会員登録

今なら抽選でプレゼント実施中!!

当サイトは、パソコン・周辺機器・ソフトの比較サイトです。価格ではなく、機能・性能面について比較しているのが特徴です。

the比較 > タブレット > ASUS MeMO Pad 8

ASUS MeMO Pad 8の実機レビュー

更新日:2014年2月19日

コスパの高い8インチタブ

MeMO Pad 8は、コストパフォーマンスの高い8インチのAndroidタブレットです。クアッドコア搭載で、2万円台の安さです。

カラーは、グレー、ピンク、ホワイトの3種類用意されています。

microSDカードスロットを搭載し最大64GBまでのメモリを利用可能です。

8インチクラスのタブレットの中では、約350gと比較的軽量です。

販売店:Amazon(ASUS MeMO Pad 8)

※レビュー機は当サイトでの購入製品です

目次

MeMO Pad 8の仕様

最後に主な仕様をまとめます。

MeMO Pad 8の主な仕様
  MeMO Pad 8
OS Android 4.2.2
液晶 8インチ (1280x800 WXGA)
プロセッサー ARM Cortex-A9 4コア1.6GHz
メモリ 1GB
内部ストレージ 16GB
バッテリー 約9時間
カメラ OUT:500万画素
IN:120万画素
防水 / 防塵 なし
主なスロット microUSB
microSD
マイクロフォン/ヘッドフォン・コンボジャック
重量 約350g

特徴1 - 約30%アップの画面表示領域

同メーカーのMeMO Pad HD7に比べ、軽量・薄型ボディーを維持しつつも画面表示領域を約30%アップ。下の画像の通り、周囲の黒ふち部分を絞り込む事によって大型化を抑えつつディスプレイ領域を拡大しています。

ちなみにMeMo Pad HD7 のサイズが196mm×120mmに対して、MeMO Pad 8は212mm×127mmとなっています。MeMO Pad 8のほうが画面が1インチ大きくなった割には、本体サイズはそれほど大きくなっていません。


画面端の黒ふち部分の幅を比較

特徴2 - 多彩なカラーバリエーション

MeMO Pad 8は、カラーバリエーションが豊富なタブレットです。

グレー、ピンク、ホワイトの3種類用意されています。


カラーバリエーション

特徴3 - 軽い重量

MeMO Pad 8は重量も比較的軽いです。同じ7インチタブレットのMeMO pad HD7は約302gですが、本製品は画面領域を30%アップしつつ約350g(メーカー公表スペック)となっています。

なお、当サイトで重量を計測した結果は、353gでした。また電源ケーブルについては51gでした。


重量の実測結果

特徴4 - 最大64GBのmicroSDが利用可能

MeMO Pad 8は、標準で64GBまでのmicroSDカードをサポートしています。特にファイルサイズの大きな動画の利用でも十分な容量を確保する事ができます。

試しに、SanDisk Ultra micro SDX 64GB カードを挿入してみましたが、問題なく認識されました。また挿入後、本体からはみ出るようなことはありませんでした。


最大64GBのmicroSDカードを利用可能

 

カードリーダー/ライターの速度計測結果は次の通りです。タブレットとしては普通の速度だと思います。

SD Tools



SD Toolsアプリで計測

Webページを見る

MeMO Pad 8でWebページを閲覧してみた感想です。

MeMO Pad 8のほうが文字は大きくなっているものの、画素数が変わらないためそれほど見やすくはなっていません。文字がややぼやけて見えます。もう少し高い解像度が欲しかったです。


タブレットを縦長の向きにして当サイト「the比較」を表示させた画像

 

次に、標準ブラウザでのベンチマーク結果を掲載します。

PEACEKEEPER

PEACEKEEPERにおいて、標準的なスコアは「タブレット端末では374」とあるので、比較的良いスコアと言えます。


PEACEKEEPER(Futuremark社)・・・Webブラウザベンチマークテスト

Octane

次は、JavaScriptのベンチマークの実行結果です。こちらも良いスコアです。


Octane(Google社)・・・ JavaScriptベンチマークツール

テレビを観る

テレビをライブで視聴する方法は幾つかありますが、今回はnasneを使う方法とPIX-BR320を使う方法を試しました。

nasneを使ってテレビ視聴

MeMO Pad 8 にTwonky Beamをインストールし、nasneを使ってテレビを視聴てみました。ライブ視聴は問題なく観ることができました。しかし、録画番組の再生もできたのですが、早送りをするとなぜかエラーが表示され視聴することができませんでした。


nasneを使ってテレビ視聴

PIX-BR320を使ってテレビ視聴

ピクセラ製「PIX-BR320」でのテレビ視聴も試しました。初期セットアップ時に何度かエラーが生じましたが、特別なことはせずに再度トライすると次のステップに進み、無事セットアップする事ができました。


