会員登録

今なら抽選でプレゼント実施中!!

当サイトは、パソコン・周辺機器・ソフトの比較サイトです。価格ではなく、機能・性能面について比較しているのが特徴です。

THE比較 > NASの比較 > NASのアクセス権の設定

NASのアクセス権の設定

前のページで、NASへはアクセスできましたが、このままだと、LANにつながっているパソコンであれば、誰でもフォルダの中身を見れてしまいます。 もし、あなた専用のフォルダを作成し、妻や子供からはアクセスできないようにしたい場合、フォルダにアクセス権を設定します。

アクセス権の設定方法は、NASによって異なりますが、ここでは、バファローの LS-VLシリーズ を例にとって解説します。

下図のように管理画面を開き、[ユーザー/グループ]-[ユーザー]から、[ユーザーの作成]ボタンをクリックしてユーザーを作成します。ここでは、家族全員のユーザを作成しておきます。名前はなんでも結構です。Windowsにログインするときと同じ名前を付けると後々便利です(ただし、アルファベットしかつけられません)。

次に、共有フォルダを作成します。ここでは、publicという名前のフォルダを作成します。[共有フォルダー]-[共有フォルダー]のページから[共有フォルダーの作成]ボタンを押して作成してください。下図のような画面が表示されるので[共有フォルダー名」にpublicと入力します。

 

作成した共有フォルダーにアクセス権もつけます。下図のように[アクセス権]にチェックを入れ、[追加]をクリックし、上で作成したユーザー:userを追加してください。権限は場合によりますがここでは[書込可能]にします。

この様に設定すれば、自分専用のフォルダにアクセスすると、ユーザ名とパスワードの入力を求められるようになります。 上で設定したユーザ名とパスワードを入力すると、はじめてフォルダにアクセスできるようになります。もし、ユーザ名とパスワードを、Windowsにログインするときのユーザ名とパスワードと同じにしてあれば、フォルダアクセス時に、ユーザ名とパスワードは求められません。

以上がアクセス権の設定方法でした。 詳細は購入したNASのマニュアルをご覧下さい。

NASを使うと、大切なファイルが1つ機器へ集中します。NASが壊れるとみんなのファイルがすべて消えてしまいます。そのため、データのバックアップは必須です。次は、NASのデータをどのようにしてバックアップするのかを紹介いたします。


LAN接続ハードディスクの比較
「戻る」 LAN接続ハードディスクの比較
「次へ」

スポンサードリンク