会員登録

今なら抽選でプレゼント実施中!!

当サイトは、パソコン・周辺機器・ソフトの比較サイトです。価格ではなく、機能・性能面について比較しているのが特徴です。

THE比較 > NASの比較 > NASのIPアドレスの設定

NASのIPアドレスの設定

IPアドレスとは?

IPアドレスとは、実世界で言うと、住所みたいなものです。手紙を届けるには住所が必要なように、ネットワーク上でパソコンとNASが通信するためにはIPアドレスを設定する必要があります。

パソコンからNASへアクセスするためには、両方の機器でIPアドレスを設定する必要があります。ここでは両方の機器のIPアドレスの設定方法を解説します。

パソコンのIPアドレスの設定方法

パソコンにIPアドレスを設定する方法は、次の2つの方法があります。

DHCPによるIPアドレスの自動割り当て

DHCPによるIPアドレスの自動割り当て方法とは、パソコン起動時にブロードバンドルータから自動でIPアドレスをもらう方法です。IPアドレスなんて意識したことがない方は、おそらくこの方法を使っています。この場合、パソコンを起動するだけで、IPアドレスが設定されます。

HDCPの説明

手動での固定IPアドレスの設定

固定IPアドレスの設定方法は、Windowsのバージョンによって異なります。Windows 7 なら、[コントロールパネル]>[ネットワークと共有センター]>[アダプターの設定の変更]を選びます。次に[ローカルエリア接続]を右クリックし、[プロパティ]を開きます。[インターネット プロトコル バージョン 4(TCP/IPv4)」を選択し[プロパティ]をクリックします。表示された画面でIPアドレスを設定します。

NASのIPアドレスの設定方法

NASにIPアドレスを設定する方法も、次の2つの方法があります。

DHCPによるIPアドレスの自動割り当て

DHCPによるIPアドレスの自動割り当て方法とは、パソコン起動時にブロードバンドルータから自動でIPアドレスをもらう方法です。製品にもよりますが、おそらく最初はDHCPからIPアドレスをもらうように設定されていると思います。そのため、NASをブロードバンドルータに接続し、NASの電源を入れれば、IPアドレスは自動で設定されます。

DHCPによるNASへのIPアドレスの割り当ての説明

手動での固定IPアドレスの設定

DHCPで割り当てられたIPアドレスは、ある一定の日時が経過すると、別のIPアドレスに変わることがあります。NASは、たくさんのパソコンやネットワーク機器からアクセスされるので、IPアドレスは変わらないほうが都合が良いです。そのため、NASは固定IPアドレスを設定するようにしましょう。

IPアドレスの設定方法は、NASによって変わってきます。詳細はNASの説明書を見てください。大雑把な手順を言うと、ブラウザからNASの管理画面へアクセスし、IPアドレスを変更します。

例として、バッファローのLS-VLシリーズのNASの設定画面を紹介します。まずブラウザを起動し、アドレス欄に「http://NASの現在のIPアドレス」を入力します。機器に添付されるNASNavigator2のアイコンを右クリックして[Web設定を開く]を選んでも結構です。Webの管理画面にログイン後、[ネットワーク]のボタンをクリックします。すると以下の画面が表示されます。ここでIPアドレスを設定することができます。

NASのIPアドレスの設定

以上が、パソコンとNASのIPアドレスの設定方法です。この2つの機器にIPアドレスを設定できたので、次はパソコンから、NASへのアクセス方法を紹介します。


LAN接続ハードディスクの比較
「戻る」 LAN接続ハードディスクの比較
「次へ」

スポンサードリンク