会員登録

今なら抽選でプレゼント実施中!!

当サイトは、パソコン・周辺機器・ソフトの比較サイトです。価格ではなく、機能・性能面について比較しているのが特徴です。

the比較 > タブレットの比較 > 10インチ タブレット

10インチ タブレット の比較

更新日:2014年 10月27日

ここでは、10インチのタブレットについて、厳選した製品を紹介します。

厳選! 10インチ タブレット

10インチ タブレット
お勧め 人気 人気 人気 高コストパフォーマンス
会社名 アップル アップル マイクロソフト ソニー 東芝 レノボ 富士通 レノボ
製品名 iPad Air 2 iPad Air Surface Pro 3 Xperia Z2 Tablet Wi-Fi dynabook Tab S50 YOGA Tablet 2-10 ARROWS Tab QH55/S ThinkPad 10
店頭/直販 直販 直販 直販 直販 未選択 直販 店頭 直販
製品画像
発売日 2014年10月 2013年11月 2014年07月 2014年05月 2014年07月 2014年10月 2014年10月 2014年07月
スペック
OS iOS 8 iOS 8 Win 8.1 Pro Android 4.4 Win 8.1 with Bing Android 4.4
Win 8.1 with Bing
Win 8.1 with Bing Win 8.1 Pro
Win 8.1 with Bing
画面サイズ 9.7インチ 9.7インチ 12インチ 10.1インチ 10.1インチ 10.1インチ 10.1インチ 10.1インチ
解像度 2048x1536 2048x1536 2160x1440 1920x1200 1280x800 1920x1200 1920x1200 1920x1200
CPU Apple A8X Apple A7 第4世代Core i Snapdragon801 Atom Z3735F Atom Z3745 Atom Z3795 Atom Z3795
メモリ 2GB 1GB 4/8GB 3GB 2GB 2GB 4GB 2/4GB
ストレージ 16/64/128GB 16/32GB 64/128/256/512GB 16/32GB 32/64GB 16GB(And)
32GB(Win)
※以下AndはAndroidの略
64GB 64/128GB
重量 約437g 約469g 約800g 約426g 約555g 約619g(And)
約629g(Win)
約680g 約590~648g
薄さ(最厚部) 6.1mm 7.5mm 9.1mm 6.7mm 9.5mm 7.2mm 10.2mm 8.95mm
バッテリ 27.3Wh 32.4Wh 42Wh 約27Whr 9600mAh 38Wh 33Wh
バッテリ時間(動画) 約10時間 約10時間 約9時間 約13時間 約9.5時間 18時間(And)
15時間(Win)
約10~11時間 約10.2時間
リアカメラ 800万画素 500万画素 500万画素 810万画素 500万画素 800万画素 800万画素 800万画素
フロントカメラ 120万画素 120万画素 500万画素 220万画素 120万画素 160万画素 200万画素 200万画素
防水 × × × IPX5/8 × × × ×
ワンセグ × × × × × × × ×
USB × × USB microUSB microUSB microUSB USB USB
メモリカード × × microSD microSD microSD microSD microSD microSD
HDMI Lightning - Digital AVアダプタで可能 Lightning - Digital AVアダプタで可能 Mini DisplayPort有り MHL microHDMI microHDMI microHDMI
その他 指紋認証「Touch ID」搭載。SIMフリーモデルあり。 SIMフリーモデルあり。 日本版のみOffice搭載。
自立スタンドあり。
デジタイザーペン付属。
防水。10.1インチタブレットの中で世界最軽量。 41,000円~という安さ。
Office H&B付属。キーボード付属モデル有り。
Android版とWin版有り。
Win版にはOffice H&B 2013付属。自立スタンドあり。
着脱式キーボード、デジタイザペンが付属。 デジタイザーペン、スマートカード・リーダー搭載モデル有り。
コメント・レビュー
製品レビュー
(外部リンクあり)
レビュー レビュー レビュー レビュー
リンク
直販モデルへのリンク Apple Store Apple Store マイクロソフトストア ソニーストア 直販モデル レノボ直販店 富士通WebMart レノボ直販サイト
備考
※内容に間違いがある可能性もありますので、最終的にはご自身でご確認ください。

おすすめのタブレットの詳細

おすすめのタブレットについて、メリット・デメリットなどの詳細を下に記載します。


実売価格:約50,000円~
OS:iOS
レビュー:iPad Air
安心の直販店:詳細/価格をチェック

軽量ボディに高精細液晶

重量が約469gと非常に軽いです。実際に持ってみると、旧iPad(約652g )よりも明らかに軽く、片手でも楽々持てます。

液晶には、2048x1536ドットの高精細Retinaディスプレイを搭載。1つ1つのドットが小さく、画像が非常に綺麗で、文字も見やすいです。タッチパネル特有のギラつきもなく見やすいです。

製品の質感も良く、デザインにも優れており、堅牢性も高そうに感じます。

(インストールしているアプリにもよりますが)スリープ状態でのバッテリーの減りが非常に少ないのも特徴です。

アスペクト比が4:3となっており、A4のそれに近いです。そのため、電子書籍が見やすいです。また縦位置表示にしたときのWebページも、横幅があるため見やすいです。

アプリの数も非常に多いです。また、iPhoneを持っている方であれば、iCloudによってメール、連絡先、リマインド、メモ、写真、アプリなどを同期できるため非常に便利です。

