会員登録

今なら抽選でプレゼント実施中!!

当サイトは、パソコン・周辺機器・ソフトの比較サイトです。価格ではなく、機能・性能面について比較しているのが特徴です。

the比較 > タブレット > 富士通 ARROWS Tab QHシリーズ(QH55/M、WQ1/M)

ARROWS Tab QHシリーズ(QH55/M、WQ1/M)の展示機レビュー

更新日:2013年10月8日

2013年10月8日、富士通から、WQXGAの10.1型Windowsタブレット、ARROWS Tab QHシリーズ(QH55/MまたはWQ1/M)が発表されました。展示会にて実機を確認して参りましたので、簡易的にレビューします。なお、試作機でのレビューです。製品版とは外観等異なる可能性があります。

※量販店モデルはARROWS Tab QH55/M、直販店モデルはARROWS Tab WQ1/Mという名称になります。

 

本製品の特徴は次の4つです。
(1)WQXGA(2560x1600)の解像度と、16:10のアスペクト比
(2)ワコム製ペンが付属
(3)15.5時間のロングバッテリ
(4)防水、防塵、耐薬品

 

Windowsのタブレットの解像度は、今までは1366x768が主流で、高い解像度でも1920x1080でした。一方、本製品はWQXGA(2560x1600)という高い解像度であり、画面を近くで見ても粒状感がなく見やすい液晶です。

 

また、アスペクト比が、Windowsタブレット主流の16:9ではなく、16:10である点にも注目です。16:9の場合、動画は見やすいのですが、画面を縦長にして書籍を見ると、上下に余分な余白ができていました。また画面を縦長にしてWebページを見るときも、横幅が狭くなり文字が小さくなってしまいました。16:10のアスペクト比なら、これらのことが少し改善されます。

なお、Androidタブレットの多くは16:10となっています。

 

右側面には、USB3.0とmicro USB、ヘッドホン端子があります。防水仕様であるため、カバーが取り付けられています。

 

左側面には、電源、ボリュームボタンなどが確認できます。

 

デジタイザペンはワコム製です。Adobe系ソフトの筆圧検知にも対応していると思われますが、CPUがAtomではAdobe系ソフトは快適に動作しないかもしれません。

 

クレードルです。背面には、USB、VGA、HDMI、LANポートがあります。

 

専用のケースです。(画像はないですが)スタンド代わりにもなります。

 

 

最後に仕様を掲載します。

  ARROWS Tab QHシリーズ(QH55/M、WQ1/M)
OS Windows 8.1 32bit
液晶 10.1インチ(2560×1600)IPS液晶
プロセッサー Atom Z3770 4コア1.46GHz
メモリ 4GB
内部ストレージ 64GB/128GB SSD
バッテリー駆動時間 38Wh
約15.5時間
カメラ OUT:約800万画素
IN:約200万画素
防水 / 防塵 対応
主なスロット USB、microUSB、microSD
薄さ 9.9mm
重量 約650g
その他 デジタイザペン付属

所感

筆者が今まで見てきたWindowsタブレットの中では、トップクラスの”出来の良さ”ではないかと思います。

2560×1600の高解像度も嬉しいですし、16:10のアスペクト比というのはWebページや電子書籍を見るならとてもお勧めです。

ただし、Windowsは、画面の拡大・縮小が苦手なソフト(そもそも意識して作り込まれていない)が多いため、ソフトによっては高解像度すぎて、逆に使いにくケースもあるかと思います。

詳細はこちら
メーカーサイト:富士通WEBMART