会員登録

今なら抽選でプレゼント実施中!!

当サイトは、パソコン・周辺機器・ソフトの比較サイトです。価格ではなく、機能・性能面について比較しているのが特徴です。

the比較 > 格安SIMカードの比較 > NifMo データSIM

NifMoのメリット・デメリット&レビュー

更新日:2016年7月30日

うまく使えば月々の通信量が安くなる

@niftyのインターネット接続サービスでもおなじみの、Niftyグループが提供するMVNOです。

2つの専用アプリが特徴的です。1つは、”NifMoバリュープログラム”で、ショッピングやアプリダウンロードで通信量を割引することが可能です。

もう1つは、”NifMoコネクト”(Android版は”My NifMo”)で、BBモバイルの無料WiFiスポットが設定不要で利用でき、4G通信との自動切り替えが可能です。

メーカー直営サイト:NifMo


NifMo のメリット

うまく使えば月々の通信量がどんどん安くなる「NifMoバリュープログラム」

"NifMoバリュープログラム"は、対象のショッピングサイトで買い物をしたり、対象アプリのダウンロードや会員登録をすることで割引ポイントが貯まるサービスです。貯まったポイント分の金額が月々の利用料金から割引されるシステムになっています。プログラムに参加するには無料の専用アプリ「NifMoバリュープログラム」を使います。

BBモバイルのWi-Fiスポットが追加料金無しで利用可能

NifMoの全てのSIMプランでは無料でBBモバイルのWi-Fiスポットが利用できます。専用のAndroidアプリ「My NifMo」またはiOSアプリ「NifMoコネクト」を使えば、WiFiスポットのアクセス設定も不要で、Wi-Fiスポットに入るだけで自動的に接続を切り換えてくれます。

余った通信容量の翌月繰り越し&追加チャージができる

月々の余った通信容量は翌月に繰り越すことができます。繰り越した通信容量の利用期限は繰り越しした月の月末までです。また通信容量が足りなくなった時は「データおかわり0.5GB」で追加チャージもできます。チャージは1回あたり0.5GB900円で同月中に6回まで購入可能です。

音声通話し放題のオプション「NifMoでんわ」

「NifMoでんわ」は月額1,300円を追加すれば、専用アプリを介して通話時間無制限で通話し放題となるオプションです。対象は国内電話のみですが、月額2,700円で海外にもかけ放題になります。通話回線にはIP電話機能を使っているため、データ通信量は消費されますが、普段の電話番号のままで使えます。ただし90分前後経過すると自動的に通話が切断されます。

@nifty接続サービスとセットで月額200円割引

@niftyの固定回線の接続サービスを利用している方なら毎月200円が割引される「@nifty接続サービスセット割」があります。対象となる接続サービスはこちらの公式サイトで確認できます。

初心者に安心の「NifMo訪問レクチャー」

月額480円を払えば、端末の設定や基本操作を自宅で説明してくれる「NifMo訪問レクチャー」を受けることができます。ただし月額料金分で訪問してくれるのは最初の1回だけで、2回目以降は1回あたり1時間6,500円かかります。また1時間以上は延長料金が15分1,380円、アドレス帳移行サービスは別料金、24ヶ月以内の解約には違約金が発生するなど、なにかと追加料金が発生しますが、スマホ初心者には頼りになるサービスです。

NifMo のデメリット

プランの選択肢が少ない

NifMoのデータ専用SIMプランは3つのデータ定額プランしかありません。音声通話機能付きプランも同様です。

高速通信の通信速度制限あり

NifMoの全てのSIMプランでは、直近3日間あたりの高速通信量によって通信速度制限がかかります。それぞれのプランの3日間の上限通信容量は3GBプラン:650MB、5GBプラン:1100MB、10GBプラン:2.2GBとなっています。制限期間は直近3日間の使用量が上限通信容量を下回るまで続きます。例えば3GBのプランで3日間毎日220MB通信した場合は、速度規制がかかった日の翌日には解除されますが、1日で650MB使用した場合は、3日後まで通信制限がかかった状態になってしまいます。

