会員登録

今なら抽選でプレゼント実施中!!

当サイトは、パソコン・周辺機器・ソフトの比較サイトです。価格ではなく、機能・性能面について比較しているのが特徴です。

the比較 > 液晶ディスプレイの比較 > DELL U2713H

DELL U2713H の実機レビュー

更新日:2013年2月25日

色の再現性に優れた2560 x 1440ドット液晶

DELL U2713Hは作業領域が広いWQHD(2560 x 1440ドット)の27型ワイド液晶ディスプレイです。

最新世代のAH-IPSノングレアパネルと、デル独自のPremierColorテクノロジーにより、AdobeRGBのカバー率は99%。色の再現性にとても優れています。工場出荷時点で色補正が行われています。

入力系統も幅広く、PinP機能やPBP機能も搭載。ディスプレイスタンドには昇降機能や、スイーベル機能、画面を縦型表示にできるピボット機能にも対応しています。

メーカーサイト:U2713H 27インチモニタ

※レビュー機はメーカーからの貸出機です

基本スペックのチェック

基本スペックのチェックです。解像度はWQHDの2560 x 1440ドット。パネルには最新世代のAH-IPSノングレアパネルを採用。入力系統もDVI-D、HDMI、DisplayPortと幅広く対応してます。また液晶ディスプレイには珍しく、側面にSDカードリーダーを搭載。スタンドも昇降機能、スィーベル機能、ピボット機能まで対応し、応答速度も6msと十分な速度です。全体的にかなりハイスペックですが、その分消費電力は標準でも60Wとかなり高めとなってます。

基本スペック
製品名 DELL U2713H
サイズ 27インチワイド
解像度 2560 x 1440
表面処理 非光沢
パネル方式 AH-IPS
バックライト LED
応答速度 6ms(GTG)
コントラスト比 1,000:1(標準)
ダイナミックコントラスト比: 200万:1(最大)
入力端子 HDCP対応デュアルリンクDVI-DLコネクタ x 1
DisplayPort1.2 x 1
Mini DisplayPort1.2 x 1
HDMI x 1
USB 3.0アップストリームポート x 1
USB 3.0ダウンストリームポート x 4
DisplayPort出力 x 1
音声出力 x 1
SDカードリーダー×1
デル製サウンドバー用DC電源コネクタ(AX510)
スピーカー なし
位置調節 チルト機能
スィーベル機能
昇降機能
ピボット機能
消費電力 標準 60 W
最大 130 W
輝度 350 cd/m2(標準)
50 cd/m2(最小)
重量 約6.30kg
付属ケーブル 電源ケーブル
DVIデュアルリンクケーブル
DisplayPortケーブル(Mini DP-DP)
USB 3.0アップストリームケーブル

DELL U2713Hの主な特徴

PremierColorテクノロジーによって再現される優れた色域


AdobeRGBのカバー率99%の色域

本製品は、出荷時点にAdobeRGBモードとsRGBモードによる色補正の調整が行われており、忠実な色彩の再現性を実現しています。

AdobeRGBのカバー率は、99%という色域の広さです。

ドット抜けが1点でもあれば、無償で代替品に交換することも可能です。

また、Xriteのi1Display Proを接続し、Dell UltraSharp Color Calibration Solutionというソフトを使用すれば、キャリブレーションを実行することも可能です。ちなみに筆者はi1 BASIC PROを所持しているので、Dell UltraSharp Color Calibration Solutionでキャリブレーションできるか確認しましたがダメでした。i1Display Proでなければならないようです。

WQHD(2560 x 1440)の解像度

本機はWQHD画質、2560 x 1440ドットという広範囲の解像度により、作業スペースがフルHDの1920×1080ドットと比べると非常に広いです(下図参照)。2つのブラウザを表示しやすく、複数のウィンドウを広げても、まだ作業スペースは残ります。


2560 x 1440ドットの画面領域
緑枠は1920×1080ドット



2つのブラウザを並べて表示しやすく、作業がとても快適

PinP機能やPBP機能にも対応

また本機には2つの入力を親子画面で表示できるPinP(ピクチャー・イン・ピクチャー)機能と、2つの入力画面を並べて表示することができるPBPモード(Picture by Picture)が搭載されています。下の写真はDVI端子とDisplayPortの2つの入力画面をPinP機能で表示させたもの。PBPモードは2つの入力をそのまま並べて表示させるだけですが、PinP機能は小画面のサイズの切り替え(大/小の2種類)、画面位置の切り替え(液晶端四角)が可能です。


PinP機能は2つの入力を表示できる

画質のチェック

ガンマ補正曲線のチェック

本機は、sRGBモードとAdobe RGBモードの2つのプリセットモードにおいて、工場出荷時に色補正がとられています。この2つのモードに関してガンマ補正曲線を確認してみましたが、どの色もずれなく直線的でした。


