会員登録

今なら抽選でプレゼント実施中!!

当サイトは、パソコン・周辺機器・ソフトの比較サイトです。価格ではなく、機能・性能面について比較しているのが特徴です。

the比較 > タブレット > 富士通 ARROWS Tab QH33/S

ARROWS Tab QH33/Sの実機レビュー

更新日:2014年11月25日

国内メーカーの8インチタブレット

ARROWS Tab QH33/Sは、国産メーカー「富士通」の8インチWindowsタブレットです。

富士通が出している製品ということで安心感があります。パソコン系の製品は、国産メーカーしか買わないという方も結構いるので、そういった方に良いでしょう。国産メーカーの8インチWindowsタブレットは意外と少ないです。

また、横幅が比較的短く、滑りにくい加工が裏面に施されているため、持ちやすいです。

8インチタブレットとしては珍しくmicroHDMIポートも搭載しています。液晶テレビへ出力して、映画などを楽しむことができます。

メーカーサイト:富士通WEBMART

46%OFFで購入可能な限定ページです↑

※レビュー機は、メーカーからの借用品です

目次

ARROWS Tab QH33/Sの仕様

本製品の仕様は次の通りです。特徴的な部分は赤字にしています。

標準的なスペックです。強いて言えば、内蔵ストレージが64GBと、タブレットにしてはやや多めです。また、Office Home and Business 2013も付属しています。液晶解像度はやや低めです。

ARROWS Tab QH33/Sの主な仕様
  ARROWS Tab QH33/S
OS Windows 8.1 with Bing 32bit
液晶 8インチ (1280x800
プロセッサー Atom Z3735F
メモリ 2GB
内部ストレージ 64GB フラッシュメモリ
バッテリー 約10.5時間 (JEITA Ver.2.0測定法準拠)
約12時間 (JEITA Ver.1.0測定法準拠)
カメラ OUT:500万画素
IN:126万画素
防水 / 防塵 なし
主なスロット micro USB2.0
microSD
micro HDMI
重量 約390g
Office Office Home and Business 2013

特徴1 - やや横幅が短い

ARROWS Tab QH33/Sは、横幅が比較的短く、持ちやすくなっています。

下の表では、8インチクラスのWindowsタブレットの縦・横・高さを比較しています。他のタブレットは130mmを超える横幅が多いですが、本製品は126mmとなっており、他のタブレットよりも横幅が短いことがわかります。ただ、最も短いわけではありません。

8インチWindowsタブレットのサイズの比較
  富士通
ARROWS Tab
QH33/S
東芝
dynabook
Tab S38
レノボ
ThinkPad 8
レノボ
Miix 2 8
ASUS
VivoTab 8
M81C
DELL
Venue 8 Pro
3000シリーズ
Acer
ICONIA
W4-820/FH
縦(mm) 215 210.7 224.3 215.6 211.7 216.2 218.9
横(mm) 126 132.0 132 131.6 124.9 130 134.9
厚さ(mm) 9.9 9.5 8.8 8.35 8.8 9.0 10.8

特徴2 - microHDMIポート搭載

本製品は、microHDMIポートを搭載しており、大画面テレビへ映像を出力することが可能です。

8インチのタブレットはボディが小さいため、microHDMIポートを搭載している製品は、意外と少ないです。


microHDMIポート

Webページを見る

Webページ閲覧時の快適性のチェックです。

液晶解像度は1280x800となっており、やや低めの解像度です。タブレットを横位置(画面を横長にした状態)にしたときは、問題なくWeb閲覧できますが、縦位置にしたときは、下図のように文字がぼやけます。


縦位置表示で、当サイトを閲覧したときの文字の綺麗さ

 

次に、Windows ストアアプリのInternet ExplorerのPEACEKEEPERのベンチマーク結果を下に掲載します。標準的なスコアです。


PEACEKEEPERの実行結果

テレビや動画配信を観る

タブレットで、テレビのライブ視聴や動画配信サービスを視聴できるかを確認しました。

下記の通り、いずれも問題なかったです。Windowsタブレットであるため、対応しているソフトやサービスが多いです。

nasneを使ってテレビ視聴

ソニー製「nasne」のライブ視聴を試しましたが、問題ありませんでした。

PIX-BR310Lを使ってテレビ視聴

ピクセラ製「PIX-BR310L」のライブ視聴を試しましたが、問題ありませんでした。

動画配信サービスを確認

動画配信サービスとは、月額500円や1,000円程度で、過去の多くのテレビや映画、アニメを視聴できるサービスです。

Huludビデオ バンダイチャンネルを試してみましたが、いずれも問題ありませんでした。

ARROWS Tab QH33/Sは、micro HDMIポートも搭載しているため、動画配信サービスの映像を、タブレットを経由して、大画面のテレビへ出力することもできます。

