会員登録

今なら抽選でプレゼント実施中!!

当サイトは、パソコン・周辺機器・ソフトの比較サイトです。価格ではなく、機能・性能面について比較しているのが特徴です。

THE比較 > NASの比較 > RAIDとバックアップの違いって何?

RAIDとバックアップの違いって何?

更新日:2008年8月26日

RAID対応のNASと、バックアップをとるのと、
どっちがいいの?

ハードディスクが故障しても、データが消えないようにする方法は、主に次の2種類があります。

初心者の方は、この2つの方法の違いが、分りづらいようです。 そこで、このページでは、それぞれのメリット・デメリットについて解説していきます。

RAID対応のNASを使う方法

RAIDとは、複数のハードディスクにデータを書き込んで、1台ハードディスクが故障しても、データは消えないようにする仕組みです。(※1) 下図を使って簡単に説明します。 パソコンからNASへ「1」、「2」、「3」、「4」のデータを書き込むとします。 RAID10で構成したNASの場合、2台のハードディスクに全く同じデータが書き込まれ、この2台のハードディスクを1セットとして、複数セットへ分散してデータが書き込まれます。 すると、「1」と「3」のデータが格納されているハードディスクが1台故障しても、もう1台に同じデータがあるため、データは消えることがありません。

  

※1 正確に言うと、RAIDの種類によっては、数本ハードディスクが故障してもデータは消えません。 上図のRAID10も、「1と3」のデータが保存されているハードディスクのどちらか1本と、「2と4」のデータが保存されてるハードディスクのどちらか1本の合計2本が故障しても、データは消えません。 逆に1本でも故障すると、すべてのデータが使えなくなるRAIDの種類(RAID0)もあります。 詳細はバッファロー社のページをご覧下さい。

次に、データの安全性に関するRAIDのメリットとデメリットを記述します。

RAIDのメリット

RAIDのメリットは、1台のハードディスクが故障しても、最新のデータが残っているという点です。 また、1台のハードディスクが故障しても、パソコンから作業を続けられます。

RAIDのデメリット

RAIDのデメリットは、RAIDゆえにデータが消えることがあるということです。 RAIDにするためには、RAIDコントローラなどの部品を増やしたり、パリティといった特別な計算をしたり、構成が複雑になってしまいます。 そのため障害ポイントが多くなってしまいます (ただし、ハードディスクが故障する確率よりは、低いです)。

また、ディスクを取り出して、別の場所へ保管することが難しいので、落雷や火災、地震に弱いというデメリットもあります。



NASのデータを別のハードディスク等へバックアップする方法

NASのデータをバックアップする場合、外付けハードディスクを使うのが便利です。 NASは、外付けハードディスクを直接接続することができ、しかもスケジュールを組んでNASから外付けハードディスクへ自動で定期的にバックアップすることが可能です。

  

次に、バックアップのメリットとデメリットを記述します。

バックアップのメリット

バックアップのメリットは、NASがどのような形で故障しても、データは消えないという点です。 NASと外付けハードディスクは、別の機器のため、NAS自身が壊れてもデータは消えません

また、取り外しが簡単にできるので、バックアップ後は、別の場所に保管することができ、落雷、火事などの災害に強いです。

バックアップのデメリット

NASが故障すると、バックアップ後に変更されたデータは残らないという点です。 例えば、今日の1時にバックアップが終わったとして、10時にNASが壊れたとすると、1時~10時までのデータはすべて消えてしまいます。

結局どうすればいいの?

結局どうすればいいのかというと、NASにデータを保管する場合、まずバックアップは必ずとりましょう。 別の機器にデータを残しておくほうが、データは消えにくいです。 バックアップ先は外付けハードディスクが便利だと思います。 

そして、ハードディスクが故障したとき、最新のデータまで救いたいのなら、RAID対応のNASを選びましょう。 最も故障しやすい部品はハードディスクなので、RAID対応にしておくだけで、かなり最新のデータが消える可能性は減ります。 障害時に最新のデータまで必要ない(昨日のデータまで残っていればいい)という方は、ハードディスクが1つのNASで結構です。

さらに、データの安全性を考えるなら、落雷や地震などに備え、バックアップ先の外付けハードディスクを定期的に交換しましょう。 そして交換したハードディスクは金庫など安全なところへ保管しましょう。 ハードディスクの中身だけ、ワンタッチで交換できる製品もあるので、こちらを使うと便利です。 詳細は、「NASのバックアップ方法」をご覧下さい。


関連ページ