会員登録

今なら抽選でプレゼント実施中!!

当サイトは、パソコン・周辺機器・ソフトの比較サイトです。価格ではなく、機能・性能面について比較しているのが特徴です。

the比較 > タブレット > 富士通 ARROWS Tab QHシリーズ(WQ2/M,QH77/M)

ARROWS Tab QHシリーズ(WQ2/M、QH77/M)の実機レビュー

更新日:2014年1月8日

高処理性能タブレット

ARROWS Tab (WQ2/MおよびQH77/M)は、インテルCore i プロセッサーを搭載した高い処理性能を持つタブレットです。

CPU、メモリ、ストレージなどがモバイルノートパソコンと同等の性能になっており、比較的負荷の高いソフトも快適に操作することができます。

Windows OSを搭載しているため、Flashを利用したブラウザゲームもプレイできますし、無数にあるWindows用ソフトや、既存の業務用ソフトも利用することができます。

ただし、重量がやや重いです。

メーカーサイト:富士通WEBMART
※当サイト限定で通常よりも安く購入可能です

※本製品は貸出機です。

※2013年秋冬/カスタムメイドモデル「WQ2/M」でレビューをしています。店頭で販売されているカタログモデルの名称は「QH77/M」となります。搭載できるパーツがやや異なりますが、外観は同じです。

カスタムメイドモデル・・Web直販店「富士通WEB MART」でのみ販売されているモデル。パーツのカスタマイズが可能
カタログモデル・・主に家電量販店で販売されているモデル(富士通WEB MARTでも販売)。パーツのカスタマイズは不可

目次

特徴1 - タブレットとしては高い性能

ARROWS Tab WQ2/Mは、CPUに第4世代インテル Core i7を選択可能で、タブレットの中では非常に高い性能です。

iPad Airと各種ベンチマークを比較した結果を下の表にまとめました。なお、本製品はバッテリー駆動時間を延ばすためだと思うのですが、デフォルトの電源プランが「省電力」になっています。「省電力」の設定ではCPUのパフォーマンスが低下するため、「バランス」に変更したときの結果も掲載します。

「省電力」のままではiPad Airのほうがスコアが高いケースもありました。しかし、「バランス」の設定ではARROWS Tab WQ2/Mのほうがかなりスコアが高かったです。

  ARROWS Tab WQ2/M

iPad Air
Core i7-4600U
8GBメモリ
256GB SSD
Apple A7
1GB メモリ
16GB SSD
電源プラン:省電力  電源プラン:バランス
3DMark - Ice Strom Unlimited 30211 45991 14735
PEACEKEEPER 753 2358 1908
Octane 4077 8403 5401

特徴2 - ワコム製のスタイラスペンが付属

ARROWS Tab WQ2/Mは、ワコム製のスタイラスペンを搭載しています。

後日、イラストレーターさんへ依頼し、Adobe Illustratorでイラストを描いてもらって、快適かどうかを検証してもらう予定です。


ワコム製のスタイラスペン付属

特徴3 - 防水仕様でお風呂や台所でも使える


防水だから台所でも使える

防水仕様となっているため、水に濡れても使用することが可能です。

台所でちょっと水が付く程度なら全く問題ありません。

 

特徴4 - Flashが使える


ブラウザゲームも動く

iOSではFlashが使えず、Android OSもFlashのサポートは終了しました。しかし、Windows OS搭載の本製品ならFlashを使うことが可能で、「艦これ」などのブラウザゲームも動かすことができます。

また、CPU性能も良いので、ブラウザゲームが非常に快適だと思います。

特徴5 - Windowsソフトが動く


Windowsアプリも動作可能

本製品は、無数にあるWindowsのデスクトップ用ソフトを使用することが可能です。Microsoft Office、年賀状ソフト、数多くのフリーソフト、業務に特化したWindows用ソフトなど、多くのソフトが動作可能です。

また、メイン機にWindowsパソコンを利用している人は、タブレットで同じソフトを使用できるのも嬉しいです。デバイスによって使い勝手が変わることがありません。

ただし、Windowsストアアプリ(Windowsストアから購入できるタブレット用アプリ)は、Google PlayアプリやApp Storeアプリよりも、まだまだ数が少ないです。

Webページを見る

Webページ閲覧時の快適性のチェックです。

タブレットは、画面を縦長にしてWebページを閲覧できることがメリットの1つとしてあります。12.5型フルHD液晶を搭載した本製品を縦長にしてWebページを見た感想としては、WQHDほどの解像度はないためやや文字がぼやける部分もありますが、画面が大きいため比較的見やすいです。

ただし、重量が重いため、持ちながらWeb閲覧するのはきついです。

 

