会員登録

今なら抽選でプレゼント実施中!!

当サイトは、パソコン・周辺機器・ソフトの比較サイトです。価格ではなく、機能・性能面について比較しているのが特徴です。

the比較 > タブレット > arrows Tab WQ2/X

富士通 arrows Tab WQ2/Xの実機レビュー

更新日:2016年1月18日

防塵・防水・頑丈設計のタブレット

富士通 arrows Tab WQ2/Xは、防塵・防水仕様で、さらに頑丈に設計された10.1型タブレットです。

元々、法人(文教)向けに作られた製品で、学校に通う子供が使うことを想定しているため、落下に強く、水回りや外でも使用できるようになっています。

オプションでドッキング可能なキーボードも選択できます。

ワコム製のデジタイザーペンも付属しています。紙に書くときのように適度な抵抗感があり、追従性も良く、手書き文字入力がしやすいです。

メーカー直販サイト:富士通WEBMART(arrows Tab WQ2/X) icon


※レビュー機はメーカーからの貸出機です

目次

arrows Tab WQ2/Xの基本スペック

arrows Tab WQ2/Xの基本スペックを紹介します。特徴的な部分は赤字にしています。

主な仕様
  arrows Tab WQ2/X
液晶 10.1型ワイド 1920x1200、非光沢
プロセッサー Atom x5-Z8500
メモリ 4GB
内部ストレージ 64GB / 128GB フラッシュメモリ
バッテリー駆動時間 約10.3時間(JEITA2.0)
主なスロット フルサイズUSB x2
micro HDMI
micro SD
重量 685g
薄さ 11.8mm

特徴1 - 防塵・防水・頑丈設計

arrows Tab WQ2/Xは、防塵・防水・頑丈設計のタブレットです。

IPX5/IPX7/IPX8/IP5Xに対応しており、キッチンなどの水回りや、野外でも安心して使える製品です。


水回りで使用しても問題なし

 

なお、IPX5などの各等級の意味は次のようになっています。

IPX5:内径6.3mmの注水ノズルを使用し、約3mの距離から12.5ℓ/分の水を最低3分間注水する条件であらゆる方向から噴流を照射。
IPS7:常温で水道水の水深1mのところに沈め、約30分間放置。
IPX8:常温で水道水の水深1.5mのところに沈め、約30分間放置。
IP5X:粉塵タルクを使用し、器具の内圧を大気圧よりも2kPa減圧した状態で8時間試験を行う。

 

また、縁を大きくとり、液晶までの距離を大きくしたバンパー構造を採用するなどした堅牢性の高いボディで、76cmからの落下試験や、振動試験、200kgfの全面加圧試験、35.7kgfの一点加圧試験などを実施しています。


水回りで使用しても問題なし

特徴2 - キーボードを選択可能

本製品は、ドッキング可能なスリムキーボードと、ワイヤレスキーボードを選択可能です。また、キーボードを選択しないことも可能です。

ワイヤレスキーボードは入手できませんでしたが、スリムキーボードの画像は次のようになっています。


スリムキーボード

 

スリムキーボードにドッキングするときは、タブレットをただ押しこむだけです。分離するときも、下図のボタンを押すだけで簡単に外れます。


ボタンを押すだけで、簡単に取り外し可能

特徴3 - デジタイザーペン付属

本製品は、デジタイザーペン(電磁誘導式)も利用することが可能です。ペンはワコム製です。ペンを本体へ収納することも可能です。

実際に使ってみましたが、タブレットの表面がツルツルしておらず、紙に書くときのような抵抗感があります。また追従性も良く、視差も少なく、文字が書きやすかったです。


デジタイザーペン


本体に収納可能

特徴4 - フルサイズUSBポートを搭載

本製品は、タブレットとしては珍しく、フルサイズのUSBポートを搭載しています。しかも2つあります。USBメモリなどを接続するときに便利でしょう。


フルサイズのUSBポートを搭載

液晶ディスプレイのチェック

液晶ディスプレイのチェックです。

視野角は良いです。


視野角(斜めから見たときの見やすさ)

 

カラーマネージメントツールによるガンマ補正曲線を確認すると、やや寒色系ですが、比較的自然な発色です。



※見方の詳細については、miyahan.com様、DOS/V Power Report様のページをご確認ください

 

色域は普通です。


ガモット図
※ i1 Display PROでICCプロファイルを作成後、MacのColorSyncユーティリティでグラフを作成

 

画素形状ですが、液晶の表面から、画素までに距離があり、マイクロスコープでうまくピントを合わせることが出来ませんでした。ただ、目視でギラつきを感じます。


 

非光沢液晶ですので、映り込みは少ないです。


非光沢液晶の場合の画面への映り込み

キーボードおよびタッチパッドのチェック

スリムキーボードのチェックです。

スリムキーボードについてチェックします。

実測で、キーピッチは横:約17.5mm、縦:約16mm、キーストロークは約1.7mmです。キーピッチが狭く、やや窮屈さを感じますが、慣れれば普通に打てる範囲だと思います。


