会員登録

今なら抽選でプレゼント実施中!!

当サイトは、パソコン・周辺機器・ソフトの比較サイトです。価格ではなく、機能・性能面について比較しているのが特徴です。

the比較 > 外付けハードディスクの比較 > 何ができるの?

外付けハードディスクで何ができるの?

外付けハードディスクを使うとどんなメリットがあるの?

パソコンのデータをバックアップできる

外付けハードディスクの一番の活用法は、パソコンのデータのバックアップ先として使うことだと、私は考えます。

外付けハードディスク以外のバックアップ先としては、USBメモリ、MO、CD-R/W、DVD-R/W、テープ装置などあります。 バックアップ容量が少ない場合は、USBメモリでもいいかもしれません。 一度だけ書き込めればよいのなら、DVD-RやCD-Rdも良いかもしれません。 しかし、日々、大量のデータをバックアップするとなると、何度でも書き込めて、高速・大容量の媒体が良く、この条件に最も近いのが、外付けハードディスクが有利です(下記表を参照)。

確かに、ハードディスクは故障しやすい製品です。 しかし、パソコン内のハードディスクと、外付けハードディスクの両方が同時に故障することは滅多にありません。 それに、RAIDを構成したり、カートリッジ式ハードディスクを使って定期的に交換すれば、かなりデータの損失を防ぐことができます。


バックアップ先の比較 (何度でも書き込める媒体のみ)
外付け
ハードディスク
USBメモリ シリコンディスク MO DVD-RW ブルーレイ
-RW
テープ
容量※1 ◎約500GB 約8GB 約64GB 約1.3GB 約4.7GB 約50GB 約200GB
書込速度※2 約25MB/s 約15MB/s 約15MB/s 約5MB/s 約10MB/s 約10MB/s 約15MB/s
本体価格 約25,000円 約10,000円 約70,000円 約20,000円 約13,000円 約70,000円 約300,000円
容量単価(1GB当たりの価格) 50円 1,250円 1,094円 15,384円 2,766円 1,400円 15,000円
メディア 不要 不要 不要 必要 必要 必要 必要
故障
コメント 高速な書込。容量単価も安い 容量単価が高い 高い 容量が少なく、容量単価が高い 容量が少ない RWのメディアは1枚2,000円と高い 家庭には高すぎる
備考
※2008/1/6調査

※1 容量は、現在発売されている製品の最大容量ではなく、現在一般的に良く使われている容量を記入しています
※2 上記の値は、現在、最も一般的に普及していると思われる製品の容量、価格等を掲載しています。
書込速度は、私の経験やメーカーカタログの実測値を考慮して書いています。環境によっては大きく変わりますので、ご了承下さい。

250GBの外付けハードディスクでよければ、1万円以下で販売されています。 バックアップをとっていない人は是非、外付けハードディスクを購入して、バックアップをとることをおすすめします。

大切なデータのバックアップは、セキュリティ対策と同等、またはそれ以上に大切なことです。 思い出の画像や動画、苦労して作成したファイルが消えないように、是非、バックアップはとっておいてください。

尚、バックアップ用途におすすめの外付けハードディスクは、下記リンク先をご覧下さい。



ハードディスク容量を手軽に増やせる

画像や動画をパソコンに保存していると、ディスク容量がすぐなくなります。外付けハードディスクはUSBポート等に挿すだけで使えるので、手軽に簡単にハードディスクを増設できます。

ただし、データ保管用に外付けハードディスクを使用する場合でも、バックアップは別途とるようにしてください。 もう1台外付けハードディスクを購入するなどして、バックアップは別途とってください。

2台も外付けハードディスクを購入するのがうっとおしい場合、良いものがあります。 それはディスクを2本接続できる外付けハードディスクを購入する方法です。 これならば、1台のハードディスクにデータを書き込むようにして、もう1台のはーディスクへバックアップすることができます。 詳細は、下記リンクをご覧下さい。