会員登録

今なら抽選でプレゼント実施中!!

当サイトは、パソコン・周辺機器・ソフトの比較サイトです。価格ではなく、機能・性能面について比較しているのが特徴です。

the比較 > 格安SIMカードの比較 > BIGLOBE LTE・3G

BIGLOBE LTE・3Gのメリット・デメリット&レビュー

更新日:2016年7月30日

無料のWi-Fiスポットへ自動切り替え可能

BIGLOBE LTE・3Gは、その名の通りBIGLOBEが提供するMVNOサービスです。

全国のマクドナルドやコーヒーショップなどのBBモバイルWi-Fiスポットが使えます。専用アプリ”オートコネクト”を使えば、LTE・3G通信からWi-Fiスポットや登録済アクセスポイントに自動で切り替え可能。月々の残り使用量もワンタッチで確認できます。

また、オリジナルのサービスとしてAndroid用のマカフィー・モバイルセキュリティが最長1年間無料で利用できます。

余った高速通信容量の翌月繰り越しサービスや、容量の追加購入サービスもあります。しかも、チャージした容量に有効期限はありません。

メーカー直営サイト:BIGLOBE LTE・3G


BIGLOBE LTE・3G のメリット

全国86,000カ所のWi-Fiスポットが利用可能

「ライトSプラン」と「12ギガプラン」では無料で全国のWi-Fiスポットが利用可能です。無料で利用できるのは1端末=1ライセンス分です。対象端末を増やしたい場合や他プランの場合は、1ライセンスあたり月額250円でライセンスを購入できます。

便利な専用アプリ「オートコネクト」

BIGLOBE LTE・3GにはAndroidとiOSのどちらでも利用可能な専用アプリ「オートコネクト」があります。「オートコネクト」を使えばWi-Fiスポットに入ると自動的に接続を切り換えてくれるほか、消費した通信量の確認などもできます。

通信容量の翌月繰り越しOK

ひと月で使い切れずに余った通信容量は翌月に繰り越して使うことができます。繰り越した通信容量の利用期限は繰り越しした月の月末までです。

通信容量チャージができて有効期限なし

通信容量が足りなくなった場合は、通信容量追加オプション「ボリュームチャージ」で追加チャージすることができます。100MBあたり300円とやや割高ですが、チャージした通信容量に有効期限はありません。

音声通話の通話代が割安になる「BIGLOBEでんわ」

音声通話付きSIMを契約した場合、無料の専用アプリ「BIGLOBEでんわ」を使うと通話料が通常の半額となる30秒10円になります。さらにオプションサービスで「通話パック60」をつければ、60分の国内通話が月額650円で利用できます。

最高5枚のSIMを一つのプランで利用できる「シェアSIM」

BIGLOBE LTE・3Gでは一部のプランで複数のSIM「シェアSIM」を使うこともできます。シェアSIMは「ライトSプラン」なら最高2枚、「12ギガプラン」なら最高4枚まで追加可能です。データSIMなら、シェアSIM1枚ごとに月額200円追加するだけです。

なお、シェアSIMを1枚追加するごとに、SIMカード追加手数料3,000円がかかります。ただし、2016年10月2日までなら、シェアSIM月額料金が、15か月200円引き(合計3,000円引き)になるため、SIMカード追加手数料3,000円を相殺できます。

ビッグローブの光回線加入者は毎月200円+300円割引

BIGLOBEの接続サービス(光回線、ADSL、「ベーシック」コースなど)を利用している方は、SIMの料金が毎月200円割引になります。さらに、ビッグローブの"回線"とSIMを一緒に使うと、毎月最大300円値引きされる「光☆SIMセット割」が適用され、合計500円も値引きされます。

BIGLOBE LTE・3G のデメリット

一部のプランには通信速度制限あり

「エントリープラン」と「音声通話スタートプラン」では直近72時間の通信容量が一定量を超えると通信速度が制限される場合があります。「エントリープラン」では直近72時間で600MB以上、「音声通話スタートプラン」では200MB以上が規制基準値となっています。他のプランでは月額容量以外による通信速度制限はありません。

「エントリープラン」の待遇が悪い

上記の通信速度制限に加え、「エントリープラン」(と「音声通話スタートプラン」)ではWi-Fiスポットが有料だったり、期間限定の申込特典の対象外だったりします。「エントリープラン」と一つ上の「ライトSプラン」の月額料金の差は550円ですが、価格差以上にサービス内容には差があります。BIGLOBE LTE・3G データSIMに契約するなら、「ライトSプラン」がおすすめです。