キーボード全体図


キーの拡大図1


キーの拡大図2

 

タッチパッドの指の動かしやすさは普通です。クリックボタンは独立しており、軽い力で押すことができるため、クリックしやすいです。


タッチパッド

パフォーマンスのチェック

パフォーマンスのチェックです。

タブレットとしては、CPU性能もまずまずで、メモリ容量も4GBと多く、ストレージも大容量の128GBを選択でき比較的高い性能です。

ノートパソコンとしては、CPUがAtomということで、Core i プロセッサーを搭載した製品と比べると、性能が落ちます。

ベンチマーク結果は次の通りです。


PassMark PerformanceTest

3DMark

PCMark 8- Home accelerated

CrystalDiskMark 5 (64GB フラッシュメモリ)

CrystalDiskMark 5(microSDカード)

重量のチェック

当サイトで実際に計測した重量を掲載します。

タブレットのみ重量は684gと、最新のタブレットとしてはやや重いです。

タブレット+キーボードの重量は1348gと、一般的なモバイルノートパソコンと同等の重量です。

ACアダプターは、一般的なタブレットのそれと比較すると重いですが、一般的なモバイルノートパソコンよりは軽いです。


重量のチェック

薄さのチェック

薄さのチェックです。

防塵、防水、堅牢性を重視した製品だけに、高さは結構あります。最薄モデルのタブレットと比較すると2倍近い高さがあります。


高さの計測

バッテリー駆動時間のチェック

バッテリー駆動時間のチェックです。

一般的なタブレットの動画再生時間を比較すると、やや短めの駆動時間です。

一般的なモバイルノートパソコンのPCMark 8 の結果と比較した場合は、やや長めの駆動時間です。

バッテリー駆動時間
  Arrows Tab WQ2/X
動画再生時 ※1 7時間35分
PCMark 8 Home のバッテリーライフテスト ※2 7時間04分
PCMark 8 Work のバッテリーライフテスト ※3 7時間21分
※画面輝度を約120cd/m2に調整して計測
※1 ローカルディスクに保存した動画(解像度:720x480)を連続再生
※2 ブラウザでのショッピング/大量の画像閲覧、文書作成、画像編集、ビデオチャット、軽いゲームなどを実行

※3 ブラウザでのショッピング/大量の画像閲覧、文書作成、表計算、ビデオチャットなどを実行

表面温度のチェック

本体の表面温度のチェック結果です。もし、表面温度が高すぎると、タブレットを持つ手が熱くなり不快になります。

動画再生時について、裏面の右側の温度がやや高いですが、それほど気にはなりません。


外観のチェック

外観のチェックです。

堅牢性などを重視したモデルであるため、本体が分厚く、iPadなどと比べると見た目はあまり良くありません。

 

裏面は凹凸のある加工が施されており、滑りにくくなっています。

 

右側面です。防塵、防水を実現するため、コネクタ類にはキャップが付いています。また、電源ボタン(灰色のボタン)などは持ったときに手が触れない位置にあります。

 

キャップを取ると、microSDカードスロットとSIMカードスロットがありますが、SIMカードスロットは埋められており使えないようになっています。

 

ペンを収納可能です。

 

左側面です。こちらもコネクタ類にキャップが付いています。

 

キャップを取るとUSB3.0、USB2.0、micro HDMI、電源のコネクタがあります。

 

スリムキーボードの画像です。

 

スリムキーボードの裏面です。四隅だけではなく、中央、左中央、右中央にもストッパーを設置することにより、本体がテーブルから少しはみ出ても落ちないような仕組みになっています。

 

また、キーボード側にもストッパーを複数設置し、分離したタブレットをキーボードの上に重ねても、タブレットが落ちないようになっています。

 

タブレットとスリムキーボードを接続したときの画像です。

まとめ

以上が、富士通 arrows Tab WQ2/Xのレビューです。

元々、学校向けに作られた法人用の製品だけあって頑丈に出来ていて、防塵、防水にも対応しています。キーボードも机から落ちにくい工夫がされています。法人じゃなくても、誤って落としたりしやすい子供用として購入する場合や、水回りや乱暴に扱う場所で使う場合に適している製品だと思います。

ペンの書き心地も良かったです。また、キーボードも10インチクラスの2 in 1 パソコンとしては打ちやすいと思います。

ただ、大人が個人用として、趣味で使う場合、本体が分厚く、見た目がやや格好悪いです。

また、液晶を非光沢にし、ペンで書きやすい表面にしたせいか、液晶にギラつきを感じます。

詳細はこちら
メーカー直販サイト:富士通WEBMART(arrows Tab WQ2/X) icon