場したSIMフリー対応の10インチAndroidタブレットです。

IPX5、IPX8の防水・IP6Xの防塵などの耐久試験をクリアした安心設計です。

複数のメンバーで利用できるマルチユーザー機能のほか、文字入力を快適にするSuper ATOK ULTIASスマート指紋センサーを搭載するなどサポート機能が充実しています。

詳細は、メーカーサイトをご覧ください。

※実売価格は変動が大きいため、詳細は販売サイトでご確認下さい。

 

SIMフリー対応 9~10.1インチ タブレット
会社名 Apple Apple Lenovo Lenovo ASUS FUJITSU
品名 iPad Pro 9.7インチ iPad Air 2 YOGA Tab 3-10 YOGA Tab 3 Pro10 ZenPad 10 Z300CL arrows Tab M01T
製品画像
仕様
OS iOS 9 iOS 9 Android 5.1 Android 5.1 Android 5.0 Android 5.1
画面サイズ 9.7インチ 9.7インチ 10.1インチ 10.1インチ 10.1インチ 10.1インチ
解像度 2048x1536 2048x1536 1280x800 2560x1600 1280x800 1280x800
ストレージ 32 / 128 256GB 16 / 64GB 16GB 32GB 16GB 16GB
重量 約444g 約444g 約665g 約665g 約510g 約493g
対応SIMカード nanoSIM nanoSIM microSIM microSIM microSIM nanoSIM
その他 指紋認証装置搭載 指紋認証装置搭載 自立型スタンド搭載 自立型スタンド、内蔵プロジェクター 防水・防塵
実売価格 67,000円 45.000円 30,000円 67,000円 31,000円 44,000円
レビュー レビュー レビュー   レビュー レビュー  

 

これらのタブレットで使用できるSIMカードは、下のページをご覧ください。

SIMカード比較

 

 

SIMフリー対応 10.8~13インチ タブレット


全部入りタブレット

実売価格:約80,000円
OS:Windows
対応SIMカード:nanoSIM
レビュー:Surface 3(4G LTE)
安心の直販店:詳細/価格をチェック

キックスタンド、LTE、キーボードカバーデジタイザーペンなどに対応した全部入りの10.8型タブレット。

キックスタンドを開けばタブレットを自立させることができ、純正キーボードカバーを装着すれば、パソコンのようなスタイルで操作することが可能です。

N-Trig製のデジタイザーペンにも対応し、イラストを描くこともできます。

詳細は、Microsoft Surface 3(4G LTE)の実機レビューをご覧ください。

Core Mプロセッサー搭載

実売価格:約90,000円
OS:Windows
対応SIMカード:microSIM
レビュー:Venue 11 Pro 7000
安心の直販店:詳細/価格をチェック

Core Mプロセッサーを採用し、モバイルノートパソコン並みのスペックを備えたWindows タブレットです。

バッテリーを内蔵したトラベルキーボード薄型キーボードの2種類が選べ、用途に応じたノートPCスタイルが選べます。

トラベルキーボード使用時はかなり長いバッテリー駆動時間です。さらにオプションのドッキングステーションを使えば、デスクトップPCスタイルにもなります。

詳細は、DELL Venue 11 Pro 7000シリーズ(7140)の実機レビューをご覧ください。

高い堅牢製

実売価格:約150,000円
OS:Windows
対応SIMカード:microSIM
レビュー:なし
安心の直販店:詳細/価格をチェック

削り出しのアルミニウムを採用し、米軍調達基準対応の堅牢性を実現したWindowsタブレットです。

本体の背面には無段階調整可能なキックスタンドを備えているので、自立させることが可能。

また2048段階の筆圧を検知するワコム製の「HP Active Pen」が付属しています。

さらにオプションにはバックライト付きキーボードカバー「HP Travel Keyboard」のほか、外部モニターやUSB、LANといった周辺機器と接続可能な「無線ドッキングステーション」もあります。

なお、LTE搭載モデルは3月中旬以降に販売予定です。

詳細は、メーカーサイトをご覧ください。

Appleのフラッグシップモデル

実売価格:128,800円
OS:iOS
対応SIMカード:nanoSIM
レビュー:Apple iPad Pro
安心の直販店:詳細/価格をチェック

最新のA9XチップやM9モーションプロセッサーを搭載し、スタイラスペン「Apple Pencil」が使用でるiPadシリーズのフラグシップモデル。

画面が12.9インチと非常に大きいため、iOS 9 から対応した2画面表示機能を利用しても、文字が読みやすいです。雑誌のPDFファイルも、ほぼ原寸大で表示することが可能です。

4スピーカーを搭載し、動画鑑賞をしているときでも、臨場感あるサウンドを楽しめます。

詳細は、iPad Proの実機レビューをご覧ください。


※実売価格は変動が大きいため、詳細は販売サイトでご確認下さい。

 