Windows ストアアプリのInternet Explorerのベンチマーク結果を下に掲載します。電源プランを「省電力」にしたときと「バランス」にしたときの結果を掲載します。

PEACEKEEPER

Webブラウザの性能を測るベンチマークです。

Octane

JavaScript実行時の性能を測るベンチマークです。

Flash Benchmark 2008

Flash実行時の性能を測るベンチマークです。

ワイヤレスでテレビを視聴する

Windowsタブレットからワイヤレスでテレビをライブ視聴するには幾つか方法がありますが、今回は、PIX-BR320を使ったテレビ視聴を試しました。

PIX-BR320を使ってテレビ視聴

ピクセラ製「PIX-BR320」を使用して、テレビ視聴、録画、再生できるかを試しましたが、問題ありませんでした。


ピクセラ製のPIX-BR320を使ってテレビ視聴可能

電子書籍を読む

電子書籍を読んだときの快適性のチェックです。

12.5型フルHD液晶の本製品で電子書籍を読んだ感想ですが、小説やマンガなどは見開きで表示しても見やすいです。雑誌のPDFファイルは、見開きで表示させると、解像度が足りないためやや文字がぼやけます。縦長の画面にして1ページのみ表示させた場合は見やすいです。

また、280MBほどあるPDFファイルを表示させているのですが、ファイルサイズが大きいため他のタブレットだと描画がかなり遅いです。しかし、本製品は比較的スムーズに描画できていました。


雑誌(PDFファイル)を表示

液晶ディスプレイのチェック

ARROWS Tab WQ2/Mの液晶ディスプレイのチェックです。

本製品はタブレットとしては大きな12.5型の画面を搭載しています。

IPSパネルを搭載し、視野角は良いです。


視野角(斜めから見たときの見やすさ)

 

ガンマ補正曲線です。暗部がわずかに上方向に調整されているものの、RGBのズレは少ないです。色再現性は高いと思います。

※同じパネルでも調整具合はやや異なります。また異なるパネルが搭載される可能性もあります



※見方の詳細については、miyahan.com様、DOS/V Power Report様のページをご確認ください

 

色域の広さは、"普通"または"やや狭い"といった感想です。


ガモット図
※ i1 BASIC PROでICCプロファイルを作成後、MacのColorSyncユーティリティでグラフを作成

 

画素の形状はシンプルです。ギラつきはほぼありません。見やすいです。


パフォーマンスのチェック

パフォーマンスのチェックです。

UシリーズのインテルCoreプロセッサーを搭載し、タブレットとしては非常に高い処理性能です。モバイルノートパソコンと同等程度の性能があります。

ただし、本製品は、デフォルトでは電源プランが「省電力」になっています。もし、CPUの性能を十分に発揮させたいときは「バランス」や「高パフォーマンス」へ変更する必要があります。

以下に、電源プランを「省電力」にしたときと「バランス」にしたときの各種ベンチマーク結果を掲載します。

Windows エクスペリエンス インデックス


※ 省電力とバランスで違いはありませんでした

PassMark Performance Test 8.0

3DMark


※ ICE STORM:Direct 9相当ベンチ、CLOUD GATE:Direct 10相当ベンチ、FIRE STRIKE:Direct 11ベンチ

Windows版の3DMark(パソコンとの比較用)


Windows RT版の3DMark(タブレットとの比較用)

PCMark 8

ストレージのベンチマーク

ゲームベンチマーク

Windowsタブレットでゲームをする方も最近多いため、比較的軽くて人気の高い3Dゲーム、ドラゴンクエスト Xでベンチマークを計測してみました。

低品質、640x480の解像度ではプレイ出来そうです。しかし解像度を1280x720にしたところ「やや重い」という評価でした。

重量のチェック

当サイトで実測した本製品の重量は下の通りです。

タブレットとしては重いです。


重量の実測結果

バッテリー駆動時間のチェック

メーカーの仕様上のバッテリ―駆動時間は、約16時間(タブレット単体)、約13時間(スリムキーボード接続時)となっています。

ここでは、タブレット単体でのバッテリー駆動時間を実測した結果を掲載します(下表参照)。最近のタブレットの中では"普通"または"やや短め"かなと思います。

バッテリ駆動時間
負荷内容 ARROWS Tab WQ2/M
動画再生時 ※1 8時間11分
PCMark 8 のバッテリライフテスト ※2 5時間20分
※1 ローカルディスクに保存した動画(解像度:720x480)を連続再生
※2 ブラウザでのショッピング/大量の画像閲覧、文書作成、画像編集、ビデオチャット、軽いゲームなどを実行

カードリーダー/ライターのチェック

内蔵カードリーダー/ライターのチェックです。

CrystalDiskMarkのベンチマーク結果は次の通りです。高速なリーダー/ライターです。


 

  1 2 次へ
  目次