BIGLOBE LTE・3Gの通信速度

下のリンク先にまとめています。

BIGLOBE LTE・3G データSIMのプラン

BIGLOBE LTE・3GのデータSIMと音声通話付きプランをまとめます。

SMSオプションはプラス月額120円、音声通話付きプランはプラス月額700円になります。

またライトSプランは最大2枚まで、12ギガプランは最大4枚までシェアSIMを追加できます。12ギガプランなら1つのプランで5枚のSIMが使えることになります。シェアSIM1枚の追加月額料金は、データSIMで+200円、データSIM(SMS付)で+320円、音声SIMで+900円です。

BIGLOBE LTE・3Gのデータ専用SIMプラン
プラン名 月額料金(税別) データ通信容量 最大通信速度
エントリープラン 900円 3GB 約375Mbps
ライトSプラン※ 1,450円 6GB 約375Mbps
12ギガプラン※※ 2,700円 12GB 約375Mbps
最大で2枚シェアSIM追加可能
※※最大で4枚シェアSIM追加可能
BIGLOBE LTE・3Gの通話機能付きSIMプラン
プラン名 月額料金(税別) データ通信容量 最大通信速度
音声通話スタートプラン 1,400円 1GB 約375Mbps
エントリープラン 1,600円 3GB 約375Mbps
ライトSプラン※ 2,150円 6GB 約375Mbps
12ギガプラン※※ 3,400円 12GB 約375Mbps
※最大で2枚シェアSIM追加可能
※※最大で4枚シェアSIM追加可能
詳細はこちら
メーカー直営サイト:BIGLOBE LTE・3G

 

 

 

BIGLOBE LTE・3Gの主なサービス

BIGLOBE LTE・3GのデータSIMプランで利用できる特徴的な機能やサービスをまとめました。

余った高速データ通信量の繰越

BIGLOBE LTE・3Gのデータ通信SIMプランではその月に使用しなかったデータ通信量を翌月に繰り越すことができます。

繰り越しした通信容量の利用期限は翌月末までです。例えば5月に500MB分繰り越し、6月はほとんど使わなかったとしても、5月分の繰り越し容量500MBは7月に失効してしまいます。


余った容量は翌月に繰り越し

高速データ通信容量の追加サービス”ボリュームチャージ”

利用頻度によっては月々の通信容量をオーバーしてしまうこともあります。BIGLOBE LTE・3Gのデータ通信SIMプランでは高速通信容量を追加購入できる”ボリュームチャージ”が可能です。ボリュームチャージは100MBあたり300円で購入でき、一度に最大1GBまでチャージできます。チャージ分の通信容量を使い切った場合は、再度チャージすることもできます。

チャージした通信容量分に使用期限はなく、チャージした翌月以降に月額容量をオーバーした場合に、自動的に適用されます。

ボリュームチャージはBIGLOBEの会員専用Webページ”My BIGLOBE”から購入手続きをします。ログインにはBIGLOBE会員証に記載されたユーザーIDとBIGLOBEパスワードが必要です。


MyBIGLOBEからボリュームチャージを購入

ボリュームチャージは100MBあたり300円

Wi-Fiスポット(BBモバイル)が利用可

BIGLOBE LTE・3GのライトSプランと12ギガプランにはBBモバイルのWi-Fiスポットが1ライセンス分無料で利用できる特典がついています。BBモバイルのWi-Fiスポットは全国のマグドナルドやコーヒーショップ、公共交通機関などに設置されているため、普段よく行く場所にWi-Fiスポットがあれば、通信容量を節約できます。

1ライセンスは1端末でのみ利用でき、上記2つのプラン以外でも別途ライセンスを購入すればWi-Fiスポットが利用できます。追加購入する場合は1ライセンスあたり月額250円で、最大10ライセンスまで購入可能です。ちなみに購入した1ライセンス目の初月は無料になります。

次項目で紹介する専用アプリを使えば、端末の利用登録が自動的に行われるため、面倒なアクセスポイントの設定は必要ありません。またLTE・3G通信とWi-Fi通信の自動切り替え機能もついているため、いちいちWi-Fiスポットに入るたびに設定する必要もありません。

利用できるWi-FiスポットはBIGLOBEの"Wi-Fiスポットエリア情報"から確認することができます。


BIGLOBEの無料Wi-Fiスポットエリア情報

 

