会員登録

今なら抽選でプレゼント実施中!!

当サイトは、パソコン・周辺機器・ソフトの比較サイトです。価格ではなく、機能・性能面について比較しているのが特徴です。

the比較 > 格安SIMカードの比較 > 格安SIMで電話をたくさんかけるならこれ!

格安SIMで電話をたくさんかけるならこれ!

更新日:2016年6月27日

大手キャリアから格安SIMに乗り換える時に気になるのが音声通話料。近頃はLINE通話やskype、Facebook通話などの無料通話アプリで用事が済む場合もありますが、固定電話や携帯電話との音声通話が必要な場面も少なくありません。

大手キャリアでは無料通話分がついてきたり、同じキャリア同士ならかけ放題などのサービスがありますが、格安SIMでも「かけ放題」や「定額通話」をオプションで提供しているMVNOがあります。頻繁に音声通話を使うからという理由で格安SIMプランを敬遠していた方や音声通話料の負担が気になる方は是非「かけ放題」や「定額通話」オプションのある格安SIMを検討してみてください。

通話がお得になるオプションが選べる格安SIM

楽天モバイル「5分かけ放題オプション」

通話時間:5分以内、オプション月額850円(税別)

5分以内なら何回でも国内通話がかけ放題となるオプションです。電話回線を使っているため通話品質もよく、途切れにくいです。5分経過後は通話継続したまま、30秒10円の通話料が発生するようになります。友人や家族との長時間の通話はLINEを使うなど、うまく使い分けができれば便利なオプションです。

 レビュー記事 メーカーサイト

FREETEL「FREETELでんわ」

通話時間:1分以内、オプション月額399円(税別)

または 通話時間:5分以内、オプション月額840円(税別)

FREETELの音声通話付きSIMと一緒に専用アプリを使えば、オプションに応じた時間内で何度でもかけ放題になります。規定の時間を経過した後は30秒10円の通話料が発生します。専用アプリから通話しますが、電話番号や電話帳機能はそのまま使用可能です。電話回線を使用しているため、音質も良好です。同じ専用アプリを使えば月額0円で通話料が半額の30秒10円になります。

 メーカーサイト

DTI SIM「でんわかけ放題」

通話時間:5分以内、オプション月額780円(税別)

5分以内なら国内通話が何度でもかけ放題のオプションです。音声通話付きのDTI SIMを使えば、専用アプリ不要で通常の電話機能からの通話が無料対象になります。5分経過後は30秒20円の通話料がかかるため、5分以上経過する頻度が高いと割高になります。

 メーカーサイト

BIGLOBE SIM「通話パック60」

通話時間:ひと月あたり最大60分、オプション月額650円(税別)

通話料が30秒10円になる専用アプリ「BIGLOBE電話」に追加して、さらにひと月あたり最大60分の通話が定額で利用できるオプションです。毎月1時間以上通話するならBIGLOBE電話だけの利用に比べて、さらに550円お得になります。一般的な30秒20円の通話と比べると、最大44分の通話分が無料になる計算です。毎月1時間以上通話する方には割引も大きく、使いやすいオプションです。

 レビュー記事 メーカーサイト

mineo「通話定額30 / 通話定額60」

通話時間:ひと月あたり最大30分、オプション月額840円(税別)

または 通話時間:ひと月あたり最大60分、オプション月額1,680円(税別)

ひと月あたりの合計通話時間のうち一定時間分が定額で利用できるオプションです。例えば通話定額60をつけておけば、通常の30秒20円でひと月に1時間通話した場合に比べて、通話料が¥720安くなります。合計通話時間が60分を超えた分の通話料は一般的なスマホと同じ30秒20円のままですので、BIGLOBE SIMの「通話パック60」に比べると割高ですが、au端末の利用者には唯一の選択肢です。

 レビュー記事 メーカーサイト

NifMo「NifMoでんわ」

通話時間:無制限、オプション月額1,300円(税別)

「NifMoでんわ」は国内通話が通話時間無制限で通話し放題となるオプションです。さらに月額2,700円で海外にもかけ放題になります。通話回線にはIP電話機能を使っていますが、普段の電話番号のままで使えます。ただし90分前後経過すると自動的に通話が切断され、それ以上の通話の場合は一度かけ直す必要があります。また、IP電話であるためデータ通信量が消費されます。

 レビュー記事 メーカーサイト

関連ページ

他の格安SIMカードプランについてはこちらをご覧ください。

SIMカード比較