会員登録

今なら抽選でプレゼント実施中!!

当サイトは、パソコン・周辺機器・ソフトの比較サイトです。価格ではなく、機能・性能面について比較しているのが特徴です。

the比較 > バックアップソフトの比較 > Acronis True Image Home 2010

シェアNo.1 Acronis True Image Home 2010 のレビュー

更新日:2010年6月5日

シェアNo.1の定番バックアップソフト

Acronis True Image Home 2010 の総合評価




実売価格:約6,000円


シェアNo.1の安心感

バックアップ性能 ・・・ 
歴史の長いソフトだけあって性能は良いです。新機能の5分毎にバックアップする機能も優れています。
バックアップ速度 ・・・
フル(完全)バックアップの速度は他社より速いです。ただし、増分バックアップの速度は普通です。
ハードの認識 ・・・
たまに認識しないハードがありますが、メーカーに言えば個別にドライバ入りのISOファイルをもらえます。
スケジュール機能 ・・・
古いバックアップファイルを自動削除可能です。世代管理もできす。ただ設定にコツが必要です(後述)。
機能の多さ ・・・
ファイルの完全削除や、怪しいファイルを安全に試せる機能など豊富です。別ハードへの復元はオプションとなります。
操作性 ・・・ 
わかりやすいです。ただ機能が多いのでやや迷うことも。
価格 ・・・ 
比較的安いです。ただしオプションまで買うと高くなります。



Acronisのここがすごい! - 5分前のデータも復元できる

さっき作ったファイルをうっかり消しちゃった」とか、「編集する前の状態に戻したい」ということがあるかと思います。

こんな事態に対応できる「ノンストップバックアップ」という機能が追加されました。ノンストップバックアップをONにすれば、5分毎にバックアップを実行することができます。

負荷も計測してみましたが、Web閲覧やメールチェック、文書作成程度ならほとんど負荷はありません。優れた機能です。

もし、詳細な設定方法や、負荷のグラフを見たい方は下記ページをご覧ください。



Acronisのここがすごい - OSが起動しなくなっても復元可能

Acronis True Image Home 2010は、OSのファイルが破損しOSが起動しなくなっても、復元することが可能です。

復元するときは、事前に作ったブータブルメディア(CD-ROM)をパソコンに挿入し、パソコンの電源を入れます。 すると、右の図のような画面が起動するので、「Acronis True Image Home(完全版)」を選択します。あとはウィザードに従い復元操作をおこないます。復元方法の詳細は下記ページをご覧ください。



復元時に、マザーボードやマウス、キーボードなどのデバイスを認識しないときがあります。これはAcronisのブータブルメディアにパソコンのパーツのドライバが入っていないため起こります。世の中のすべてのドライバをCDの中に入れておくのは不可能なため、このようなことが起こっても仕方ありません。

そんなときは、「ヘルプ」から「システムレポートの作成」を実行し、作成されたファイルをAcronisのカスタマーサービス部門へ送信します。するとドライバ入りのISOファイルが送られてくるので、このISOからブータブルCDを作成します。

※Acronisのサポートがマイアカウント登録後90日となりました。それ以降は1つの質問につき900円のインシデント料がかかるようになりました(詳細)。Acronisを購入後は、ブータブルCDを作成し、デバイスが正常に認識するか試しておきましょう。可能ならば、一度復元テストもしておきましょう。ただし復元テストはリスクが伴います。こちらを読んで、安全に復元テストを行ってください。



Acronisのここがすごい! - バックアップ速度が速い

Acronis True Image Home 2010 はバックアップ速度が比較的速いです。2つの環境で計測したところ次のようになりました。ただ、フルバックアップは速いのですが、増分バックアップは他社と比較するとやや遅いです。

 【バックアップ対象】 HP s5130jp (Windows 7) のCドライブ 約33GB
 【バックアップ先】 HD-CE500U2 (外付けHDD)
 【バックアップ対象】 DELL Inspiron 1300 (Windows XP) のCドライブ 約4.4GB
 【バックアップ先】 HDP-U120S (ポータブル外付けHDD)

尚、バックアップ方法の詳細は下記ページをご覧ください。



Acronisのここがすごい - 古いバックアップファイルは自動削除(統合)

安いバックアップソフトは、古いバックアップファイルは自動で削除されないので、そのうちディスク容量が一杯になってしまいます。

その点、Acronis True Image は必要なくなった古いバックアップファイルを自動で削除(統合)し、ディスク容量が一杯になるのを防ぐことができます。

方法は2つあります。1つは「自動統合」という機能で、フルバックアップと古い増分バックアップを1つのファイルに結合してくれる機能です。もう1つは、「フルバックアップの再実行&以前のファイルの削除」を行う方法です。

この2つ方法の違いと、メリット・デメリットは別のページにまとめました。もしご興味があればご覧ください。



Acronisのここがすごい - スケジュールが見やすい

Acronis True Image Home 2010は、スケジュール(タスク)が大変見やすいです。 これから実施されるバックアップや、成功・失敗したバックアップが色分けされてカレンダー形式で表示されます。