ただし、SDカードスロットがないため、ストレージ容量を増設しにくいです。最初からできるだけ容量の大きいモデルを購入することをおすすめします。また、USBやHDMI端子も搭載していないため、マウスやディスプレイなど接続できるPC周辺機器/方法が限定されます。

詳細は、iPad Airの実機レビューをご覧ください。

実売価格:約50,000円~
OS:Android
レビュー:Xperia Z2 Tablet
安心の直販店:詳細/価格をチェック

10インチクラス世界最薄/最軽量

10インチ以上のタブレットの中では、2014年5月時点で世界最薄・最軽量のタブレットです。

薄さは約6.7mm、重量は約426gとなっており、手に取った瞬間に、その薄さと軽さが実感できると思います。

IPX5/8相当の防水機能を搭載しています。ソニーストアでは、バスルームスタンド、バスルームピロー、アロマブロックなどをセットにした「Xperia Z2 Tablet バスルームセット」という商品もあるくらいです。

また、最大128GBのmicroSDXCにも対応したメモリスロットを搭載しており、容量が足りなくなったときに増設することが可能です。容量の大きい動画ファイルなどを保存する方に最適です。一方、内蔵ストレージは最大32GBとやや少ないです。

本製品はAndroidタブレットですが、Android用アプリも、iPad同様に非常に数が多いです。また、個人的な感覚になりますが、iPad用アプリよりも無料のアプリが多い気がします。

nasne、PlayStation、ブラビア、ブルーレイレコーダーといった他のソニー製品との連携も抜群です。

ただし、薄すぎてヒネリに弱い印象を受けます。また、Android OSはバージョンが細かく分かれており、周辺機器やアプリによっては正常に動作しないことがあります。相性があるためご注意ください。

詳細はXperia Z2 Tabletの実機レビューをご覧ください。

実売価格:約120,000円~
OS:Windows
レビュー:Surface Pro 3
安心の直販店:詳細/価格をチェック

高い処理性能

第4世代インテル Core i プロセッサーを搭載し、ノートパソコン並みに処理性能が高いWindowsタブレットです。

12インチの大画面に加え、画面比率は3:2となっており、Webページや文書などが見やすくなっています。解像度も2160x1440と高精細です。

自立スタンドが搭載されており、動画を観たり、ゲームをしたりする場合に非常に便利です。

競合製品はタブレットというよりも、モバイルノートパソコンになるかと思います。重量が約800gとタブレットとしては重いですが、キーボードカバーを搭載した本製品は、最軽量のモバイルノートパソコンと同等の重量です。

Windows OSは、iOSやAndroidとは異なりFlashが使えるため、「艦これ」などのブラウザゲームをすることが可能です。また、CPU性能が良いため、低画質設定で良いなら「ドラゴンクエスト X」や「FF XIV 新生エオルゼア」などのPCゲームもプレイ可能です。

デジタイザーペン(N-Trig)も付属し、メモ書きやイラスト作成にも使えます。

タブレット用アプリはまだ少ないですが、デスクトップ用アプリは非常に多いです。会社で使っているアプリが動作することも多いでしょう。Microsoft Officeが付属しており、互換Officeソフトではなく純正Officeソフトが使えます。

ただし、処理性能が高く画面が大きいために、バッテリー駆動時間は、他の製品よりも劣ります。また、重量が重いため、持ちながらの使用には向きません。デスクや床に置いて使用することが多い方向けの製品です。

詳細は、Surface Pro 3のレビューをご覧ください。

実売価格:約80,000円~
OS:Windows
レビュー:ARROWS Tab WQ1/M
安心の直販店:詳細/価格をチェック

WQXGA(2560x1600)液晶

WQXGA(2560x1600)の高精細液晶を搭載したWindowsタブレットです。粒状感なく画像などを表示できます。ただし、液晶にややギラつき(液晶が虹色にギラついて見える現象)を感じます。

重量は約650g と、Surface Pro 3よりは軽くなっており、持ちながらの作業も、Surface Pro 3より快適です。

ワコム製のデジタイザーペンも付属しており、Adobeソフトなど多くのイラスト制作ソフトが、筆圧検知に対応しています。ただし、本機搭載のAtom CPUでは、Adobe PhotoShopのような重いソフトを使うと、やや動作が重くなります。詳細は「ARROWS Tab QHシリーズでのイラスト制作レビュー」をご覧ください。

また、防水(IPX5/7/8)にも対応しており、台所での作業にも適しています。

CPU性能は、Surface Pro 3ほどよくありませんが、「艦これ」などのブラウザゲームならプレイできるでしょう(ただし最初のロードのときはやや時間がかかります)。

タブレット用アプリはまだ少ないですが、デスクトップ用アプリは非常に多いです。Windowsパソコンを持っているなら、使い方も慣れていると思いますし、ファイルの受け渡しも楽です。

詳細は、ARROWS Tab WQ1/Mの実機レビューをご覧ください。

※実売価格は変動が大きいため、詳細は販売サイトでご確認下さい。

 

関連記事