SIMフリー対応 10.8~13インチ タブレット
会社名 Microsoft DELL HP Apple
品名 Surface 3 (4G LTE) Venue 11 Pro Elite x2 1012 G1 iPad Pro
製品画像
仕様
OS Windows 8.1 / 10 Windows 8.1 / 10 Windows 10 Pro iOS 9
画面サイズ 10.8インチ 10.8インチ 12インチ 12.9インチ
解像度 1920x1280 1920x1080 1920x1280 2732x2048
ストレージ 64GB / 128GB 128GB 128GB 128GB
重量 約641g 約757.3g 約820g 約723g
対応SIMカード nanoSIM microSIM microSIM nanoSIM
その他 自立可能、キーボードオプション Core M プロセッサー・キーボードオプション 自立可能、キーボード・無線ドッキングステーションがオプション 指紋認証装置搭載・キーボードオプション
実売価格 83,000円 90,000円 150,000円 128,800円
レビュー レビュー レビュー レビュー レビュー

 

これらのタブレットで使用できるSIMカードは、下のページをご覧ください。

SIMカード比較

 

 

SIMフリー or LTE対応 2 in 1 モバイルノート

タブレットへも変形する2 in 1 パソコンの中でLTEに対応した製品を紹介します。なお、Panasonic製品は、ドコモ系のSIMのみ使用できます。

10.1型では世界最軽量

実売価格:約200,000円~
OS:Windows
対応SIMカード:標準SIM
レビュー:RZ4(旧モデル)
安心の直販店:詳細/価格をチェック

液晶部分が360°回転してタブレットスタイルになる 2 in 1 モバイルノートパソコンです。

10.1型の 2 in 1 モバイルノートパソコンとしては世界最軽量の745g(LTE搭載モデルは770g)

詳細は、レッツノート RZ4の実機レビューをご覧ください。こちらは旧モデルの記事ではありますが、外観は一緒なので参考になると思います。

2 in 1パソコンのエントリー機

実売価格:約55,000円
OS:Windows
対応SIMカード:microSIM
レビュー:なし
販売店:詳細/価格をチェック

こちらも分離型の2 in 1 ノートパソコンです。

タブレット単体での重量が約580gと比較的軽いです。キーボードドックを接続した重量も、約1.1kgと比較的軽いです。

また、価格も非常に安いです。

ただし、メモリが2GBしかないのが気になります。CPUもAtomと低性能です。また、液晶解像度も1366x768と低めです。タブレットとして縦長の画面で使う場合、解像度不足かもしれません。

また、OSはWindows 10 ではなくWindows 8.1ですのでご注意下さい。


軽量な2in1パソコン

実売価格:約180,000円~
OS:Windows
対応SIMカード:nanoSIM
レビュー:NEC Lavie Direct HZ(D)
安心の直販店:詳細/価格をチェック

液晶(タブレット)部分とキーボード部分を切り離し可能な2 in 1 ノートパソコンです。

タブレット部分だけで410gと非常に軽いです。キーボードを含めても798gしかありません。

ただし、バッテリー駆動時間はやや短めです。

詳細は、Lavie Direct HZ(D)の実機レビューをご覧ください。



光学式ドライブ内蔵

実売価格:約250,000円〜
OS:Windows
対応SIMカード:標準SIM
レビュー:レッツノート MX5
安心の直販店:詳細/価格をチェック

こちらも液晶部分を360°回転して折り畳むことでタブレットスタイルになる 2 in 1 モバイルノートパソコンです。

光学式ドライブを内蔵している点が特徴です。内蔵ドライブにはブルーレイドライブも選択でき、タブレットスタイルでブルーレイ映画を視聴することも可能です。

詳細は、レッツノート MX5の実機レビューをご覧ください。

※実売価格は変動が大きいため、詳細は販売サイトでご確認下さい。

 

厳選! SIMフリー or LTE対応2 in 1モバイルノート
会社名 Panasonic ASUS NEC Panasonic
品名 レッツノートRZ5 Transbook T100TAL Lavie Direct HZ(D) レッツノート MX5
製品画像
仕様
OS Windows 10 Windows 8.1 WIndows 10 Windows 10
画面サイズ 10.1インチ 10.1インチ 11.6インチ 12.5インチ
解像度 1920x1200 1366×768 1920x1080 1920x1080
ストレージ 128 / 512GB 32GB 128GB 256 / 512GB
重量 約770g 約1100g 約798g 約1220~1255g
対応SIMカード 標準SIM microSIM nanoSIM 標準SIM
その他 カスタマイズ可能   カスタマイズ可能 カスタマイズ可能
実売価格 200,000円 55,000円 180,000円 250,000円
レビュー レビュー(旧モデル)   レビュー レビュー

 

これらのタブレットで使用できるSIMカードは、下のページをご覧ください。

SIMカード比較

 

タブレットにもセキュリティソフトを

Windowsタブレットには必ずセキュリティソフトをインストールしましょう。Androidタブレットにもインストールをおすすめします。マルチデバイス対応セキュリティソフトなら、1契約で、Androidタブレットへもインストール可能です。

Windows、Android、Mac対応セキュリティソフト比較

カスペルスキー公式「カスペルスキー・オンラインショップ」

関連ページ

タブレットの比較 - the比較

2 in 1のWindowsハイブリッド タブレットPCの比較 - the比較