テレビによっては、Huluやアクトビラ(バンダイチャンネルもアクトビラから視聴可能)等に対応しており、タブレットを使わなくても、直接テレビで視聴できます。しかし、動画配信サービスの視聴に対応していないテレビもありますし、dビデオに関しては対応しているテレビがありません。dビデオを視聴する場合は、タブレットやスマートフォンを経由する必要があります。

なお、動画配信サービスはハマると、他のことが手につかなくなるので気をつけましょう。


dビデオ

電子書籍を読む

電子書籍を読んだときの快適性のチェックです。

小説、マンガは問題なく読めます。ただし、雑誌のような細かい文字の書籍は、文字が小さく、また文字がややぼやけます。


雑誌(PDFファイル)を表示

液晶ディスプレイのチェック

ARROWS Tab QH33/Sの液晶ディスプレイのチェックです。

視野角は良いです。


視野角(斜めから見たときの見やすさ)

 

カラーマネージメントツールによるガンマ補正曲線は下図の通りです。計測がうまくいっていないためか、やや波打っていますが、比較的自然な発色だと思います。


ガンマ補正曲線
※ i1Display Proで計測。目標値は輝度:120、白色点:CIEイルミナントD65、ガンマ値:2.2
※見方の詳細については、miyahan.com様、DOS/V Power Report様のページをご確認ください

 

色域の広さは普通です。


ガモット図
※ i1 Display PROでICCプロファイルを作成後、MacのColorSyncユーティリティでグラフを作成

画素の形状はシンプルです。ギラつきはありません。


パフォーマンスのチェック

タブレットとしては、普通の処理性能です。

Atom Z3735F、メモリ2GB、ストレージ64GBの構成でのベンチマーク結果を掲載します。


PassMark PerformanceTest

※FIRE STRIKEは実行できませんでした
Windows版の3DMark(パソコンとの比較用)


Windows RT版の3DMark(タブレットとの比較用)

PCMARK8(Home Accelerated)

CrystalDiskMark (内部ストレージ)

CrystalDiskMark(microSDカード)

ゲームベンチマーク

ブラウザゲームの「艦これ」と、比較的負荷の軽い3Dゲームの「ドラゴンクエスト X」で負荷やベンチマークを計測しました。

艦これ

CPU負荷もそれほど高くはなく、問題なくプレイできました。


艦これ - 「母港」で何もしていないときのCPU負荷

ドラゴンクエストX

低品質、640x480という最低の画質設定でも、評価は「重い」でした。 ドラゴンクエストXの実行は無理そうです。


ドラゴンクエストX ベンチマーク

重量のチェック

当サイトで実測した重量は下図の通りです。比較的軽いほうだと思います。


重量の実測結果

バッテリー駆動時間のチェック

メーカーの仕様上のバッテリ―駆動時間は、JEITA Ver.2.0測定法で約10.5時間、JEITA Ver.1.0測定法準拠で約12時間です。

当サイトでのバッテリ―駆動時間の計測結果は次の通りです。普通の駆動時間です。

バッテリー駆動時間
負荷内容 ARROWS Tab QH33/S
動画再生時 ※1 7時間14分
※1 ローカルディスクに保存した動画(解像度:720x480)を連続再生

表面温度のチェック

本体の表面温度のチェック結果です。もし、表面温度が高すぎると、タブレットを持つ手が熱くなり不快になります。

動画再生時は裏面の上部がやや熱くなります。縦位置で持つときは手が触れないので気になりませんが、横位置で持つと手が触れるのでやや不快です。


外観のチェック

ARROWS Tab QH33/Sの外観のチェックです。

正面からみた画像です。Windowsボタンは、タッチセンサーではなく、物理的なボタンになっており押しやすいです。

 

側面です。縦位置にしたときの上側面に、ステレオ・ミニジャック、HDMI、microSDカードスロットがあります。

 

下側面には、micro USB2.0(micro-B)があります。

 

右側面には、電源ボタン、音量ボタンがあります。

裏面です。触り心地の良い3Dテクスチャ加工が施されており、持ちやすくなっています。

 

ACアダプターとUSBケーブルです。

まとめ

以上が富士通 ARROWS Tab QH33/Sのレビューです。

国産メーカーの富士通製品ということで、安心感があります。国産メーカーの8インチのWindowsタブレットは意外に少ないです。

また、横幅が比較的短く、本体裏面がテクスチャ加工されており滑りにくいので、持ちやすいです。

8インチタブレットとしては珍しく、microHDMIポートも搭載しており、液晶テレビへ出力して映画を楽しむことも出来ます。Huluやdビデオなどの動画配信サービスの映像を、テレビに出力して観るのもいいでしょう。

スペックは普通です。縦位置で表示させたときに、Webページや電子書籍によっては文字がぼやけるため、個人的には、もう少し液晶解像度が高ければ良かったなと感じました。

詳細はこちら
メーカー直販サイト:富士通WEBMART(ARROWS Tab QH33/S)
上のリンク先は、46%OFFで購入可能な当サイト限定のページです