実際に、秋葉原のマクドナルドで無料Wi-Fiスポットを利用してみました。Wi-Fiスポットの設定をしなくても、自動で通信がWi-Fiに切り替えられ、すぐにWi-Fiスポットが利用できました。

お店の入口付近で3回速度計測をした結果は以下の通りでした。通信速度はWi-Fiスポットや利用環境によって異なりますので、参考程度にご覧下さい。


無料Wi-Fiスポットでの速度計測結果(3回計測)

専用アプリ”オートコネクト”

BIGLOBEの専用アプリ”オートコネクト”には、BBモバイルのWi-Fiスポットや登録済Wi-Fiスポットのエリアに入ると、自動的に通信をLTE・3GからWi-Fiに切り替えてくれる機能がついています。またワンタッチでアクセスポイントの一覧を表示したり、Wi-Fiスポットエリア情報を検索することもできます。

ホーム画面には当月と直近72時間の通信残量も表示され、ひと目で通信残量が確認できます。ただし表示情報の更新ボタンはなく、実際の使用量が反映されるまでには数十分程度のタイムラグが生じる場合があります。メニューからは前月・当月の通信使用量グラフやボリュームチャージ購入量を確認することもできます。

残念ながら高速通信のON・OFF機能は搭載されていません。


Android用アプリ”オートコネクト”のホーム画面

ボリュームチャージ購入量も確認できる

通話料が安くなる”BIGLOBEでんわ”と”通話パック60”

BIGLOBE LTE・3Gの音声通話機能付きSIMプランを利用している場合、専用アプリ”BIGLOBEでんわ”を使って通話すると、通常30分20円の通話料が30分10円になります。アプリ”BIGLOBEでんわ”のダウンロードや利用は無料です。

さらに”BIGLOBEでんわ”に加えて、月額650円で”通話パック60”に申し込むと60分の通話パックをつけることができます。通常の通話なら約16分、”BIGLOBEでんわ”でも約32分の通話料に相当するので、毎月約30分以上の音声通話を利用する場合はお得なオプションです。


BIGLOBEでんわの通話パック60

利用開始までの手続き

BIGLOBE LTE・3GのSIMカードの購入から利用開始までの手続きをレビューします。BIGLOBE LTE・3GのデータSIMプランのパッケージは公式オンラインサイトまたはAmazonなどのショッピングサイトから購入できます。

公式オンラインサイトでは購入と同時に登録手続きも完了しますが、ショッピングサイトからの購入ではパッケージが届いた後に登録手続きをする流れになっています。今回はBIGLOBE LTE・3Gの公式オンラインサイトで購入しました。

公式オンラインサイトで購入

BIGLOBE LTE・3GのWebサイトのトップ画面右上にある「お申し込み」をクリックすると、購入手続きが始まります。


BIGLOBE LTE・3GのWebサイトの「お申し込みボタン」

 

データ専用SIMの場合、まず3つのプランから利用するプランを選択し、次にSIMカードのサイズを選択します。モバイルルーターやスマートフォン(LG G2 mini)とのセットパッケージを選ぶこともできます。

SIMカードの規格サイズは端末によって異なるため、利用予定の端末が対応しているSIMカードのサイズを確認しましょう。BIGLOBEで動作確認済みの端末については、Webサイトに一覧が掲載されています。→”動作確認済み端末一覧”


月額容量プランを選択

SIMカードのサイズまたは端末セットを選択

 

次に申し込み者情報を登録します。この登録はBIGLOBE会員への登録となるため、すでにBIGLOBE会員の方であれば、同じBIGLOBEアカウントが利用できます。筆者はBIGLOBE会員ではなかったので、新規に会員登録を行いました。


続けてBIGLOBE会員に登録

 

申し込みプランの内容を確認し、氏名、性別、年齢などの個人情報を入力していきます。

支払い方法ではクレジットカードの他に口座振替での支払い方法が選択できます。クレジットカードしか利用できないサービスが多いので、クレジットカードを所有していない方には嬉しい選択肢です。ただし手続きにかかる時間はクレジットカード利用時に比べて長くなってしまいます。


クレジットカードのほかに口座振替も利用できる

 