追加チャージした通信容量の利用期限は当月の月末まで

「データおかわり0.5GB」で購入した通信容量の利用期限は購入した月の月末まで、繰り越しはできません。あくまで月間の通信容量を超えてしまった場合や超えそうな場合の速度制限を回避するための緊急的なオプションです。

NifMo のSIMプラン

NifMoのデータ専用SIMプランと音声通話機能付きSIMプランをまとめます。公式サイトではプランの表記が紛らわしいですが、基本的には容量の異なる3つのデータ定額制プランだけです。

データ専用プランにプラス月額150円でSMS機能付きになり、プラス月額700円で音声通話機能付きプランになります。

NifMoのデータ専用SIMプラン
プラン名 月額料金(税別) データ通信容量 最大通信速度※
3GBプラン 900円 3GB 約262.5Mbps
5GBプラン 1,600円 5GB 約262.5Mbps
10GBプラン 2,800円 10GB 約262.5Mbps
※月々の通信容量を超えた場合は最大200kbpsに制限
NifMoの通話機能付きSIMプラン
プラン名 月額料金(税別) データ通信容量 最大通信速度※
3GBプラン 1,600円 3GB 約262.5Mbps
5GBプラン 2,300円 5GB 約262.5Mbps
10GBプラン 3,500円 10GB 約262.5Mbps
※月々の通信容量を超えた場合は最大200kbpsに制限
詳細はこちら
メーカー直営サイト:NifMo

 

 

 

NifMoの主なサービス

NifMoのデータSIMプランで利用できる特徴的な機能やサービスをまとめました。

なおAndroid版のアプリ”NifMoコネクト”は”My NifMo”に統合されましたが、該当する画像は全てAndroid版の旧アプリ”NifMoコネクト”の表示画面となっています。アプリ”My NifMo”とは表記や一部機能が異なる場合がありますので、ご了承ください。

高速データ通信容量の追加チャージ"データおかわり0.5GBプラン"

利用頻度によっては月々の通信量をオーバーしてしまうこともありますが、NifMoでは高速通信容量を追加購入することができます。容量追加は0.5GBあたり900円で、同じ月内に6回まで購入可能です。購入は専用アプリ"My NifMo"または”NifMoコネクト”から購入ページを開くか、NifMo会員サポートページからできます。

月々の通信容量が残っている状態でも追加チャージはできますが、購入した通信容量の利用期間は購入した月だけです。翌月に持ち越すことはできません。また3日間の通信上限を超えたことによる通信速度制限を追加チャージで解除することはできません。チャージ機能の使い勝手は、他のMVNOに比べてやや制約が多い印象です。


専用アプリ"NifMoコネクト"から購入サイトへアクセス

 

NifMo会員サポートページにログインするためには、NifMo購入時に発行される@niftyIDとパスワードが必要です。NifMoのSIMカードを購入時に新規登録した方の場合は、申し込み完了時の確認画面と、SIMカードと別で郵送されてくる@nifty会員証に@niftyIDとパスワードが表示・記載されています。


@nifty会員証のIDとパスワード

専用アプリ"NifMoバリュープログラム"

NifMoにはiOS/Android対応の専用アプリが2つあります。まず一つ目は"NifMoバリュープログラム"です。

"NifMoバリュープログラム"では、対象となるアプリのダウンロードやサービスへの会員登録、対象ショッピングサイトでの買い物だけで、割引ポイントを貯めることができます。貯まったポイントで月々の通信料金から割引されるので、うまく利用すれば月々の通信料金を無料にすることも可能です。

トップ画面には対象キャンペーンの一覧が表示されます。対象となるサービス毎に獲得できる割引ポイントや獲得条件は異なります。無料アプリのダウンロードだけでOKなものは数十円から数百円。会員登録が割引ポイント獲得条件に含まれる場合は、割引ポイントが数千円の対象サービスもあります。

またヤフーショッピングやベルメゾンなどのショッピングサイトでの購入は、購入金額の0.9〜1.5%が割引ポイントに設定されているため、普段からこれらのサイトを利用する方にはお得なプログラムです。提携ショップについてはこちらをご覧ください。


