会員登録

今なら抽選でプレゼント実施中!!

当サイトは、パソコン・周辺機器・ソフトの比較サイトです。価格ではなく、機能・性能面について比較しているのが特徴です。

THE比較 > NASの比較 > NAS上のデータのバックアップ方法

NAS上のデータのバックアップ方法

このページでは、NAS上のデータのバックアップ方法について解説します。 消えては困るデータを、NASへ保存している場合は、必ずバックアップはとりましょう。

NASのデータを、外付けハードディスクへ直接バックアップ

まず、最も簡単で安価なバックアップ方法を紹介します。 それは、NASに外付けハードディスクを直接接続して、バックアップをとる方法です。NASには、指定した時刻に外付けハードディスクへバックアップする機能があるため、この機能を利用してバックアップをします。 欠点としては、直接の落雷や火災などのとき、NASも外付けハードディスクも両方故障してしまいデータがすべて消える可能性があることです。 また、NASを購入するときは、バックアップ機能がついているか確認する必要があります。

  

外付けハードディスクのデータを、定期的に交換

落雷や火災にも安心なバックアップ方法を紹介します。それは、定期的にバックアップ先のハードディスクを交換するという方法です。 バックアップ先として接続した外付けハードディスクを、定期的に交換し、耐火金庫などへ保管しておきます。こうすることで、万が一の災害のときにも、データは消えずに残っています。

  

NASのデータを、パソコンを経由して外付けハードディスクへバックアップ

NASにバックアップ機能がない場合は、次のようにバックアップします。パソコンに外付けハードディスクなどをつけ、NASから、パソコンを経由して、外付けハードディスクへバックアップします。バックアップするときは、コピーするだけなので、NASに付属のバックアップソフトでもいいですし、フリーソフトを使ってもいいです。ただし、この方法だとパソコンが起動していないとバックアップを実行できません。 またパソコンに大きな負荷がかかるため現実的ではありません。

  

NASのデータを、NASへバックアップ

NASが故障しても、すぐに作業を再開できるバックアップ方法を紹介します。外付けハードディスクをNASへ接続すると、外付けハードディスクは、EXT3というWindowsでは読み込めないファイルシステムでフォーマットされます。この外付けハードディスクをWindowsのパソコンへ接続してもデータを読み込むことはできません。そのため、NASが故障した場合、同じNASを購入して、外付けハードディスクを接続しないとデータの復旧ができません。これでは新しいNASが届くまで作業が中断してしまいます。そこで、NASが故障しても作業を続けられるようにするには、NASからNASへバックアップするようにします。

  

以上が、NASのバックアップ方法です。


バックアップを夜間にとると、夜中にガリガリと、ハードディスクへ書き込む音がします。そのため、NASの近くで寝ている人は、眠れないときがあります。次のページでは、NASを別の部屋へ持っていく方法を紹介します。これで、NASの音のせいで眠れない人も、次の夜からは安心です。


LAN接続ハードディスクの比較
「戻る」 LAN接続ハードディスクの比較
「次へ」

スポンサードリンク