会員登録

今なら抽選でプレゼント実施中!!

当サイトは、パソコン・周辺機器・ソフトの比較サイトです。価格ではなく、機能・性能面について比較しているのが特徴です。

the比較 > 格安SIMカードの比較 > 複数のSIMを使うならこれ!

ひとつのプランで複数の格安SIMを使うならこれ!

更新日:2016年8月6日

大手MVNOのSIMプランの中には1契約で複数のSIMカードを利用できるシェアプランがあります。この複数SIMのシェアプランをおススメしたいのが、複数の端末でモバイル通信を使いたい方や、家族など複数人で通信容量をシェアしたい方です。

例えば5GBの高速通信SIMをメインのスマホで使用していて、他のスマホやタブレットでモバイル通信を利用したい場合、テザリング機能を使うかSIMカードを差し替える必要があります。テザリングだと通信速度や利用できる端末が制限される場合がありますし、いちいちSIMカードを差し替えるのも面倒です。複数SIMのシェアプランであればSIMごとに契約する必要がなく、1契約で最大3〜10枚のSIMカードを利用することが可能です。

そのほかのメリットとしては普段からそこまで通信容量を使わない複数のライトユーザーでシェアプランを利用すれば、通信料をさらに節約することもできます。家族で使えばモバイル通信を一つの契約にまとめることができ、家族間通話などの割引サービスを受けられるプランもあります。ただし速度制限にかかると複数SIMすべてが連動して制限されるため、小さな子供を含めた家族でシェアする場合などは気をつけたほうがいいでしょう。

複数のSIMカードを利用できるSIMカードプラン

以下に複数のSIMカードを利用できるMVNOの各SIMカードプランを紹介します。

最初からSIM3枚契約できるプランは、手数料が1回分(2,000~3,000円程度)で済みますが、最初1枚で申し込んでSIMを1枚ずつ追加申し込みするタイプのプランは、SIMを1枚追加するごとに手数料がかかります。

複数のSIMを使用できるSIMプラン
サービス名 通信容量 月額料金 ※1 SIM枚数 追加SIM
月額料金 ※1
SIM3枚の
月額料金 ※1
最初 最大
IIJmio ミニマムスタートプラン 3GB 900円~ 1枚 3枚 +400円/枚 1,700円~
excite モバイル 最適料金プラン 3枚コース 100MB~
20GB
1,050円~
3,980円
3枚 5枚 +390円/枚 1,050円
3,980円
excite モバイル 定額プラン 3枚コース 1GB 1,260円~ 3枚 3枚 +390円/枚 1,260円~
excite モバイル 定額プラン 3枚コース 2GB 1,450円~ 3枚 3枚 +390円/枚 1,450円~
IIJmio ライトスタートプラン 6GB 1,520円~ 1枚 3枚 +400円/枚 2,320円~
excite モバイル 定額プラン 3枚コース 3GB 1,680円~ 3枚 3枚 +390円/枚 1,680円~
hi-ho LTE type Dアソート 3GB 1,409円~ 3枚 3枚 1,409円~
BIGLOBE SIM ライトSプラン 6GB 1,450円~ 1枚 3枚 +200円/枚 2,850円~
DMM mobile シェアコース 8GB 1,980円~ 2~3枚 3枚 1,980円~
excite モバイル 定額プラン 3枚コース 9GB 2,460円~ 3枚 5枚 +390円/枚 2,460円~
IIJmio ファミリーシェアプラン 10GB 2,560円~ 3枚 10枚 +400円/枚 2,560円~
hi-ho LTE type D ファミリーシェア 10GB 2,838円~ 3枚 3枚 2,838円~
DMM mobile シェアコース 10GB 2,190円~ 2~3枚 3枚 2,190円~
BIGLOBE SIM 12ギガプラン 12GB 2,700円~ 1枚 5枚 +200円/枚 3,100円~
DMM mobile シェアコース 15GB 3,600円~ 2~3枚 3枚 3,600円~
DMMmobile シェアコース 20GB 4,980円~ 2~3枚 3枚 4,980円~
excite モバイル 定額プラン 3枚コース 20GB 5,180円~ 3枚 5枚 +390円/枚 5,180円~
※1 データ専用SIMプランのみの場合の税抜き価格。最初の枚数での価格であるためSIMを追加すると料金は増加

MVNOの紹介

excite モバイル

使ったデータ容量に応じて金額が変動する「最適料金プラン」が特徴的です。使う月と、使わない月の差が激しい場合に適しているでしょう。「定額プラン」も他のMVNOに比べるとかなり安いです。複数のSIMを使うならおすすめのMVNOです。

また、IIJmioやBIGLOBE SIMの場合、SIMカードを1枚追加するごとに、発行手数料が約3,000円取られます。例えば、SIMが3枚ほしい場合、新規契約手数料3,000円+発行手数料3,000円×2の合計9,000円かかります。一方、exite モバイルの「3枚コース」であれば、新規契約手数料の3,000円で3枚のSIMが手に入ります。ただし、4枚目、5枚目のSIMカードを追加するときは、発行手数料3,000円が追加のたびに必要となります。

 レビュー記事 メーカーサイト

IIJmio

一つのプランで使えるSIMカードが最大10枚とダントツ多いのがIIJmioのファミリーシェアプランです。たくさんの端末を使い分けているユーザーや大人数のライトユーザーでシェアするのにおすすめのプランです。SIMカード1枚当たりの発行手数料が税別2,000円と比較的安いのも嬉しいポイントです。

また、7/7から3GBのミニマムプランと6GBのライトスタートプランでもプラス月額400円でSIMカード1枚を追加可能になります。

 レビュー記事 メーカーサイト

BIGLOBE SIM

最大3枚のSIMが使える6GBプランと最大5枚まで使える12GBプランがあります。3日間の通信量による通信速度制限がないので、短時間で大容量の高速通信も可能です。SIMカード1枚当たりの発行手数料は税別3,000円ですが、現在キャンペーンをやっており、シェアSIM月額利用料が15カ月間200円(合計3,000円)値引きされ、SIMカード発行手数料が相殺されます。

 レビュー記事 メーカーサイト

DMM mobile

DMM mobileには複数SIMが使えるシェアコースがあり、4つの容量プランから選べます。最大容量は20GBです。上の表をみると10GBプランを2つ契約した方がお得なようにみえますが、DMM mobileでは1人当たり1契約までしかできません。

シェアコースは2枚と3枚が選べますが、どちらも料金は一緒です。

 レビュー記事 メーカーサイト

hi-ho LTE type D

hi-ho LTE type Dでは3GBプランと10GBプランの2つのプランが複数SIMに対応しています。最初から3枚で契約するため、新規事務手数料のみで3枚のSIMが手に入ります。

 メーカーサイト

関連ページ

他の格安SIMカードプランについてはこちらをご覧ください。

SIMカード比較