ガンマ補正曲線
※ i1 BASIC PROで計測。目標値は輝度:120、白色点:CIEイルミナントD65、ガンマ値:2.2

色域のチェック

続いて2つのモードに対して色域を確認します。どちらのモードも、sRGBまたはAdobe RGBの色空間とほぼ同一です。


ガモット図
※ i1 BASIC PROでICCプロファイルを作成後、MacのColorSyncユーティリティでグラフを作成

画素のチェック

画面をマイクロスコープで拡大した図です。画素を見ると開口率が高く、ノングレア処理面を見ると滑らかです。粒状感が少なくギラつきもなく見やすい液晶パネルです。


画素の拡大図 ※マイクロスコープ(FS-SST240 )で撮影

視野角のチェック

視野角も広いです。


正面から見た場合

下から見た場合

横から見た場合

残像感と動画のチェック

残像感のチェック


応答速度は実測で7ms

「液晶応答速度&低解像度チェック」というソフトを使って残像感のチェックを行いました。

なお、メーカー発表値の応答速度は、標準で6msとなっています。

実際に筆者が計測した結果では7msとなりました。あくまでも目視での計測なので個人差はありますが、27インチの液晶と、IPSパネルを考慮すると、速いほうだと思います。

動画のチェック


「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破 」 を視聴

動画のチェックでは「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破 」 を再生しました。普段使用している他社のIPSパネルとくらべても、本製品の色の鮮明さは素晴らしいです。

また最大200万:1までコントラスト比を向上させるスマートビデオエンハンス機能により、メリハリのある映像で綺麗でした。残像もあまり気になりません。

ゲームの快適度をチェック

FPSをプレイ


PC版「ファークライ3」をプレイ

実際に2560×1440ドットの解像度でPC版「ファークライ3」をプレイしてみました。あまりゲーム向きではない本製品ですが、残像や入力遅延はさほど気にならず、十分プレイできました。また映像が綺麗なのでゲームの世界観につい没頭してしまいます。

OSDコントロール及び操作性のチェック


OSDボタンはライト式タッチセンサー

本機のOSDボタンはライト式のタッチセンサーなっており、往来のタッチセンサーに比べて、レスポンスが速く、操作性は良いです。普段は消灯しており、手を近づけるとふわっと光るので、暗い場所でも操作しやすいです。ただし、指を触れても反応しないときはたまにあります。

OSDメニューも大きくてとても見やすいです。プリセットモードには標準、マルチメディア、ムービー、ゲーム、用紙、色温度、色空間、ユーザーカラーと幅広く用意されています。

色空間ではsRGBモード、Adobe RGBモードが選択でき、ユーザーカラーからはCMYK彩度、CMYK色相、ゲイン補正、RGBオフセット補正などの細かな調整が可能です。

消費電力のチェック

消費電力は高い


輝度最小時           輝度最大時 

輝度中間時

実際にワットチェッカーで輝度ごとに消費電力を計測してみました。本機の輝度は0~100まで一段階ずつ細かな調整が可能です。

測定結果は右の写真の通り、輝度最小時では約25.0W、輝度中間時では約54.0W、輝度最大時で約63.6Wとかなり高めの消費電力です。往来の省電力モデルの液晶と比較するとおよそ2倍ほど。スペック的に考えると仕方がないのかもしれません。

また、輝度を約120cd/m2に調整したときの消費電力は、約32Wでした。

外観のチェック

外観はデルらしいシンプルでモダンなデザインです。ボディは光沢箇所は一切ないので、指紋の汚れは気になりません。またスタンドがとてもしっかりしているので、ディスプレイの揺れがなく、とても安定しています。


全体の写真


正面の写真


ピボット時の写真


背面の写真


側面の写真


チルト、昇降機能


スィーベル機能


スタンドの写真。


台座部分の写真


スタンド取り付け時。ネジいらずで取り付け取り外しはとても簡単です。


スタンド背面にはケーブルをまとめる穴があります。


側面にはUSB 3.0ダウンストリームポートが2つと、SDカードリーダー。


入出力部分の写真


電源ケーブルは3又

まとめ

以上がDELL U2713Hのレビューです。

解像度2560 x 1440ドット、AdobeRGBカバー率99%の高色域、工場出荷時に色補正済みの高い色再現性でありながら、価格が約7万円という点が魅力です。AH-IPSパネルを搭載しギラつきも感じず見やすい画面です。

入力系統が豊富で、PinPやPBP、細かな画質調整の機能も揃っており、全体的にかなりハイスペックです。

プロ用の液晶ディスプレイまでは必要ないけど、大画面・高解像度・見やすい液晶で、安価なものをお探しなら、ベストな製品だと思います。なお、プリセットモード「標準」だと色補正されておらずきつい色になっているので、Adobe RGBモードなどで使用すると良いと思います。

詳細はこちら
安心のメーカー直販サイト:U2713H 27インチモニタ