今回のバージョンから、タスクの開始日の指定が可能になりました。 それの何が良いかというと、以前は設定が困難だった複数のバックアップセット(フル、増分、増分・・・のセット)の保持が可能になりました。

設定方法を別途まとめましたので、詳細を知りたい人は下記をご覧ください。



Acronisのここがすごい - イメージファイルから、特定のファイルのみ復元できる

イメージバックアップソフトによっては、復元するときに”すべての”データを復元しなくてはなりません。 特定のファイルのみ復元するのが難しい場合もあります。

Acronis True Image Home 2010 は、イメージバックアップファイルから、特定のファイルのみ復元することが可能です。 しかも操作方法は簡単で、バックアップしたファイルをダブルクリックして、該当のファイルを探し、復元したいファイルをドラック&ドロップするだけです。




Acronisのここがすごい - アプリケーションやファイル単位のバックアップも可能

Acronis True Image Home 2010は、イメージバックアップ(OS丸ごとバックアップ)だけでなく、アプリケーション単位やファイル単位でのバックアップも可能です。

右の図は、バックアップ元を選択する画面ですが、「データ」を選択すると、ファイルやフォルダを指定してバックアップできます。このときに、イメージファイル(JPGやGIFなど)やドキュメントファイル(ワードやメモ帳など)だけバックアップするように指定することも可能です。

また、「電子メール」や「アプリケーションの設定」などをバックアップすることができます。



Acronisのここがすごい - 怪しいソフトを安全に試せる

Acronis True Image の特殊な機能として、「Try & Decide」というのがあります。

「Try & Decide」とは、ソフトを試しに使って、気に入らなかったら、キレイに元に戻す機能です。

この機能の良い点は、内容を破棄すれば、前と全く同じ状態に戻ることです。 普通、何かのソフトをインストールしてから、アンインストールすると、レジストリなどにゴミが残ります。 しかし、この「Try & Decide」は、全くゴミが残りません。 完全にインストール前の状態に戻ります。

怪しいソフトを試しに使うときに役立ちます。万が一、ソフトをインストールしてウイルスに感染しても、元の状態へ戻すことができます。

グラフィックソフトや圧縮・解凍ソフト、オフィスソフト、メールソフトなど、ソフトを色々試して、最終的に気に入ったソフトのみを通常通りインストールすることができます




Acronisのここがすごい - バックアップファイルで起動できるか試せる

Windows 7 Ultimate/Enterpriseを使っているならば、バックアップイメージファイルから(PC上へ復元しなくても)Windowsを起動することができます。これにより正確に復元できるかのテストを実施することができます。

残念ながら今回は未実施です。ちなみに Ultimate/Enterpriseには標準でイメージバックアップ機能があるので、無理にAcronisを使わなくてもそちらの機能を使っても良いです。標準機能が気に入らなければAcronis True Image Home 2010にすれば良いと思います。





Acronisのここがすごい - 他にもたくさんの機能がある

Acronis True Image Home 2010は、その他にもたくさんの機能があります。ここで幾つか紹介します。

ディスクのクローン作成
元のディスクから別のディスクへすべての内容をコピーできます。別のディスクへ交換するときに役立ちます。

Acronis DriveCleanser
ハードディスク全体を完全削除することができます。元々は単体のソフトとして販売されているものなので性能も高いです。

ファイルシュレッダー
ファイルやフォルダ単位で完全削除してくれます。

システム クリーンアップ
一時ファイルの削除や空き領域の完全削除など、使用履歴を削除してくれます。

Windowsバックアップの変換/Acronisバックアップの変換
Windows 7の標準機能で利用できる仮想ハードディスクファイル(.vhd)と、Acronis独自のバックアップイメージ(.tib)を相互に変換できます。新機能ですがあまり使う機会はないでしょう。

イメージのマウント
Acronisはバックアップファイルをダブルクリックするだけで中身が見られますが、イメージのマウントを行うと、バックアップファイル内にファイルを追加することも可能です。



Acronis True Image Home 2010 Plus Pack

2,940円でPlus Packというアドオンソフトを購入すれば、異なるパソコンへ復元したり、仮想マシンへ復元したりすることができます。また、ダイナミックディスク、Microsoft PEに対応しています。

本体が5,985円なので、Plus Packと合計すると8,925円と高額になります。Plus Packを購入するくらいなら、これらの機能を含んでいるNorton GhostParagonを買うほうがいいと思います。



Acronis True Image Home 2010 のまとめ

Acronis True Image Home 2010 は、シェアNo.1という実績もあり安心して使えるソフトです。

万が一、ブータブルCDがハードを認識しなくても、サポートに連絡すればドライバ入りのISOファイルを個別に送ってくれます。

さらに、Acronis Drive Cleanserなどのデータ抹消ツールも付属しているので、1つは持っておきたいソフトです。

価格も6,000円を切る安さです。 かなりおすすめのソフトです。

私も2ライセンス持っています。

Acronis True Image 2010 の購入はこちら