"NifMoバリュープログラム"のトップ画面

 

アプリでは月々の獲得ポイントをチェックすることもできます。実際の割引はもちろん、お得なプログラムを探してポイントを貯める楽しみもあります。

以前、セミナーに参加したとき、平均で1人あたり約400円の割引を受けていると言っていました。時間のある方なら、毎日こまめに利用すれば、月額利用料を0円にすることも可能だと思いました。


確定した割引ポイントをチェック

無料WiFiスポット(BBモバイル)が利用可

NifMoを利用中であれば、日本全国のファーストフード店やJR駅構内、空港、カフェなどに設置されたBBモバイルのWiFiスポットが追加料金無しで利用することができます。利用可能なBBモバイルポイントはソフトバンクモバイルのサイトから確認することができます。


BBモバイルのWiFiスポットに接続

 

試しにJR秋葉原駅ビル内のマクドナルドでWiFi通信を試してみました。設定は次に解説する専用アプリ"NifMoコネクト"が自動で行ってくれるので、店内に入るだけですぐに利用できました。通信速度計測の結果は以下の通りでした。


BBモバイルWiFiスポットの通信速度計測結果

専用アプリ"NifMoコネクト"(※Android版の新アプリは”My NifMo”)

もうひとつの専用アプリは”NifMoコネクト”です。こちらもiOS/Androidどちらも対応しています。"NifMoコネクト"では@niftyIDとパスワードを設定するだけで、あとは自動的にBBモバイルポイントが利用できるようになります。自宅や普段利用するBBモバイル以外のWi-Fiも含め、Wi-Fiエリアに入ると自動的に切り替えてくれる機能がついています。


NifMoコネクトのホーム画面

 

またAP検索機能を使えば、Wi-Fiアクセスポイントを検索したり、地図上に利用可能なBBモバイルポイント表示することができます。

おなじトップ画面では当月の通信量も確認することができます。通信量は即座に反映されます。また3日間の通信量は表示されず、通信制限がかかっても特に表示は変わりません。


BBモバイルポイントを地図表示

プランの変更

@nifty会員サポートのNifMo利用状況照会ページから契約プランの変更も可能です。変更受付期間は特に決まっていませんが、変更プランの適用は翌月からとなります。申し込み月内であれば、変更申請の取り消しも可能です。


変更したプランの適用は翌月から

 

利用開始までの手続き

NifMoのSIMカードの購入から利用開始までの手続きをレビューします。NifMoのSIMプランはメーカーサイトから直接申し込み・購入できます。

オンライン申し込み

NifMoのWebサイトのトップにある”NifMoお申し込みはこちら”から手続きを開始します。@Nifty IDをすでに持っている方は、同じIDを利用可能です。今回筆者は新規申し込みから手続きをしました。


NifMoのWebサイトにある申し込みボタン

 

今回はデータ専用SIMのみ(SMSなし)のパッケージを選択しました。ASUS ZenFoneGoや富士通ARROWS M03などの端末とSIMカードを同時購入できるパッケージもあります。


SIM単体か端末セットかを選択

 

次の画面ではSIMカードのサイズを選択します。SIMカードのサイズは端末毎に異なりますので、利用予定の端末の対応SIMカードサイズを確認しましょう。NifMoの動作確認済み端末一覧から確認することもできます。

→NifMo動作確認済み端末一覧


SIMカードのサイズを選択

 

次にデータ通信プランを選択します。選べるプランは下記の3つです(2016年7月23日時点。プラン内容は変更される可能性があります)。


月額料金プランを選択

 

通話機能やSMS機能の有無を選択します。通話機能は月額プラス700円。SMS対応は月額プラス150円です。今回はデータ通信専用を選択しました。


通話機能やSMS機能の有無を選択

 

NifMo訪問レクチャーに申し込むこともできます。24ヶ月間・月額480円を追加することでスマートフォンの使い方のレクチャーを60分間、自宅で受けることができるサービスです。追加料金はかかりますが、レクチャー時間の延長や再訪問レクチャーにも対応してくれます。

