会員登録

今なら抽選でプレゼント実施中!!

当サイトは、パソコン・周辺機器・ソフトの比較サイトです。価格ではなく、機能・性能面について比較しているのが特徴です。

THE比較 > NASの比較 > バッファローのNAS - iTunesサーバーの使用方法

iTunesサーバーの使用方法(バッファローのNAS)

更新日:2010年12月28日

iTunesサーバー機能とは?

バッファローのLinkstationなどのNASには、iTunesサーバーという機能がたいてい備わっています。

iTunesサーバー機能とは、音楽ファイルをNAS上へ保存しておけば、iTunesがインストールされたパソコンから再生できる機能です。

LinkStataionが対応している音楽ファイルの形式は、MP3/M4A/M4Pです。

iTunesサーバーの設定方法

iTunesサーバーの設定方法を紹介します。

といっても最近のバージョンのLinkStataionおよびiTunesは、すでに設定はできていると思います。ここでは設定されているかを確認してみましょう。

まずLinkStation側の設定です。LinkStationの設定画面で、[その他]-[メディアサーバー]にチェックが入っていることを確認します。

 

次に、iTunes側の設定を確認します。[編集]-[設定]-[共有]を開き、[共有ライブラリを探す]にチェックが入っていることを確認します。

以上で確認は終わりです。

LinkStationへ音楽ファイルをコピーする

次に、LinkStationの共有フォルダへ音楽ファイルをコピーします。

パソコン内の音楽ファイルは、フォルダを開き左ペインの[ミュージック]をクリック後、[iTunes]-[iTunes Meda]-[Music]の中にあります。フォルダごとコピーしてもいいですし、M4PなどのファイルだけコピーしてもOKです。

 

コピー先は、LinkStationの設定画面で設定したフォルダです。下図の場合[Share]となります。

 

以上で、iTunesから音楽ファイルが見えるはずです。ただし、コピーしてもすぐにはiTunesから見えません。上の設定の場合、自動更新間隔が60分となっているので、最大60分またなくてはなりません。

もし、すぐに更新したいのであれば、上の画面の[今すぐ更新する]にチェックを入れ[保存]を選択します。

iTunesから見えていることを確認

では、iTunesを起動し、LinkStatiaon上の音楽ファイルが見えていることを確認します。左ペインの[共有]-[LinkStation名]をクリックしてください。右ペインに一覧が表示されると思います。

 

iTunesサーバ機能を持つNAS:LS-VLシリーズのレビューを見る