ピクセラ製のPIX-BR320では視聴可能。

その他の方法

今回は未検証ですが、この他にも、VULKANO FLOWSEG CLIP mobile(ただしワンセグ)などを用いる方法があります。

電子書籍を読む

電子書籍を読んだ時の感想です。

小説、マンガなどほとんどの書籍は快適に読めます。ただし、PDF化した雑誌の場合、文字が小さく、ややぼやけます。読める範囲ではありますが、快適とは言えないです。

また、片手で持って読めないこともないですが、やや重くて大きく感じます。例えば電車の中で、立ちながら片手で持って閲読する場合は7インチ以下のタブレットのほうが良いと感じます。


雑誌の電子書籍を表示


読める範囲ではあるが、やや文字はぼやける

液晶ディスプレイのチェック

液晶ディスプレイのチェックです。

ギラつきもなく、やや暖色系で、文字は見やすい液晶だと思います。

視野角もIPSであるため広いです。


視野角(斜めから見たときの見やすさ)

 

画素の拡大図です。


画面表面の拡大図

パフォーマンスのチェック

CPU、メモリ、GPUのいずれも、8インチタブレットの中ではやや良いスペックかなと思います。

また、MeMoPad HD7はMediaTek MTK8125の1.2GHzを搭載しているのに対して、MeMOPad 8はクアッドコアのARM Cortex-A9の1.6GHzを搭載しており性能が良いです。ただ通常使用してみた感想としては、はっきりと意識できる差は感じられませんでした。

下記にベンチマーク結果を掲載します。

PassMark PerformanceTest Mobile

3DMark

バッテリー駆動時間のチェック

メーカーの仕様上のバッテリ―駆動時間は、約9時間となっています。

当サイトでの実測値は下の表の通りです。他のタブレットでも同じ方法で計測していますが、普通の駆動時間だと思います。

バッテリー駆動時間
負荷内容 バッテリー駆動時間
動画再生時 ※1 9時間2分
※1 ローカルディスクに保存した動画(解像度:720x480)を連続再生。画面輝度は120cd/m2。
動作再生アプリはMX動画プレイヤーを使用。Battery Mixも同時に起動しバッテリー状態を計測。

スリープ時のバッテリー残量の変化

MAXまで充電し、バッテリー駆動状態にした後、本体をスリープにしてバッテリー残量を計測した結果は下図の通りです。約24時間後にバッテリー残量を確認したところ、「残量82%」となっていました。何もしなくとも5日に一度は充電をする必要があると言えます。

薄さのチェック

薄さは実測で約10.5mmです。MeMo Pad HD7と比較すると薄型化が図られているのが分かると思います。


MeMO Pad HD7の薄さの実測値は約10.5mm

表面温度のチェック

本体の表面温度のチェック結果です。もし、表面温度が高すぎると、タブレットを持つ手が熱くなり不快になります。

本体の裏面を計測しましたが、本体上部カメラがある部分ががやや暖かくなりますが、それほど不快ではありません。

外観のチェック

外観です。

このサイズとしては薄型の本体です。


 

裏面です。やや滑りますが、軽いので気にはなりません。リアカメラ(500万画素)も搭載されています。

 

側面の端子です。基本的なインターフェスはMeMO HD7と同じです。

 

ACアダプターです。小さいです。

まとめ

以上がMeMO Pad 8のレビューでした。

MeMO Pad HD7と同様にコストパフォーマンスが非常に高い製品です。人気も高いです。

8インチタブレットの中では、比較的重量も軽いです。

ただし、片手で持つにはやや重く、少しサイズが大きいと感じました。筆者自身は男性の中ではやや手が大きな部類に入りますが、それでも持ちにくさを感じました。片手で持つことを想定している場合は、7インチ以下のタブレットのほうが筆者は良いと感じました。

また、タブレットは、もう少し高解像度の液晶を搭載したほうが良いと感じます。1280x800の解像度だと、Webや電子書籍を閲覧したときに、文字がぼやけるケースがあります。

他の8インチタブレットについては「8インチ タブレット の比較」をご覧ください。

詳細はこちら
メーカーサイト:ASUS
販売店:Amazon(MeMO Pad 8)
※Amazonが価格が安くておすすめです。送料も無料ですし、大手なので安心です。