また有料サービスとは別にフリーコールの電話窓口もあります。筆者が実際に問い合わせた時にはすぐに繋がり、丁寧にサービスの説明をしてくれました。サポート体制は比較的充実している印象です。


NifMo訪問レクチャー

 

次に申込者情報を登録します。ここで新規に@nifty会員登録をすることになります。


@nifty登録情報を記入

 

最後に支払い方法を入力します。支払い方法はクレジットカードのみ利用可能です。


クレジットカード情報を入力

 

申し込みが完了すると、確認画面に@nifty IDとログインパスワードが表示されます。あとから郵送されてくる@nifty会員証でも同じ情報は確認できますが、念のために保存しておきましょう。


申し込み完了と同時に@nifty IDが発行される

SIMカードパッケージの内容

手元に届いた内容物のチェックです。申し込み完了から2日後に発送完了連絡のメールが届き、その翌日に手元に届きました。

利用ガイドとSIMカードのみのシンプルな内容です。利用ガイドにはAPN設定項目や専用アプリの利用方法、各OS毎の設定方法が記載されています。


NifMo データSIMプランのパッケージ一式

APN設定項目

SIMカードの挿入方法

SIMカードを台紙から取り外します。SIMカードはハサミやカッターを使わなくとも、指で裏側から押すだけで取り外せます。

タブレットへの挿入時はSIMカードの裏表と向きを合わせて、端末側のSIMカード台座にしっかりと収まっているか確認します。ちゃんとセットされていない状態で無理に押し込むとSIMスロットが破損しやすいので注意しましょう。

レビュー用端末にはASUSのMeMO Pad 7(ME572CL)を使用しました。そのため以降でレビューした設定方法はAndroid端末のものとなります。


端末に挿入する時はSIMカードの裏表と向きを確認

端末側の設定方法

SIMカードを端末に正しく挿入したら、次に端末側の設定をします。

まず[設定]>[その他]>[モバイルネットワーク]の項目を開き、データ通信を有効にします。次に同じウィンドウ内の[アクセスポイント名]を設定します。

NiftyのAPNは、デフォルトで登録されている可能性が高いため、それを選ぶだけで設定は完了します。

もしデフォルトのAPNに登録されていない場合は、[アクセスポイント名]の設定画面右上の+プラスボタンから新規APN登録を行います。APN設定項目は、利用ガイドに記載されている項目のみ記入し、記入が終わったら、作成したNifMo用のAPNを選択します。


モバイルネットワークの設定画面

niftyのアクセスポイントを選択

 

アクセスポイントを設定したら、次に[通信事業者]を選択します。通常は自動選択になっていて、docomoが自動的に選択されているはずです。

無事設定が完了したら、通信状態アイコンに"4G"とアンテナマークが表示されます。これで設定完了です。

万が一アンテナマークが表示されない場合は、使用場所の電波環境が悪いか端末側の認識がうまくいっていない可能性があります。利用場所を変えてみたり、端末の再起動をしたりすることで改善することもありますので、設定項目を確認の上、試してみてください。

またWi-Fiが利用できる環境ではWi-Fiが優先されるので、Wi-Fiがオフになっているかも確認してみてください。


4Gとアンテナマークが表示されたら設定完了

まとめ

以上がNifMoのデータSIMのレビューでした。

実測テストではこれまでにテストしたMVNOの中では、混雑時間帯でもかなり通信速度が速く安定していました。

BBモバイルのWiFiスポットが無料で利用でき、専用アプリ"NifMoコネクト"で自動切り替えができる点も便利です。

既存のnifty会員用の割引や専用アプリ"NifMoバリュープログラム"による割引サービスなど、大手老舗プロバイダー@niftyならではのサービスも上手に活用すれば月々の通信費を節約することができます。

また自宅訪問サービスや電話サポートといったサポートサービスが充実しているという安心感もあります。

ただし、どのデータ通信プランでも3日間の使用量による通信制限があり、翌月への通信容量の繰り越しができないため、長時間Youtubeを観たり、月々の使用量の変動が激しい人には使いづらいと思います。

詳細はこちら
メーカー直営サイト:NifMo