会員登録

今なら抽選でプレゼント実施中!!

当サイトは、パソコン・周辺機器・ソフトの比較サイトです。価格ではなく、機能・性能面について比較しているのが特徴です。

the比較 > 外付けハードディスクの比較 > 外付けハードディスクの接続方法(eSATA接続)

外付けハードディスクの接続方法(eSATA接続)

eSATAはこう接続する!
eSATAで、内蔵ハードディスクと同等の速度を!

ここでは、eSATA対応外付けハードディスクを、パソコン等へ接続する方法を解説します。

接続するパソコン等のハードディスクのインターフェースによって、接続方法が異なります。 ここでは、以下の接続方法について解説いたいます。

パソコンのハードディスクがSATAの場合の接続方法

パソコンのハードディスクがSATAの場合は、以下の接続図のように、eSATA対応外付けハードディスクを接続します。 まず外付けハードディスクに付属されているeSATAブラケットを、マザーボード上の内蔵SATAコネクタに接続します。 次に外付けハードディスクを、SATAケーブルで、eSATAブラケットに接続します。 SATAケーブルも、大抵は外付けハードディスクに付属しています。 eSATA対応外付けハードディスクを実際に接続したイメージを、「HDC-UX250の設定」に掲載していますので、参考にして下さい。

  図:ハードディスクがSATAのデスクトップパソコンへ外付けハードディスクを接続する方法

パソコンのハードディスクがIDEの場合の接続方法

パソコンが、IDEのハードディスクの場合、マザーボードに内蔵SATAコネクタがないと思うので、増設用のeSATAインターフェースボードを購入し、下図のようにパソコンのPCIスロットに取り付けます。 そして、この増設用eSATAインターフェースボードに、外付けハードディスクを接続します。

  図:ハードディスクがIDEのデスクトップパソコンへ外付けハードディスクを接続する方法

増設用eSATAインターフェースボードは、下のような商品がお勧めです。

増設用eSATAインターフェース
IFC-PCIE2ES

おすすめ購入先: Yahooショッピング


増設用eSATAインターフェース
IFC-PCI2ES

おすすめ購入先: Yahooショッピング


ノートパソコンへの接続方法

ノートパソコンの場合は、増設用のeSATAインターフェースを購入し、下図のように外付けハードディスクを接続します。

  図:ノートパソコンへ外付けハードディスクを接続する方法

増設用eSATAインターフェースカードは、下のような商品がお勧めです。

増設用eSATAインターフェース
IFC-CB2ES

おすすめ購入先: Yahooショッピング



eSATA対応LAN接続型ハードディスクへの接続方法

eSATAのインターフェースを持つLAN接続型ハードディスクに、eSATA対応外付けハードディスクを接続するときは、下図のようにします。 このような接続は、LAN接続型ハードディスク内のデータをバックアップする場合に有効です。 ただし、LAN接続型ハードディスクと外付けハードディスクのメーカーが異なると、LAN接続型ハードディスクが外付けハードディスクを認識しない場合がありますので、同じメーカーの製品を購入したほうが無難です。

  図:LAN接続型ハードディスクへ外付けハードディスクを接続する方法

LAN接続型ハードディスクの詳細については、「LAN接続型ハードディスク」をご覧下さい。


スポンサードリンク