一通りの情報を入力すると、登録したメールアドレスに登録手続きURLを記載したメールが届きます。リンクをクリックすれば、登録手続きが完了です。

手続き完了画面には、BIGLOBE会員の特典として作成されたBIGLOBEメールアカウントのパスワードやメールサーバー情報が表示されます。これらのメール情報などは後日送られてくるBIGLOBE会員証にも記載されています。

SIMカードパッケージの内容

配送物はSIMカードパッケージとBIGLOBE会員証がそれぞれ別々に届きます。筆者の場合は、登録手続きから祝日を挟んで3日後に発送完了のメールが届き、その翌日に手元に届きました。

到着したSIMカードパッケージには、DocomoのSIMカードの他にSIMカードの取り付け方法やルーターの設定方法、アプリの設定方法などを記載した説明書がついています。SIMカードが固定されているDocomoマークのカードにはSIM電話番号が書かれているので、捨ててしまわないようにしましょう。


筆者の手元に届いたパッケージと説明書

 

もうひとつのBIGLOBE会員証にはユーザーIDやBIGLOBEパスワードが記載されています。アプリの登録やBIGLOBE会員サイトにログインする時に必要なので、こちらも保管しておきましょう。


別便で届いたBIGLOBE会員証

SIMカードの挿入方法

SIMカードを台紙から取り外します。SIMカードはハサミやカッターを使わなくとも、指で裏側から押すだけで取り外せます。

タブレットへの挿入時はSIMカードの裏表と向きを合わせて、端末側のSIMカード台座にしっかりと収まっているか確認します。ちゃんとセットされていない状態で無理に押し込むとSIMスロットが破損しやすいので注意しましょう。

レビュー用端末にはASUSのMeMO Pad 7(ME572CL)を使用しました。そのため以降でレビューした設定方法はAndroid端末のものとなります。


端末に挿入する時はSIMカードの裏表と向きを確認

端末側の設定方法

SIMカードを端末に正しく挿入したら、次に端末側の設定をします。

まず[設定]>[その他]>[モバイルネットワーク]の項目を開き、データ通信を有効にします。次に同じウィンドウ内の[アクセスポイント名]を設定します。

BIGLOBE LTE・3Gのアクセスポイント(APN)情報は一覧に登録されていたため、今回はサービス名を選ぶだけで設定が完了しました。

APNに登録されていない場合は、[アクセスポイント名]の設定画面右上の+プラスボタンから新規APN登録を行います。APN設定項目は、SIMカードパッケージに付属している説明書に記載されています。各項目を一通り記入し終わったら、作成したBIGLOBE用のAPNを選択します。


モバイルネットワークの設定画面

BIGLOBE LTE・3Gのアクセスポイントを選択

 

アクセスポイントを設定したら、次に[通信事業者]を選択します。通常は自動選択になっていて、docomoが自動的に選択されます。

無事設定が完了したら、通信状態アイコンに"4G"とアンテナマークが表示されるはずです。これで設定は完了です。

万が一アンテナマークが表示されない場合は、使用場所の電波環境が悪いか端末側の認識がうまくいっていない可能性があります。利用場所を変えてみたり、端末の再起動などで改善することもありますので、設定項目を確認の上、試してみてください。

またWi-Fiが利用できる環境ではWi-Fiが優先されるので、Wi-Fiがオフになっているかも確認してみてください。


4Gとアンテナマークが表示されたら設定完了

 

iOSや他のAndroid端末での設定方法については、動作確認済み端末であれば、BIGLOBE LTE・3GのWebサイトに個別の設定方法が記載されています。設定に迷ってしまった場合は、そちらもご確認ください。→BIGLOBE LTE・3G動作確認端末

まとめ

以上がBIGLOBE LTE・3GデータSIMのレビューでした。

Wi-Fiスポットが使えたり、音声通話がお得になる”BIGLOBEでんわ”が利用できたりと、他のMVNOにはない特典がついています。

Wi-Fiスポットを自動設定・切り替えしてくれる機能がある専用アプリ”オートコネクト”も使い勝手がよく、普段よく利用する場所にBBモバイルのWi-Fiスポットがあると便利です。

余った通信容量の翌月への繰り越しや追加チャージもできますが、エントリープランで72時間あたり360MBを超えた場合の通信制限は3日待つしか解除することができない点も気になります。Youtubeを連続再生したり、画像を頻繁に送受信することが多い方には、72時間の通信制限がないライトSプランや12ギガプランをおススメします。

詳細はこちら
メーカー直営サイト:BIGLOBE LTE・3G